softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    旅支度 その2(サドルバッグやらホイールのメンテやら)

    世の中はシルバーウィークらしいのだが、我が家は息子が風邪でダウンしてしまい、なんにもしない時間が過ぎています。
    まぁそれもいいじゃないか。休みの度になにかイベントやおでかけしなくちゃいけないわけでもなし。

    そんな中でちょっとずつ、週末の小旅行準備をしてるわけです。


    ■一泊程度の荷物をどう積むか

    数年前に泊りがけで走ったときはキャラダイスのサドルバッグ使ってたのですが、これがなんか最近しっくり来なくてですな。
    1-R1174259.jpg 
    当時はロードレーサーっぽくない、クラシカルな装備の方が自分にはしっくりきたんですけどね。
    でもキャラダイスって、重いんですよ、バッグ自体が。
    あと現在はダウンチューブの下側にボトルケージを増設してそこにメンテナンス工具類を収納しているので、何でもかんでもサドルバッグに収納する必要も無い。そうするとますます大容量のキャラダイスはオーバースペック・・・

    で、色々考えた結果、ORTLIEB(オルトリーブ) サドルバッグ L スレートってやつを導入。
    手持ちの大きめサドルバッグに新しくフロントバッグを追加しようかとも思ったのですが、バッグが複数になるのは運用性が悪くなるかもと考え、サドルバッグだけである程度完結できるように、なおかつキャラダイスほどの容量はいらない、という条件で選んでみました。



    思ったほど主張は激しくないな。
    でも、試しに旅の装備を色々突っ込んでみたところ、輪行袋、着替え、タオル、雨具を余裕で飲み込み、まだ若干の余裕をかましてやがる。
    ただ、装着してから本番まで走る機会がないんだよな。
    さて、実際の使用感は如何に。


    ■リアホイールのラチェットスプリング交換


    フルクラム(カンパもそうだけど)のリアホイールは、フリーハブ部部分のラチェットスプリングという部品が消耗品扱いで存在します。
    メーカーは定期的に交換せよとアナウンスしているのだけど、具体的な交換時期については明言が無い。

    5000キロ毎って言う人もいるし、1年毎って言う人も。
    もっと持つという人も。

    そして我がRacing3はそろそろ走行距離が5000キロに近づいてきた。
    さてどうするかと悩んだのだが、なにせこの部品が破損するとフリー機構が働かなくなり、ギアが空転することになるわけです。すなわち、いくらペダルを漕いでも進まない。

    さすがに旅の途中でそれは不味かろうということで、重い腰を上げて交換作業をやってみました。
    風邪薬が効いてちょっとボーっとしている息子を傍らに。

    手順はこちらのブログを参考に。
    一見めんどくさそうだけど、やってみるとそうでもない。
    フルクラムのホイールやハブって、グリスアップとか定期的なメンテが必要な設計になっているんですけど、比較的簡単にできるような仕組みになっているのであんまり苦にならない。
    ここんとこ、メンテフリーでそこそこ長い間使えるようにしているシマノと設計思想が違うんだな。

    ついでにスプロケットも外して掃除(ラチェットスプリング換えるだけならスプロケ外す必要は無いのだが)し、簡単にオイルアップ。チェーンとプーリーもそこそこ掃除してチェーンに注油して、メンテナンスはおしまい。



    ルートデータもEdge705にインストールし、準備も大体完了。
    まぁ近場だし、ここまでじっくり準備するまでも無いのだけど、今後もっと遠くまで行くときにあたふたしないように、今回は色々考えながら準備してみた。
    帰ってきたら、もう一度振り返ってまとめを書いてみよう。


    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/929-92176f53
    該当の記事は見つかりませんでした。