softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    すっきりと、よりすっきりと



    ふと思い立って、サドルバッグを取り払ってみた。
    Carlton-Rの細身なスチールフレームには、やっぱり余計なモノがついてない方が見映えが良い。つくづく、こいつのDNAはレース機材だった頃の記憶を引き継いでいるんだなと思う。
    まぁレース的な走り方は出来ないんだけどさ、まったりのんびり走る車両では無いってことくらいは1号の貧脚でも感じられる。

    あ。
    安心してください。
    ちゃんと予備チューブ、工具は持ってますから。

    ダウンチューブの下にボトルケージを取り付けて、そこにツール缶を取り付けてみた。
    取り敢えず見映えは、合格。
    あと、気のせいかもしれないんだけど、なんか立ち漕ぎがやり易くなった…ような気がする。

    今回、ちょっと立ち漕ぎにこだわって走ってみたんですが(前日の夜にたまたま風呂入りながら「自転車の教科書」読んでたんだな)、今回は小林峠に加え、平和の滝もフロントアウターで上り切れた。

    なんか、立ち漕ぎのコツをつかんだかも。
    今は状況的になかなかロングライド行けないけど、だからこそ今はこつこつと、きちんと自転車に乗るための技術や身体を作っていこう。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 坂道
    Tag : Carlton-R
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/847-996eab39
    該当の記事は見つかりませんでした。