softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    忙しすぎてさ

    忙しい。ほんとに忙しい。

    いやほんと大変なんですよ、年明けから。

    山場を越えたと思ったらまた次の山場。

    1-zwift1.jpg 

    なんかちがう。
    まぁいいか。

    仕事が佳境を迎え、もうほんといろんな嵐に翻弄される日々。
    ほんと、この嵐、いつか晴れるのだろうか。
    1-zwift2.jpg 
    Peterson、悪いが先に行かせてもらうよ。
    はるか向こうのトレインに追いつかなきゃならないんだ。


    ・・・いや違うんですよ。
    ZWIFTばっかりやっているわけじゃないんですよ。
    平日夜は時間あればジムで走るので、せいぜいZWIFTは週末にやるのが精一杯。

    でもね、ZWIFT、ほんとに面白いわ。
    タイムトライアルとかヒルクライムのタイム計測とか、ついつい(中年のオッサンにとっては)命削っちゃうような高負荷を求めるシクミがあちこちに仕込まれているんですけどね、それに乗るもよし、乗らぬもよし。
    意外とたらたら走っているライダーも多いしね。

    でもね、だいたいいつも、ヒルクライムコースに行くとさ、自分の走力よりちょっと(ゲーム上では)上のライダーがゆっくり抜かして行ったりするわけですよ。
    多分実走してみれば、絶対に1号なんて記憶にも残らないくらいぶち抜かれて、それきり二度と会うこと無いくらいの走力の人たちなんだと、思う。
    でもそういう人たちに喰らい付いていって、暫し後ろに付くと皆さんが「風除け」になって暫し楽がさせてもらえる。
    さて、息が整ったらこちらが風除けになる番だ。
    トルクをかけて先頭に立ち、みんなを曳く。
    みんな、暫しの風除けを味わい、体力が回復。再び先頭ローテーションに復帰。

    こうやってさ、見ず知らずの数名が、自転車走らせるテンポがちょっと近しいからって理由だけで、ひとつの熱い集団になる。
    この仲間が、ゴール直前まではそれなりのチームワークをしっかり発揮するのよ。

    そしてゴール手前の数100m、団体戦の趣を湛え続けていた集団はバラバラにばらけ、その混沌を突破する。
    あの峠を、乗り越える一番手は、おれだ。
    いやそれは言い過ぎだ。表示を見てると自分の予想到着タイムより何分も早くにゴールしてるライダーがゴロゴロいる。

    ここからは完全に個人の戦いだ。
    残り500m、やりきろう…


    ってな感じで、あくまでゲーム的にレース的な雰囲気が楽しめるのは良いなあ。
    本格的にレース的に遊ぶなら、パワーメーター導入してある程度正確な負荷データを取らないといけないんだけど(トレーナーの機種から負荷を予測する方式だと実際より豪脚気味になる)、まぁそこまでしなくても良いかと。


    という事で、ほんとにバタバタしてて忙しいって話を書こうと思ったのにいつの間にかZWIFT面白いって話になってしまった。


    2月はほんとに大変なことになりそうです。
    どうなることやら。






    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag : ZWIFT
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/947-60fdcbe8
    該当の記事は見つかりませんでした。