softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    自転車のお値段

    by ゆげ2号

    ここ最近のブームのおかげでか、街中で小径車をよく見かけるようになりました。自分たちが小径車に乗ってると他人のにもついつい目がいってしまうんですが、知らないメーカーのものから幻のモールトン(ブリジストン製かもしれませんが、間違いなくモールトン。世田谷って怖い)まで本当にさまざまな小径車が走ってます。

    そんなブームに押されて、よく行くスーパーの自転車コーナーでも小径車・折りたたみ自転車を扱うようになりました。品揃えがときどき変わっているところをみると結構売れているようです。

    その店頭で最近並んでいるのは、街中でもよくみかけるRO●ERの折りたたみ小径車。KHSより更に小さく見えるのはタイヤが小さいせいでしょう(たぶん15インチ)。試乗できないので性能はおいといても、見た目はおしゃれでなかなかかっこいい。サドルもツートンカラーで全体的に落ち着いた色合いです。はっきりいってゆげ2号好み。

    自転車関係のいろいろな話を総合すると「まともな性能を求めるなら、5万円以下の自転車はありえない」というのがどうも定説らしいので、2、3万円の折りたたみ小径車と10万円以上のKHSを比べるのはナンセンスだとは思うものの、やっぱり気になってしまいます。今日はお店の人がたまたまいなかったので、近くでしげしげとながめてしまいました。

    最近のは安くてもシマノのディレイラー(変速機)載ってるんですねー。まあ、世の中のディレイラーの8割はシマノ製らしいので、それだけでいい自転車と判断するのはあれですが。R●VERは1×6速がのってました。むーなかなかやりよるなー。なのにどうしてこんなに安いんだ?!KHS F20Rの性能をおおいに認めているものの、その間には5倍もの価格差があるわけで…。試乗無しで、その差を他人に説明できる自信がないです、正直。

    部品の違いとかあるんでしょうけど、ゆげ2号は詳しないのでぱっと見ではよくわからないし、そもそも自転車に詳しくない人にそんな話しても意味ないですしね。試乗できればものすごい差があることはすぐわかるはずですが、試乗できる店なんてまず近所にない。ゆげーずもスポーツサイクルに乗る前は「なんであんなに高いんだ?!モノ好き?」などと思ってましたし。

    むーーーーん、と唸って、ふと気がつきました。安い小径車とKHSとでは重量差があるんだから、持ってみればいいんじゃないか?
    で、サドルの後ろに手をひっかけて、後輪をちょっと持ち上げてみたんですが…お、重っ!何この重さ!

    KHSよりは重いだろうとは思ってましたが、KHSよりひとまわり小さい見た目でだまされました。この日、店にはクロスバイクで行ったのですが、見かけはずいぶん大きさが違うのに同じくらいの重さなんですよ!すごいショックを受けました。

    家に帰ってKHS F20RAを同じように持ち上げてみたら、あまりの違いに改めてびっくり。調べてみたらROV●Rが約14㎏、KHSが約11kgで3キロの差がありました。人の体重ににたとえてみますと、KHSが体重55㎏の人とすると、ROV●Rが70kgになるんで、すんごい差があるのがわかります。ほかにももちろんいろいろな差が価格差になっているのでしょうが、この感覚で腑に落ちました。これが「差」なんだなーと。

    まあ、それだけではちょっとなんなので、シマノのパーツのグレードについて調べてみました。
    自転車屋のHPなのですが、わかりやすいので→http://www.chari-u.com/shimano.htm
    それぞれ中級以下を抜き書きしてみると…

    ■MTB用
    DEORE(中級)
    Alivio(初・中級)
    ACERA(初級) 入門用のMTB
    ALTUS(初級) 街でしか乗れない?
    TOURNEY(初級)  子供用のMTB

    ■ロードバイク用
    105(上・中級)
    TIAGRA(中級)
    SORA(初級)
    2200  /  A050(初級)

    KHSの折りたたみ自転車(2007年度モデル)で、ディレイラーのパーツだけ抜き書きしてみると

    F20-RAC(税込価格231,000円) シマノ105
    F20-RA   (税込価格168,000円) シマノ105
    F20-RC  (税込価格136,500円) シマノTiagra
    F20-RC  (税込価格105,000円) シマノTiagra
    F18-Cappuccino(税込価格57,750円) シマノ2200
    F20-AS (税込価格88,200円)シマノ2200
    F20-T  (税込価格65,100円)シマノ2200
    F20-Westwood (税込価格63,000円)シマノ2200、DEORE 

    自転車はたくさんのパーツで構成されていてフレームの材質でもずいぶん価格が変わってくるのですが、初心者にもわかりやすい部分ということでとりあえずディレイラーの名称を覚えておくのはありかなー思います。たとえば、Westwoodは「オフロードタイヤ使用で林道走行にも対応」というのが売りの自転車なのですが、ディレイラーの名称を覚えておくと「お、MTB用とロードバイク用の部品がまじってるなー」とわかってちょっといい気持ちになれます。

    ここでちょっと余談。ゆげーずが乗っているのは2006年モデルのF20-RAなのですが、ディレイラーはティアグラです。ただ、単純に「2007年モデルになってパーツのグレードがあがった」というわけではなく、価格やパーツ構成で言うと「2006年モデルF20-RA→2007年F20-RC」と考えたほうが納得がいくような感じです。どうもKHSは名称を結構ころころ変えているようで、その構成や価格帯もそれに伴ってころころ変わっていて比較がしにくいんですよねぇ。ほんとに余談ですが。

    まあそういうわけで、自転車を見るとついつい外見や変速段数が多いとかに目がいってしまいますが、ちょっと持ち上げてみると直感的にいろいろなことがわかりますよ、とそういう話でした。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/85-98f0e157
    該当の記事は見つかりませんでした。