softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    鬼の居ぬ間の



    たまにはいいじゃないですか。
    普段は地道に真面目に生きてるんですから。


    息子が生まれてはじめての「お泊り会」へ。
    かなり不安と懸念を表明する息子をなんとか鼓舞し、なんとか送り出してから、1号2号は近くの温泉へいってきました。

    何年ぶりだろう、二人での行動。


    そして翌日、息子のお迎えは2号に任せ、借りた車を実家に返しにいったその足で久しぶりに小林峠へ行ってきました。
    最近ヒンジ部分のギシギシがまた再発した、高齢のF20-RAに鞭打って。

    ほんとはちょっとだけ、せっかくの機会だから手稲山チャレンジしよーかなーなんて思ってたんですけどね。
    でもその後息子と出かける約束してるし、まだなんとなく手稲山って心のハードル高いんですよね。なんとなく二の足を踏んでしまう。
    いやペダルは一の足も二の足も踏んでないわけですが。

    ま、そんなわけで比較的手軽に走れる小林峠へ。
    西野側から上るの、久しぶりだ。

    150705104053.jpg 
    最近ちびちびと取り組んでいるランの成果なのか、初めてフロントギアをアウターのまま峠まで到着。
    やっぱり違うもんだな。

    でもさー、走りながらふと思ったんですけどね。
    坂道走るのが「好きな」人も「得意な」人もいっぱいいるけど、坂道が「楽な」人って多分いないですよね。
    最近のランでおそらくふくらはぎの筋肉と心肺能力はちょっと強化されているのは実感できるんですけど、だからといって坂道は楽にはならないんだよなー。
    獲得した身体能力は、結局より速く走ることに費やしてしまうので。

    あと、坂道を楽に走れるってのは身体能力より技術なのかもしれないなぁ。
    効率的なペダリングとか、体重や筋力を適切に推進力に換えるからだの使い方とか。


    いや、そんな突き詰めた自転車生活送ってるわけではないんですけどね。
    久しぶりに峠走りながら、そんなこと考えてました。


    ちなみに、帰宅してみると。
    息子は初めてのお泊りで結構緊張したみたいで、昼までハイテンションで遊んでたものの昼食後にあっさりダウン。
    夕方まで爆睡しやがりましたとさ。

    いいのか?おでかけは。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/834-9b5a4dd8
    該当の記事は見つかりませんでした。