softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ロングテールのフロントフォーク



    いやぁ、こんな虹でもしばらく眺めてないと魂のバランスが取れないくらい、身の回りのいろんなことを見聞きさせられた。
    自分自身の境遇は何も変わらず、いたって平穏な日々なんですけどね・・・ほんと、ブルージーな出来事があちこちで勃発。
    もうね、英国が国民投票でEU離脱の意思決定をしたなんてのが全然自分の中に届いてこない。

    ほんと、人間が生きていくと、いろんなことがある。


    で、そんなことはともかく、ロングテールのフロントフォークを交換。
    だって、自転車ブログですもの、うち。

    1606261814.jpg 

    元々この自転車(かつてCrossRiderと呼ばれた自転車)がクロスバイクだった頃には、ありがちなフロントサスペンションが付いていた。
    それをリジッドフォークに交換したのが2009年2月頃。
    これによって随分と自転車は軽量身軽になったのだけど、同時にフォーク長がちょっと短くなったのでそれに引きずられてBBドロップが長くなって、ペダルと地面の距離が近くなってしまった。
    それでもまぁクロスバイク時代は良かったのだけど、ロングテール化するとさらにペダルと地面の距離が詰まってしまった。

    冬は太いスパイクタイヤ履いてるから良いんですよ。でも夏タイヤに換えて、道路が傾いているところなんかではかなりペダル位置を意識しなければならないほど、ペダルと地面ががんがんぶつかるようになってしまった。
    これはたまらん、ということで今のフォークより長いやつに交換したわけです。
    生意気にもSURLY。

    交換作業も購入店でお願いしたのだけど、フォークサイズが長くなったせいでブレーキケーブルや泥除けのマウントの尺が足りなくなってしまい、随分難儀な作業になってしまったみたい。
    なんか申し訳ない。

    160263548.jpg 

    ストレートのフロントフォークって、始めてかも。
    まだそんなに乗ってないので、いやどんだけ乗ってもそんなに気にならないかもしれないが、ストレートフォークだからといって格別の違いはあんまり感じない。
    でもペダル位置が上がって地面と激突することも無くなったので、ストレスは激減。
    あとハンドル位置がちょっと高くなったのがちょっと違和感かつ、横から見て自転車全体が詰まって見えるのが課題だな。

    とりあえず、ステムひっくり返してハンドル位置をもう少し下向きにしてみるか。
    欲を言えば、もう少しステム伸ばしたい。

    
    こちらに以前、ロールアウト直後のロングテールの写真。
    1606270758.jpg    
    フロントフォーク単品だけ取り出して見りゃ、そりゃ色は黒とシルバーだから全然違うけど、形状の違いなんてそうでも無いんですよ。でも自転車全体で見るとかなり印象が違う。
    そんな気がする。気のせいですかね。いやでも気になる。


    なんか、自転車の意匠って、気になり始めると奥が深い。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/913-a0ec905e
    該当の記事は見つかりませんでした。