softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    Carlton-R再生計画 その4(泥除けは正義)



    うっかりしてたらもう6月ですか。
    なんか週末の度に雨なんですよね、最近。

    そして、フルサイズの泥除けと32HのしっかりしたARAYAホイールを装着した我が通勤快速Raleigh号は至極快調。
    なんかね、雨など気にせずフラットペダルで気軽に運用できるロードレーサーって、ほんと快適。
    荷物を運ぶ必要がなく、ただ普通の道路を移動するためだけの用途と割り切れば、やっぱりロードレーサーにかなうものは無いなーと。

    泥除けつけたり、ホイールを元々ついていたやつに取り替えたり、パーツをティアグラに換えたりした影響で、重量は10キロちょっとに増えたけど、別にこの車両でヒルクライムとかしないので全く問題は無い。いや坂道がつらいかというと、多分あんまりそんなことも無いだろう。たぶん。
    まぁ軽さとか、そういう準現代的な性能はClub2000で味わえればよいのだ・・・本当に味わえるのかどうかはよく判らないけど。
    日頃こいつで日常を走り回り、休みの日に非日常へ走り出した途端に「あぁ、やっぱり違うわ」ってちょっと感動したいじゃないですか。なので、このRaleigh号はロードレーサーの運動性能を余り損なわない範囲で、特に重くなっても気にしないのです。
    ちなみに、今回導入した泥除けはSKS社のSKS Raceblade Long 2 マッドガードセットってやつ。
    これ、取り付けも簡単だったし、泥除けを後から取り外せる。これは清掃するときに便利。





    そうそう、だいたいね、Club2000が納車されてから雨やら仕事やら運動会やらで、全然乗れてないんですよ。
    1706035323.jpg 

    そんなこといいながら、結局ここんところはこのRaleigh号の出番ばかり。
    実は自分が本当に欲しかったのは、こういう自転車だったんじゃないだろうか・・・気軽に乗れて、まぁ軽量化よりは丈夫さに重きを置いていて、ロード的な走る気持ちよさも失わない。
    いや、ほんとにこればっかり乗ってるんだわ。こいつでロングとか峠とかは行ってないし行く気もあんまりないんだけど、とにかく使い出が良くて乗ってて気持ちいい。

    いやいや、そんなこといい始めると、新車両のClub2000の立つ瀬が無いじゃないか。
    いやちょっと待て、まぁ今月は色々あるし(いやほんとアレがナニして大変なんです・・・)、なかなか時間は取れないけれどもさ、ちゃんとClub2000にも乗り込みますよ。


    そう、Club2000が納車されたあたりから、まぁいろんなことが起こったんですよ。
    やっぱり生きてるといろんなことあるなー。
    ま、別に窮地に立たされているわけでもないし、一つ一つ、着実にこなしていくしか道は無いんだが・・・



    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/961-30008d1e
    該当の記事は見つかりませんでした。