softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ほぼ半月、風邪に苛まれていた

    やっと風邪が治ってきた。

    二月に入ってから、ずーっと咽喉が痛かったり、熱っぽかったり(するのだけど熱は出ていない)。
    もともとこの季節は気温差で自律神経が調子悪くなることがわかっているので、とりあえずそっちのせいだと身体に言い聞かせ、それでもやっぱり咽喉の痛みはどー考えても風邪だよなぁって判ってるんですけどね、ほんとは。

    そこをだましだまし、仕事やらジョギングやらは継続しながら「風邪は有酸素運動で代謝をあげた状態で栄養と風邪薬をしっかり摂って、身体全体に『いいもの』を巡らせた状態でたっぷりの睡眠を取れば大丈夫!」なんてうそぶいていたんですけどね。

    それでも、東京日帰り出張とか結構やっかいなスケジュールをこなしていかなければならないので、仕事の合間を縫って休みを取ったりして回復に努めてたんですが、先週末の日曜日午後にとうとうがっつり発熱。あー39度近い熱って久しぶり。
    あーこれはだめだなー、インフルエンザじゃなけりゃいいなーとどきどきしながら、もういち早く会社には「すんません月曜日休みます」と連絡入れて、自宅奥の隔離部屋(冬はCarlton-Rがローラー台の上で暇そうにあくびをしている、半分倉庫状態の四畳半)に布団を敷いて篭城モード。
    枕元にはAMラジオ。日曜夕方からのローカルAMラジオ局らしい、演歌歌手の持ち番組を数時間拝聴しながら夢うつつ。
    気がついたら、深夜放送が始まっていた。

    あぁ、むかし、出張続きでホテル暮らししていた頃を思い出す。
    何度か地震とかで怖い思いをしたことがあって、その教訓で情報をすぐ受け取れるように、必ずラジオをかけっ放しにして寝てたっけな。

    一夜明けて月曜日の早朝、STVラジオのラジオドラマ「水滸伝」に起こされ、堂々たる男声の朗読で重厚に紡がれる誰だかと誰だかのベッドシーンをお見舞いされるという罰ゲームみたいな朝を迎えたゆげ1号の体温は、すっかり平熱に戻っていました。

    でもまぁ、インフルエンザも流行ってますしね。
    予定通りお休みもらって、病院に行ったら今日一日、再発熱がなければインフルエンザの疑いは無いですよ、と。
    そして月曜日も寝たり起きたりしながら、だらだらと過ごす。熱は上がらず、一安心。

    のどの調子悪いのがちょっと残ったものの、その後は順調に回復。
    いやぁ、長引いたなぁ今回。

    1-IMG_20160211_0001.jpg 

    そんなこんなで、今年の雪まつり、大通り会場には行けずじまい。
    それで終わらせるわけにも行かないし、11日の休日に息子との約束であるつどーむ会場へ、家族3人で行って来た。
    今回はOM-2に50mm Zuikoレンズをマウントして。
    敢えて、フィルムカメラを持っていくことで、この1日に少しだけ自分の趣味色を足してみた。

    1-IMG_20160211_0002.jpg 

    だんだん、マニュアルフォーカスにも慣れてきた。
    このカメラ特有の露出のクセみたいなものも、ちょっとずつ判ってきた。


    そんなわけで、なんとか持ち直してきました。


    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/883-f0e21bfd
    該当の記事は見つかりませんでした。