softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    山、大地、そしてまた山

     いよいよゴールデンウィークだ!携帯電話鳴らない限りは5日間連続で休みだ!やったー!
    と意気揚々の1号を朝のテレビは「連休も後半に入りましたが・・・云々」と水差しまくりやがるのです。

    気を取り直して。

    色々GWの予定を様々な角度から綿密に検討した結果、どうやら1日サイクリングが楽しめそう、かつ他の予定と被らないのは5/2だけになりそうなことが判明したので、この日を1号おひとりさま日として制定。
    1日くらい良いよね、走りにいっても。

    ということで、今回は前から気になっていた、国道453から支笏湖に行かず、恵庭に抜けて帰ってくるルートを選択。
    まだ体がロングライドに順応していないので、支笏湖まで行くのはちょっと荷が重い。でも100キロコースで走りたい・・・というのがルート選択の理由。そんでもって今シーズン初エルフィン、そしてもうひとつ前々から走ってみたかった、滝野を回って帰ってこよう。





    ということで、5/2の10時前に出発。
    息子には「おとーさん、仕事だからね。ごめんね」といい含めてはみたものの、たぶん近い将来息子に学校で「おとうさんのしごとは、じてんしゃにのることです」なんていわれるかもしれぬ。

    まぁやむなしだ。
    気を取り直して、一路支笏湖方面へ。


    芸術の森を越えたあたりから、妙に車が渋滞している。
    なんでだろうと不思議に思っていたら、なんと山火事とな。
    とりあえず恵庭方面には抜けられるようなので、そのまま直進。


    やっぱり、坂道はきつい。
    でも、やっぱりなんだかんだいっても少しずつだけど、坂道での自転車の乗り方は確実に上達していると思う。
    いやでもきついものはキツイ・・・って走っているときは思うんですけどね。
    そう、今回はそれに加えてですね、かなり強い南風が一日中吹いていて、こいつに随分苦しめられました。

    ちなみに支笏湖に続くこのルート、国道の脇に時々サイクリングロードが顔を出すんですけどね、どうやったらこのサイクリングロードに入れるのかがいまだによく判らない。

    そんなことを考えながら、道道117号線、恵庭岳公園線との分岐に到着。
    やはり支笏湖方面には進めないように、通行止めとなっている。
    こちらは当初から道道117号線経由で恵庭に抜ける気満々だったのだけど、一応支笏湖の方を少し仰ぎ見、交通規制をしている警官のおじさんにこの先の険しい坂道を走りたくても今日は走れない、あぁ山火事とあれば仕方の無いことではあるのだけれども、この無念のやり場はいったいどうすれば・・・的な雰囲気を出してみようかと思ったけどおじさんも結構他の職員とのやりとりとかで忙しそうだったし、消防車も目の前を何台も走り抜けていったのであぁこれはすぐおいとましようとすごすご117号線へ。

    150502112412.jpg 

    これを撮ったのは別の場所だけど、まぁこんな感じで何台も消防車が走っていった。


    そして初の道道117号線、恵庭岳公園線。
    このルートがですね、かなり良かった。
    ここまで稼いできた高度をけっこうゆっくりと降下していくので、とても気持ちの良い下り基調(逆から来たらまったく別の印象になるでしょうけど)。
    道並みも、近代的な山間の道らしく大きく左右にうねりつつ、時折軽い上りもあったりしてとても立体的に道がうねっている。
    景色も、切り立った崖や漁川の川面、いくつかの滝なんかもあってまったく飽きがこない。

    このルート、本当にすばらしかった。

    150502112406.jpg 



    150502112506.jpg 



    そして、このルートを満喫しきったところで恵庭市に到着。
    ここからは平地メイン。

    150502121805.jpg 

    恵庭から北広島までの平地区間。
    めちゃめちゃ強い追い風に助けられて、ここも随分パラダイスなサイクリング。

    でも時々道路のうねりにそって向かい風になったりすると、うわーこれは逆ルートは絶対に走りたくないって感じ。

    150502122923 (2) 

    新千歳空港が近いですからね、けっこうひっきりなしに飛行機が飛んでいる。





    150502124432.jpg

    このあたり、畑や田んぼの周りの道は一直線な道が多いけど、どうも個人的にあの一直線道路を自転車で進むのは好きじゃない。
    こんな感じで緩やかな弧を描いているほうが、走っていて気分が高揚するんだよな。


    そんなこんなで北広島まで到着し、駅前のラーメン屋さんで昼食。
    結構おいしかった気もするんだけど、何せ60キロくらい走ってきてる体ですからね。味覚は当てにならない。
    あと量がそんなに多くないのも好印象でした。ロングライドしてるとそれなりに補給食を摂りながら走っているので、昼食といってもそんなにバカ食いしたくはないじゃないですか。その点、このラーメン屋さんはおいしいラーメンを適量で提供してくれたので個人的に結構気に入りました。

    あれ、書いてたら本当においしかったような気がしてきた。
    こんどエルフィンロード走ったときにもう一度行ってみよう。


    そしてエルフィンロードに入り、一路札幌へ。
    やっぱり久しぶりのロングライド、結構疲れるなー。

    さて、このままサイクリングロードを走り続ければ、東札幌まで17キロ。
    そこから自宅まで走っても、100キロにはちょいと届かない。
    一応今回はエルフィンロードを途中で離脱して、滝野経由でもう一山越えて帰ろうという計画なんだが・・・どうする?自分。

    このまま平地基調のサイクリングロードで今日という日のサイクリングを「楽しかったー」で終えるか?
    予定通り滝野経由でもう一山越えるか?坂もそれなりにあるし(小林峠よりちょっと低いくらい)、なにより結構向かい風区間が多いぞ。

    どうする?自分・・・ってちょっとだけ思ったんですけどね、今回のGWは今日を逃せばがっつり走れそうな日はもう取れそうにない。
    楽しかったーってのより、走ったーって充実感を、今日は取りたい。

    ということで、予定通り滝野経由ルートで。
    (ルートの詳細は記事の下にルートラボ貼るのでそちらをごらんください)

    いやぁきつかった。
    坂道というよりは、向かい風がきつい。
    本格的な上り区間に入る前に、結構頻繁に足を止めてストレッチし、体をリフレッシュさせる。
    でも今回はいつもと違って、結構全身満遍なく、とくに上半身にもそれなりの疲れが出てきてて、あぁなんとなくだけどペダリングにおいて上半身もちょっとずつ使えるようになってきたんだなとすこし自画自賛して自分を奮い立たせ、また走り出す。

    ほんとにね、坂より風なんですよ。
    うまく向かい風が逸れてくれると、とたんに楽になる。

    そして、そんなこんなでなんとかかんとか滝野のすずらん丘陵公園を越えて、滝野霊園へ。

    150502150839.jpg 

    あぁ、幾多の北海道サイクリスト達がブログで取り上げてきたこいつら。
    やっとこの目で拝むことができた。

    それにしても、あぁそれにしても、

    モアーイ、何故に?(矢沢永吉風でお願いします)

    そうそう、ツイッターに投稿したときはそこまで頭が回らなくてふつーに「ホワーイ何故に?」なんて書いてしまったのが悔やまれる。



    ということで、走行距離120キロ。平均時速は23.5キロ。
    合計で1000m弱の標高を上ったことを考えると、まぁ1号にしては上出来でしょう。
    結構疲れたけど、こうやって少しずつ「ロングライドの身体」を取り戻していこう。

    やっぱり、自転車、愉しい。


    走行ルートはこんな感じ。



    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/821-75331fc0
    該当の記事は見つかりませんでした。