softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ともにはしろう




    先週末。
    土曜日に業界の親睦マラソン大会みたいなものがあって、苦手なランで苦しめられる。

    そして日曜日。
    職場の人に誘われて、サイクリングへ。
    自転車はここ何年もずーっとソロ活動(2号や3号とのサイクリングは別として)だったので、人と一緒に走るのはちょっと緊張。

    最初は「支笏湖まで行こう!」という予定だったのだけど、参加者の中には前日のランの疲れがまだ取れてない御仁もいて、とりあえず支笏湖に向かう国道453を恵庭との分岐点まで走ってそこでどうするか決めようということに。

    それにしても、ここ半月以上ランの練習をやってきたおかげなのか、上り坂がいつもより心なしか楽に上がれる(気がする)。
    少なくとも、1ヶ月前にここ走ったときよりは全然楽。
    心肺機能が向上したおかげ、なんですかね。
    自転車の方にそんなギフトが得られるのなら、ランの練習も続けていこうかな、なんてちょっと思った。


    さて恵庭との分岐点。
    それぞれのペースで走り、三々五々集合。
    ちょっと一休みしながら、これからどうする?と考える。

    どーせなら支笏湖行きたい人。
    昨日の疲れもあってちょっと弱気な人。
    みんなの空気読んでどっちに賛成しようか迷ってる人。
    どっちでもいいから早く行こうよって人。
    ちょっとみんなニヤニヤしながら、さてどうする?
    あぁこういうくだけた時間、独りのサイクリングだと味わえないよな。これはこれで楽しいかも。

    じゃあコインで決めよう!表が出たら支笏湖、裏が出たら恵庭。
    リーダー格のおじさん、いやみんなおじさんだけどさ、ともかくおじさんがコインを投げ、手の甲にもう片方の手を覆いかぶせる様にキャッチ。
    さて、裏か表か・・・とみんなの視線が集まった先、ふと視線を上げると、紫のバーテープをまとったTOEIのスポルティフが、一歩一歩みちを踏みしめるように支笏湖方面へ去っていった。

    なんとなくその走りをみんなでボーっと眺め、ふとわれに返りコインをあらためると、「100」の数字。裏だ。
    そうだね、なんか、今日の我々はこっちに進んだほうがいいね。
    いいんだ、今日の我々は、レジャーを楽しむんだ。



    なんでですかね、支笏湖に向かう最後の坂って、一人で走るほうが合ってる気がするんですよね。


    そして恵庭に抜ける恵庭岳公園線。
    いやぁこの道は何度走ってもすばらしい。
    支笏湖に到達する達成感と天秤にかけてもまったく引けをとらない気持ちよさ。
    基本的に下り坂なんだけど、所々かるーい上りやちょっとした上りもあって、景色も美しいし本当に走ってて楽しい。
    この道を自転車で走る行為そのものを北海道文化遺産に指定したいくらいだ。


    そしてゴルフ場そばのオサレな森のレストラン風味なお店でランチ。
    あぁ、なんて楽しいんだ。
    独りなら絶対にこんな店には立ち寄れない。
    こんなに料理も美味しくて、雰囲気も良くて、それでいて値段は全然普通。

    いいのか、こんなにサイクリングが楽しくて。


    その後、恵庭~北広島と前回一人で走ったときと同じコースを走り、北広島からはエルフィンロード経由で帰宅。
    正直、思ったよりずっと楽しかった。
    まぁ職場の人という話題の共通項もありつつ、なんだかんだ言って自転車好きな人たちが集まっているので、そんなに気を使うことも無く。
    だからかもしれない。

    今まで結構かたくなに、一人で走ることに喜びを見出していたんですけどね。
    こういうレジャーっぽい、それでも85キロ走っているんだから言うほどお気楽ではないんだけどさ、こういうファンライドもいいなぁって思いました。


    でも近いうちに、今度は独りで支笏湖行ってこよう。





    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    コソ says...""
    ひぇ~、また目撃されている~
    どこで誰にみられているかわかんないですね。気をつけないと・・・・(何を?)

    たまに誰かと走るのも面白いですよね。
    一人で入れない店に入れるのは大いなる魅力です。
    2015.06.21 08:41 | URL | #- [edit]
    ゆげ says...""
    コソ さま
    いやぁ決してストーキングしてるわけじゃないんですよ(笑)
    でも我々が一休みしている分岐点を通過されているところを見たとき、「あぁこれはブログネタになる!」って心の中で小さくガッツポーズしてました。

    でもなかなか、声かけられるシチュエーションで会えないんですよね。
    いずれ、どこかで是非。
    2015.06.21 22:25 | URL | #qbIq4rIg [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/829-b2e75925
    該当の記事は見つかりませんでした。