softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    本格的に、冬到来



    16年ぶりにまた暮らし始めた札幌の、中心部の東西に横たわる大通公園はいつの間にか四季を通して催しの絶えない空間になっていた。
    昔からあったビアガーデンとホワイトイルミネーション、雪まつりの間を埋めるように、オクトーバーフェストやオータムフェスタ、11月末からはミュンヘン・クリスマス市。

    クリスマス市で売っているようなオサレな雑貨は自分の生活とまったく接点を見出せないのだけど、雰囲気はいい。
    だがしかし、それにもまして素晴らしいのは、気温0℃の中でいただくホットワイン。
    あぁ、書いているだけで胸の奥というか、胃の上部がキュッと反応する。
    もちろん、これは逆流性食道炎のせいではない。たぶん。

    息子はから揚げとポテトを喰らいながらBGMに合わせて不思議な踊りをおどり、我ら夫婦はホットワインで温まる。
    休日の夕方が名残惜しげに過ぎていく。
    1512061654.jpg 
    しかし、息子は綺麗なイルミネーションより雪道でのブルドーザー遊びに夢中。
    求めに応じて腹ばいになった息子の足を引っ張ってやったら服(こんなこともあろうかとスキーウェア)の隙間に雪が入って冷たい・・・と半泣き。
    そんな簡単には、オサレでリア充な時間なんて手に入らないのだ。
    わはは。

    1512007.jpg 

    そしてどのタイミングで書こうか悩んだものの、いいやもう書いちまえと。
    長年苦楽を共にしてきたCrossRider、半月前に冬眠に入ったと思いきや、スパイクタイヤを纏ってしばしの復活。

    そして、この、豊平川を渡る姿が(たぶん)彼の最後のクロスバイク姿。
    この後、縁あって彼はロングテール改造手術を受けることになりました。

    前からロングテールバイクはすごく興味があったのよ。
    で、せっかく北国にいるんだから、ロングテール+スパイクでの冬道生活も体験してみたい。
    ロングテールなら夏だって活躍するだろう。

    でもその一方でねー
    長年のパートナーが、こっちの思惑だけで整形手術されてしまうわけですよ。
    なんか、クロスバイクとして生を受けた(生きてないけどさ)こいつが、改造人間(人間じゃないけどさ)になるためにこの川を渡るとき、どんな気持ちなのかなーなんて考えると、ちょっと複雑。


    でも、どうしても合わないなと思ったら元に戻せばいいのだ。
    ということで、すまぬ、10年選手のCrossRider。
    オーナー(=ゆげ1号)の遊びに、もう少し付き合ってくれ。

    ということで、CrossRiderは現在入院中。


    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/866-2665edce
    該当の記事は見つかりませんでした。