softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    手稲山リベンジ

    あれから1ヶ月、ロードバイクにはまったく乗らなかったのです。

    なんとなく、遠くに行きたいんだけど行ってる最中に何かあったらどうしようみたいな心境になってて、いや特にあれから怪我は順調に回復してて心配も何もいらないんですけどね。
    でも、なんか、乗る気持ちになれなかったのです。

    そんなわけで、ここ1ヶ月はジムでのランニングばかりしていました。
    こっちの方が短時間で済むからいいやって。
    それに、なんとなくランニングやってると自転車でもヒルクライムに良い影響が出てくる印象があって、だからしばらくこっちでいいかと。

    そんななか、また職場の自転車部(?)から召集がかかり、近日中にまた走りに行くぞ、と。
    それはちょっと事前練習しておかねばなるまい。
    そしてなんとも酷い偶然なんだけど、数日前に親父の自動車が当て逃げされ(本人は財布に深刻な傷を負った・・・だけで済んでよかったよほんとに)、これで6月の2号、7月の3号に続いて8月の交通事故は親父が引き受けてくれた(?)

    いやまぁそれはともかく、ちょっと時間が空いたので行って来たんですよ。手稲山。

    150809114853.jpg 

    結論。
    全然駄目。
    やっぱり自転車乗ってないと自転車は上達しないっていう、当たり前のことを改めて実感。
    最近、ランの力が徐々に付いてきたことでいい気になってましたわ。
    なんか、自転車そのものの漕ぎ方が全然わかんなくなってる感じで、めちゃくちゃきつかった。

    あと練習不足もさることながら、たぶん、スタートで飛ばしすぎたんだろうな。
    そこで心拍数をがっと上げすぎて、それ以降ずーっと苦しいままだったのだと思う。
    だからどんどん失速し、無茶な変速操作も祟ってチェーンが2回も外れるし。

    で、タイムは44分30秒(くらい)。
    それでも最後の方で、おそらくトレッキングの会みたいな感じで集って歩いているご婦人たちを抜かしたとき、「すごい・・・」と呟かれたのがラストスパートの原動力になった。
    いやぁ見栄の力ってすばらしい(笑)


    なんだろう。
    別にスポーツ的にヒルクライムにはまるつもりは全然ないのだけど、なぜかすげー悔しい。
    たぶん、またチャレンジせざるを得ないな、これは。


    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 坂道
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    コソ says...""
    手稲山は人によってスタート地点とゴール地点が違うのですよね。
    調べてゆくと遅い人は大体信号前から計り、速い人は大体高速過ぎから計ってる。ゴールだって違ってる。だから自分の前回以前のタイムだけなんですよね、参考になるのは。
    万人に共通の決まりがあればモチヴェーションがあがりやすかったり、ラクな気がするんですけどね。

    2015.08.11 21:12 | URL | #qbIq4rIg [edit]
    ゆげ says...""
    コソ さま
    コメントありがとうございます。

    > だから自分の前回以前のタイムだけなんですよね、参考になるのは。
    > 万人に共通の決まりがあればモチヴェーションがあがりやすかったり、ラクな気がするんですけどね。

    本当に速く、強くなりたいのなら、同じ物差しをもって比較できるほうが良いですよね。
    最近、別にレースとかそういう方面に興味はないんですけど、とにかくもっと走れるようになりたいんです・・・気持ちだけは。
    なんでだろう、この向上心を仕事にも向けれれば・・・(笑)

    とはいえ、他の人のタイムばかり気にしていると絶望感しか湧かないので(涙)一応他人のタイムを横目で気にしつつ、前回の自分と追いかけっこをしていきたいと思います。
    2015.08.11 23:00 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/838-ff525fe0
    該当の記事は見つかりませんでした。