softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    朝里峠へ 前編

    取りきれてない夏休みをいまさらながら取得して、定山渓側から朝里峠まで走ってきました。

    9/14追記:走行ルートを張り忘れていたので追加


    1609121042.jpg

    こんな好天に恵まれてるのに、なんか朝からテンションが上がらない。
    この日が晴れることを願いながら色々とスケジュール調整やら根回しやらしてきたはずなのに、いざ当日になってみると一生懸命、身体の調子悪いところを探している自分がいる。
    ロング行くときはいつもこんな感じだ。

    つーか予定コースは100キロくらいなんだから、装備も最低限でいいからとっとと行けよって話なんですがね。
    それに今月は月末に別のサイクリング計画を立てているので、それの予行演習として事前に100キロ程度は走っておかねばならないのだ。
    今シーズン、全然走れてないんだから。

    そんなわけで、最低限の補給食と財布をポケットに突っ込んで、自分を奮い立たせながら出発。そうだ。朝里峠越えてからのループ橋、あれを自転車で走るんだ。その光景を何度もイメージして。
    目的地は、定山渓経由で朝里峠へ。走行距離100キロ+合計900m以上の上りをかましておけば、まぁ月末のイベントにおける体力配分の参考にはなるだろう。いや、実際のところはそんなスポーティなイベントではまったく無いのだが。

    でもまぁ走り始めちゃえば、だんだん気分は晴れ渡って来るんだよな(笑)
    その勢いで、いつもなら国道230号線をゆるゆると進んでいくのだけど、ふと気持ちが大きくなって「あぁそうだ、コソさんが言ってた白川方面の裏道を行ってみよう」と思い立ち、といってもコソさんの言う「裏道」がどのルートなのかもわからないまま、藻南橋を右折して「中ノ沢南沢通」へ。白川へ抜けて十五島公園の裏側へ通じる道って言ってたので、まぁこんな感じのルートだろう、と。

    いや、行ってみたんですけどね。結構勾配がきつくて・・・ひいひい言いながら上の写真みたいなルートを走りました。
    (実際に走ったルートは下の方にルートラボを貼っておきます)

    いや、でもなかなか山越えしている感じがして、小粒でもピリリと辛いぞ的な。
    まぁそんなこといいながら、これから朝里峠越えていくんだぞ、今からこんなに脚つかってどーすんねんなんて思いつつ。
    1609125832.jpg 
    あぁ、でも、もう夏は終わるんだって感じの青空がまぶしい。


    その後、国道230号線に復帰し、定山渓温泉に差し掛かったところで道道1号線に入り、朝里峠を目指した上り坂へ。
    去年も走っているのでおぼろげに行程は覚えていなくもないのだけど、坂のきつさとかはもうほとんど忘れてしまった。
    うん、今回はサイクリングペースで、体力を振り絞らないスタイルで行くのだ。

    このルート、傾斜は大したこと無いのだけど、ゆるゆると20キロ以上、上りが続く。途中で会社から残念すぎる報告は入るわ、なんか雲行きもだんだん怪しい感じになってくるわで、なんか走ってて気が滅入ってくる・・・自転車のギアはフロントアウターで全然進めるくらいの斜度なんだけど、これがいつまで続くんだ?その一方でそれほど激坂でもないから魂燃やしてるっ!みたいな熱量も無い。

    そんななか、なんとか札幌国際スキー場を越え(いやぁ毎度思うけど、このスキー場、こんな遠いところにあったんだね)、もうしばらく上り、朝里トンネルを越えたところで朝里峠終了。

    あとは朝里川ダムやループ橋を堪能するのだ。このために私はここに立っているんのだ。
    いや、突っ立ってないで早く下れよ。

    朝里トンネルを越えると、どんよりした曇り空にまた日差しが刺さってきた。
    あぁ、後半戦をは楽しくなりそうだ。
    景色もいいし、残る坂道も張碓峠くらいだもんだ。あんなもん楽勝楽勝(と、あの時は自分、そう思ってました・・・)



    すみません、話を前後編にして引き立つほどの展開に面白みはないのですが、残りの分量と1号の体力の限界により、前後編とさせていただきますこと、ご了承ください。

    (追記)
    今回の走行ルートを張り忘れてました。
    こんな感じです。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    コソ says...""
    あぁ、白川地区はわかっていれば上手い具合にアップダウンを避けることもできるんですけど、一歩間違うと完全に入り込みますね。あれはつらいですね。わかっててあえて行くなら面白くもあるんですが。
    私はそれを避けようとして違う道に行ってもっと失敗して、もっともっと失敗したりして、でもある時けっこう上手くいったときがあって、あれ?俺は今日はどこを走ってきたんだ?と、帰宅してから地図を見て納得したりしてました。
    ジグザグになりますが簾舞を絡めるともっと愉しくなるかも?。名前忘れましたが、ちょっとした歴史建物があります。芸森方面への裏ルートへも繋がります。
    2016.09.13 21:05 | URL | #qbIq4rIg [edit]
    ゆげ1号 says..."Re:"
    コソ さま
    コメントありがとうございます。

    白川地区、確かに結構道が複雑だし、坂トラップもあるし、迷い込むには良い場所ですね。近いし。

    歴史建造物、ありました。
    私が通りかかったのは、旧黒岩家住宅でした。
    http://www.city.sapporo.jp/keikaku/keikan/rekiken/buildings/building46.html

    芸森方面に繋がるルートもあるんですか。
    もう少し探検してみないと・・・
    2016.09.13 21:43 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/924-39516228
    該当の記事は見つかりませんでした。