softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    空知へ その1

    久々に、自転車小旅行に行ってきました。
    目的地は、滝川。
    できれば、上砂川方面に寄り道をしていきたい。

    前日の天気予報では、一日目は夕方に一雨来そうな雲行き。日中もにわか雨の可能性ありということで、まぁ行程は天気しだいか。
    ただ二日目は滝川で開催される自転車イベントがあるので、とにかく滝川入りはしなきゃならない。

    ま、雨の中進むか、輪行するか、臨機応変にいこう。


    一日目、朝の札幌は前日の予報がウソのような好天。
    とりあえず豊平川CRを東雁来まで。

    そこから国道275号線、12号線とつなぎ、あとはひたすら国道12号線を北上、北上。
    12号線って、面白みは無いんだろうなー、日本一の直線道路とかも別にどーでもいいしなーなんて思いながら走り始めたのですが、これが個人的には思いのほか趣深かった。

    いやね、完全に個人的な話なんですけどね。
    昔、子供の頃、母方の実家がある上砂川まで何度かJR(当時は国鉄)に乗っていったんです。札幌から砂川までは函館本線か。砂川からは上砂川線に乗って。
    もちろん、特急などには乗らず、各駅停車の普通列車で。

    その後、色々事情があって少々頻繁に通うようになってからは運賃の安い高速バスを使うようになり、その後成人してからは車で行くようになった。ちょうどそのタイミングで親父も仕事の都合上ペーパードライバーを卒業してマイカーを所有するようになったので、ますますJRを使うことは無くなった。子供心ながら鉄道の旅情に愛着があったので、それは少々残念なことではあったのだけど、まぁ仕方ないこと。
    あと一度、たまたま往路で大きな地震に見舞われて結構長い時間、車内で足止めを食ってしまったのも親にとってはあまり選択肢として選びたくない経験になってしまったのかもしれない。

    そんな失われてしまった愛着からか、特に岩見沢以降の駅名、峰延、光珠内、美唄、茶志内、奈井江、豊沼、そして砂川に至るこれらの名前を見ると、楽しかった里帰り、いや自分の里じゃないんだけど、おじいちゃんの田舎へ向かうわくわく感みたいなものが少しよみがえる。

    国道12号線を車じゃなく自分の力で走り、併走している函館本線の駅名となっている地名が次々に現れると、そんな郷愁が胸に迫ってくる・・・

    みたいなちょっとイイ話はちょっと置いといて。
    美唄に差し掛かるとですね、まぁ不思議な地名、不思議なバス停が登場するのです。




    おもわずツイートしてしまった。
    その後、リプライいただいた方から「癸巳町」とかいて「きしちょう」と読むこと、よくわからんけど癸巳って干支だから入植した年とかにかんけいあるじゃねーの?みたいな話を聞き、後で調べてみたら本当にこのあたりは明治26年=癸巳の年に開発が始まったらしい。
    なるほど。勉強になりました。

    で、不思議なのはこれだけじゃない。
    バス停に24年兵、25年兵というやつが出てくるんですよ。

    なんだこれ。
    ひょっとして屯田兵の入植した年を示してるのか?でも地名ではなくてバス停にだけ使われているっぽいし・・・なんて思ってたら、次に登場したバス停が、

    6年兵

    はぁ?
    いくらなんでも明治6年入植は無いよなぁ・・・ということで、この謎は帰宅後ググってもグーってもヤフっても判らずじまい。
    謎だ・・・


    何の話だ。
    地名探検じゃなくて、自転車小旅行の話だろう、今回は。

    いやいやさにあらず、今回はあくまで「旅行」なのですよ。だから旅先で見つけたものなんかにフォーカスするのは至極当然。
    別に何キロ走ったとか獲得標高なんぼとか、そういう話の方がメインなんです。
    文句あっか。

    まぁそんな感じで今回のブログをまとめていこうかなぁと考えながら、追い風にも助けられ、昼食休憩の地と予定していた奈井江の道の駅にも結構早めに到着。

    1609241234.jpg 

    ここはおにぎりが目玉商品らしい。鮭と筋子が入った「おやこ」300円也と米粉ザンギをいただく。
    一人で長距離走るときって、あんまりがっつりご飯食べたい気持ちにならないんだよな、いつも(その代わり携帯食をちょっとずつ摂取するけど)。
    結構美味しかった。

    1609241258.jpg 

    明らかにサドルバッグ、荷物積みすぎだな。
    ここは次回に向けて工夫の余地ありだ。

    さてここまで来てみて、天気はどうやら問題なさそうだ。
    天気やばそうなら、このまま真っ直ぐに滝川へ向かおうと思ったのだけれども、どうやらここからちょっと寄り道できそうだ。

    ということで「日本一の直線道路」がまだ続く国道12号線を一度離れ、奈井江から上砂川方面に向かう道道114号線へ。

    1609241248.jpg 

    ここから300mくらいの上り。
    この道、今まで車でしか通ったこと無いんだよなー。


    つづく

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    通りすがりの親族 says...""
    すっごく気になって「6年兵」検索しまくったんだけど…しまいには「美唄兵村配置図」まで出て来る始末。
    これ、もしかしたら「26年」が正しいのかもね…ちなみに復元された美唄屯田兵村の家屋に住んでた方は明治26年入植。
    2016.09.28 21:49 | URL | #- [edit]
    ゆげ says...""
    確かに、この辺は癸巳という名前の通り、明治26年前後に入植開始してるんだよな。
    しかし、地名でもない「6年兵」ってのが何でバス停の名前に…バス会社に聞いてみるかな(笑)
    2016.09.29 08:51 | URL | #z8Ev11P6 [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/930-973d0d56
    該当の記事は見つかりませんでした。