softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    2016年 日常は続く

    明けましておめでとうございます。
    今年も、なにとぞ。


    年末年始、なんか短かったですね。
    ゆげ一家も、忘年会やら家の片付けやら初詣やら、恒例の実家宴会やらで慌ただしく過ごしているうちに正月が過ぎていきました。

    FH000013.jpg 
    何年かぶりに、初詣へ。

    FH000011.jpg 
    年末にちょっとしたきっかけがあって、今年はフィルムカメラも少しだけ深入りしていこうかな、と。
    それにしても、マニュアルフォーカスは難しい。

    FH000010.jpg 
    でもなんか、最近はそういう、習熟が必要な遊びが楽しかったりするのです。歳とったのかな。
    とりあえず、もっと習熟が必要です・・・

    自転車の話も少し。

    1601031243.jpg 
    ロングテールもそこそこ乗ってみたんですけどね。
    雪も少なかったこともあり、ほんとに快適。
    ロングホイールベース化ってのが、自転車の運動性能をここまで変えるのかと。
    この日は実家までの往復20キロ弱を走り、「積荷を増やした状態で走りたいんだ」というわけの判らない理由でビール6缶パック(おまけにエビス)をせしめてきた。そのほかにもぼちぼちと荷物を積んで走ったけど、まぁその程度じゃ走行フィーリングに何の変化もなく。

    たぶんがっつり雪が降ったり、もっと路面状況が酷くなれば別なんだろうけど、アスファルト、アイスバーン、圧雪、水溜まりなんかが混在しているレベルの路面では却ってFATより扱いやすいかも(泥よけついているので余計に)。

    というか、もっとがっつり雪が降ってくれないと、FATの出番が・・・
    いや、アスファルト出てる路面って、FATに履いているスパイクタイヤ(45NRTHのデリンジャー)だとあんまり走りたくないんですよ。
    デリンジャーってかなり上等なゴム使ってると思われ、それゆえにかなりしなやかなんですよね。
    そんなしなやかなゴムに金属ピンを打ち込んでスパイク化しているので、氷や雪道だと本当にいいなと思う一方、アスファルト走るといかにもタイヤにダメージ与えている感じがして、非常に落ち着かない。

    安いもんでもないし。

    その点、ロングテールに履いているマラソンウィンターは、そこまでアスファルト路面が気にならない(敢えて走りたくはないけど)。
    そんなわけで、今のところはロングテールの方が稼働率高い。


    そんなわけで、大した話題があるわけでもなく、今年もだらだらと、細々と、野望も目論見も特に持たずに本ブログは続くと思います。
    4月からは(続けていれば)10年目に突入しますが、結局これまでもこれからも、自分の日記として続けていければな、と。


    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/876-ff2799df
    該当の記事は見つかりませんでした。