softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    やすむことを サボってはいけない

    毎年、この季節になると業界の親睦駅伝大会みたいなのがあるんです。

    数年前に札幌に転勤して、このイベントに半ば強制的な動員。
    これがきっかけになって、人生でほぼ初めてとなるランへの取り組みが始まりました。

    子供の頃から、走ること、特に長距離走は死ぬほど嫌い。
    大人になって自転車とか始めるようになり、身体がスポーツに多少なじむようになっても、走るのだけはずっと避けてきた。
    だんだん中年に差しかかって来ると、周りのおっさんたちの中にも走り始める人たちが増えてくるのだけれど、いやなんかそういう流れに断固逆らうかのようにランは避けてきた。

    だってさ、ランやってる人ってまぁよく故障するじゃないですか。
    なんでそんな怪我ばっかりするのに走るのさ。
    でもって怪我したら自転車乗れなくなるじゃないですか。私の本業(?)は自転車ゆえ、そっちに差し支えありそうなアクティビティとはちょっと距離を置かせていただきたい所存なわけです。

    とはいえ、数年前に初めてこの駅伝大会に動員させられ、まぁそこでの記録がなかなか残念な結果となってしまったのがよっぽど悔しかったんだなー。
    そこから、ジムでのトレッドミルを中心としたランニング生活が始まった。
    ジムだと会社帰りに寄れるし、生活に負担のかからないやり方でやっていかないと続かないし。

    最初は5キロ走ってあー疲れた、満足満足って感じだったのが、だんだん、少しずつ走れる距離もタイムも向上していく。
    40半ばのおっさんにとって、自分の能力や成果が日々向上していくなんて事はそうそうあるわけも無く、そこになんか癒しのようなものを見出していたんだろうな。

    気がついたら月間走行キロ数はコンスタントに100キロを越えるようになっていた。
    まぁいわゆるランナーという人々の基準からすると初級者レベルの練習量なんだけど、数年前の自分からすると想像もつかない姿だ。


    そして、ご多分にもれず、アキレス腱炎や腰痛に悩まされることになった。
    これはフォームが悪かったり、あと走り続けていると筋肉より心肺機能の方が先にレベルアップしてしまうようで、心肺的にもっと飛ばせそうだーって調子に乗ってしまうと筋肉や腱が悲鳴を上げ始めることになる。

    この、身体のアンバランス状態を上手くマネージメントすることが大事なんだってことに気付くのに、随分時間が必要だった。
    今年、みやすのんき本と出会ってフォームを見直したら、アキレス腱の痛みはウソのようになくなった。

    そして今年の駅伝大会も近づき、目標タイムを達成すべく、ランの強度も徐々に上げていった・・・ところで、ある日突然、走っている最中に左足、腿の裏側にぴきーんって激痛。

    診断、ハムストリングスの肉離れ。
    6週間、ラン禁止ね。
    見えないから実感湧かないと思うけど、まだ断裂した筋繊維のとこ、内出血続いてるからね。
    つーか、痛み止め処方しなくて大丈夫?(いやそれほど痛くないんですけど・・・)
    テーピングさぼらないでね。

    1週間後。
    心肺機能下げたくないでしょ?自転車ならOK。
    ん?自転車もハムスト使う?あぁ、引き脚禁止ね。OK?
    え?トレッドミルでスピード上げなければ良いかって?駄目。負荷上げ過ぎる人が肉離れやっちゃうんだよ。絶対にやっちゃうから駄目。
    振り出しに戻りたいのかい?

    先生、判りました。
    厳密に言うと、引き足使わなくても「引き手」によってハムストは発動するんですけど・・・そういう話、ここでは要らないですね。サイクリスト目線に合わせて話していただけたので、素直に従おうと思います。


    負荷のバランスに気を配ること。
    そしてなにより、筋肉は負荷をかけた後に休ませないと、傷つくだけで強くならない。

    だから、そうだ。「休む」ことを「サボった」ことが、ダメージをどんどん蓄積させて故障という結果になったんだ。
    今年の駅伝は無念のDNS(Do Not Start)。

    ほんと、無念。いや色々な事情が込められているんですよ、この無念って気持ちには。
    でも、これは自業自得。
    今は治すしかない。

    教訓。
    やすむことを、サボってはいけない。
    そんなことに気付かされながら、今月で45歳になりました。
    人生はまだまだ試される上り坂続きだ。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/962-7298c774
    該当の記事は見つかりませんでした。