softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    いまさらBD-ONEderful

    東京で手に入れたBD-1。
    現状の生活状況が安定していないこともあり、がっつりロングライドとかは行けてないですけど、ぼちぼち乗ってます。

    1708061936.jpg 
    譲っていただいたBD-1。
    サドルはセラサンマルコに、そしてサスペンションのスプリングもハードに換装されている。
    ペダルは三ヶ島のEZYプロムナードに交換されていて、EZY版のMM-cube(ビンディングペダル)もおまけにつけてくれた。
    乗り換えた車両がブロンプトンなので、まぁビンディングは使わないよな。

    しかしだ。
    MM-cube、これは本当にありがたい。
    ロードでずっと使っていて、でももう製造中止になっててこれが駄目になったらどうしようかって思ってたんだけど、これでしばらくはこのまま行ける。
    三ヶ島のペダル、メンテしてれば10年とか普通に使えるので、もうこれが最後のビンディングになるかもな。
    ペダルよりクリートの方が先にへたりそうだけど・・・
    いや、しかしありがたい。
    感謝。

    1708054450.jpg 

    リアキャリア、かなりしっかりした造りで実用性はかなり高そうなんだが、ちょっと好みと合わないのでどうしようかなぁと思っていたんだけど、ニトリで別の用途で買ったバスケットがなんか不思議とマッチしてしまったので、これはこれでいいかと。

    BD-1、やっぱりよくできてます。
    小径っぽいふらつきは全然なくて、乗った感じはクロスバイクっぽい。
    この感じ、超主観だけど、あれだ、タルタルーガのご先祖様みたいな印象。
    ひょっとすると、両方の車両に関わっているパシフィック社の味なのかもしれないけど・・・

    折り畳み機構も、まードイツ人の好きそうな「合理的なら多少めんどくさくても良い」感(笑)。
    比べちゃいけないのだけど、ブロンプトンはやっぱりすごいね。
    ちょっと脇道に逸れますが、最近のブロンプトンって地味にブレーキがすごく良くないですか?
    BD-1譲ってくれた方が買ったブロンプトンにちょっと乗らせていただいたのだけど、あれはいいブレーキだ。

    話を戻して、でもこの走行性能と折り畳み性能とデザインを20世紀中に両立させていたんだから、BD-1もすごいなぁと思う。

    1708054917.jpg 

    ま、ロードみたいに長距離走ったり峠行ったりはしないだろうけど、生活の相棒として楽しく付き合っていけそうです。


    それにしても、東京って暑い。
    3年離れていた間に自分も暑さに弱くなっているのかもしれないけどさ、週末に30キロくらい走っただけでちょっと熱中症の前触れみたいな感じになってあーやばいやばいってなったくらい。

    1708062228.jpg 
    新丸子、竹沢の豚バラ串。
    札幌に転勤する前、散歩がてらよく買いに行った。
    相変わらずの大ぶり肉。懐かしく、美味しかった。

    なんかここ数年、自分の自転車趣味はどんどんスポーツ志向になっていって、だんだんお散歩・散策的な楽しみが無くなっていった。
    それはそれで良かったんだけどさ。今、東京に帰ってきて、また自転車との距離感がちょっと変わってきた。
    今、生活状況的にそうそうがっつり自転車には乗れないという状況もあったり、その一方でスポーツ的な部分は結構ランの方で満たされていたりするので、そんなこんなのおかげで自転車の見え方がちょっと変わってきたのかもしれない。

    そんなに遠くに行かなくても、楽しいんだよな。

    ロードでロングライドも行きたいけどな。
    BD-1でもKHSでも好いから輪行旅も行きたいけどな。
    まぁ、今の状況で今楽しめることを、楽しむんだ。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/968-ee8635ba
    該当の記事は見つかりませんでした。