softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    Jet Setter

    半年越しの炎上案件もなんとかゴールが見え、初めての確定申告もなんとか書類提出までこぎ着けた。
    私、実は資産1京円を越える(個人の感想です)大富豪なんですが、だからこそ昨年の個人的特殊事情で数千円もの莫大な還付金が発生したのを見逃さないのです。バットは短くもってコツコツあてるのです。

    そしてあわただしく上京。
    1503135139.jpg 

    そして息子の卒会も無事終了。
    1-R1174933.jpg 

    とはいっても儀式的な厳かさとは対極の、楽しい会。
    会の子達と走り回り、転げまわりすぎて、翌日はしっかり筋肉痛。

    終わってから打ち上げに向かう2号(母でもあるけどスタッフでもあるので…この立場は自主保育ならではかもしれない)と別れ、息子と二人で慰労会&寝かし付け。

    そして翌日、あと数日滞在する二人を残し、一人札幌へ。
    久しぶりの東京は、それこそ当たり前のようにこの季節にロードバイクが走り回っていて、いやぁ眩しい眩しい(笑)
    あー早くアスファルト上を走りたいなー。雪国に住んでると、一層眩しい。

    そして今回の帰路は初めての成田発空路。ほら私、資産1000億万円以上(以下略)。
    そして成田までの道程、去年まで住んでた所と昔住んでた千葉県の両方を通るんですが、これがなんとも心揺さぶられる。

    なんでかなぁ。
    この気持ちが懐かしさに変わるには、あと何が必要なのか。

    思うに、記憶が思い出に変わるためには、今走っているレールを後戻りしてもそこには決して届かない、乗り換え駅が必要なのかもしれない。
    いま後戻りしたらあの日々に還ってしまうかもしれないって、いやそんなことはあり得ないんだけど、そんな気持ちのままでは、そのままなのかもな。

    そんなことしんみりと考えながら車窓を眺めていたら、明らかに西洋人(多分ロシア人)と思しきビッグサイズのご婦人が乗車してきて、「どっこいしょ」とつぶやきながら着席。

    なんとなく、我が感傷を返して欲しい気持ちでいっぱい。
    それともあれか?「どっこいしょ」と聞こえたけど、あれはロシア語なの?


    まぁそんなことはともかく、成田へ到着。
    日本の富裕層御用達(感想には個人差があります)の航空会社、ジェットスターの最新エアバスに搭乗して北海道へ。
    いわゆるLCC(リッチクライアントコミューターの略ですよね?え?リッチのつづりはLじゃない?え?)は初めて利用したのですが、今回は特に問題もなく(2号はこれまで何度も悪天候で飛ばなかったり、いや飛ばないのは仕方ないけど振り替えの自由度がとても低いのな、そういう目に何度もあっている)。

    15151913.jpg 

    問題ないどころか、しばらくするとアテンダントがやってきて、1号さま(とはいわないけど)は500円分のバウチャーをお持ちですのでその分の有料飲食メニューを選んでおいてください、とのこと。
    よく判らないけど、ジェットスターはスタンダードプライスと手荷物を多めに積み込め、JALのマイルも付く割増プライスのふたつがあって、今回荷物はほとんど持っていないけどJALのマイルが付くのはいいなと思って割増プライスで予約したところ、どうやらそこにバウチャープレゼントが付いていたらしい。
    いや繰り返しになりますがからくりはよく判らない。詳しくは公式Webサイトなどをご覧ください。

    で、ありがたく「角ハイボール缶」をいただく。
    冷静に考えるとこの缶が500円って、温泉旅館以上のアレな気がしないでもないが、まぁ大富豪の私はそんなこと気にしない。直接お金払ってないし。

    03154206.jpg 

    と思ったんですけどね、一応氷の入ったプラスチックのコップをつけてくれるんですよ。
    これでちびちびやりながら、青空と雲塊で時折目を休めながら読書。
    あぁこれ、すばらしい。
    ジェットスター、さすが富裕層の気持ちをわかって(以下略、もういいね、こういうの)。

    読んでたこの本「定刻発車」も鼻毛がごっそり抜け落ちそうなくらい面白く、なんか久々にゆったりとした、素敵な時間が流れていった。素敵な時間をありがとうジェットスター。今度はAirDoでサッポロクラシック飲みながら読書してみよう。



    そんなこんなで、怒涛の3月がなんとか折り返し地点へ。
    そして今年度に片付けるべき大きな事案は、だいたいやっつけた。


    今年度は、なんとなく人のために自分の力を振り絞る年だった気がする。



    それはそれで、良いことも悪いことも、自分にいろんなことをもたらしてくれたのだけれども。

    来年度は、もう少し「自己満足」と向き合ってみようかと思う。


    いや、新しい自転車買うとかそういう話じゃなくて(笑)



    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/811-3f7ee17b
    該当の記事は見つかりませんでした。