softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    走り初め/走り納め

     週の後半に3月としては記録的な降雪があったものの、どんどん雪解けは進む今日この頃。

    17032620.jpg

    ローラー台の上からCarlton-Rを下ろして、注油をしてタイヤに空気を入れて、ちょっとだけ走り初め。
    あぁやっぱりアスファルトの上を走るのは気持ちよい。
    天気もよく、藻岩山麓通の坂道を走っているだけで汗が吹き出てきた。
    でも長めの下り坂では吹きつけてくる風がめちゃめちゃ冷たく、いやいやまだまだ冬は去っていないのだなと実感。

    17032611.jpg 
    わかってはいたのだけど。
    冬の間ローラー台はぼちぼち回してたし、FATにもちょこちょこと乗っていたはずなのに。
    ロードレーサーを実走させるのとは全然体の使い方が違う。

    やっぱりなまってるなぁ、身体。
    ジムで走ったりしているおかげも合って心肺機能はまぁまぁ大丈夫なんだけど、ペダリングする筋肉がいきなり冬眠からたたき起こされて、びっくりしている感じ。
    身体が馴染むまで、また少々かかるんだろうな。
    まぁ慌てず急がずに行こう。ただでさえ今、生活がめまぐるしいのだから。

    それにしても、やっぱりこの車両は「ロードレーサー」なんだなと感じる。
    スチールのしなり?そんなもん知るか。こっちの仕事は人間側のパワーを推進力に変えること・・・乗り心地なんざ100キロ走って身体ぼろぼろになってきたら判るよ的な無骨さが持ち味なんだな。
    この車両、もはや現在のレースで戦えるスペックではないし、乗り手(私)もレーサーではない。
    でも、ちょっと回しただけで不思議とアドレナリンが溢れて心拍数が上がってくる。決して自転車が重くてペダル漕ぐのにひーひー言ってそうなる訳ではなくて。

    初めてのロードがこの車両で、本当に良かったと思う。
    他の選択肢を選んでいたらどうだったのかは判らないけれど、この選択に何も不満は無い。

    17032646.jpg 

    そうなんですけどね。
    色々ありまして、スチールのロードレーサーを増車することになったのです。
    新しい車両にはこいつ、Carlton-Rのパーツを移植。
    そしてこのCarlton-Rは今のところ、ティアグラクラスのパーツで組みなおしてホイールも元々付いてきたARAYAのAR-713に戻して、ドロヨケをつけて通勤快走スポルティフ的車両に生まれ変わってもらう予定。
    通勤やら普段遣い用なので、丈夫さ&雨対策が重要なのです。

    そんなわけで、今日が現行Carlton-Rの走り納め(多分)。
    これまで、本当にありがとう。
    そして今後とも、よろしく。


    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/950-92b7b511
    該当の記事は見つかりませんでした。