softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    Round and round

    秋が踏ん張っている。
    雪や寒さをなんとか押しとどめ、かろうじて外遊びに繰り出そうという穏やかなモチベーションを持たせる程度には、頑張ってくれている。

    そんなわけで、昼間に近くの公園まで遊びに行った後の夕方、もう今年は何度乗れるかわからないロードバイクでちょっと出撃。


    いや実は先日、海外通販で靴買ったんですよ。
    今まで使っていたSPDシューズがかなりぼろぼろになってきたのでどうにかしなきゃなぁって思ってたのですが、先日やっと次に使いたいペダルが見つかったので、それ(time互換の三ヶ島クリート)に対応している靴の中から選べばよい。

    今回は、ちょっとロードバイク寄りの靴を選んでみました。
    ShimanoのR088。

    SPDに対応していれば三ヶ島のクリートは使える(はず)だし、この靴はSPDとSPD-SLの両方に対応している。
    自転車用シューズはソールがちゃんと硬いやつを選ばないと、ペダリングの力が効率的に伝わらないっていろんなところで喧伝されているので、果たして本当にそうなのか、まぁ試してみようと。
    実は自転車シューズ、こいつのほかにすでに以前、かなりスニーカーよりの一足も購入済みなので、ロードに乗るときはスポーツ寄りのときはこっち、ツーリング・散走寄りのときはスニーカータイプと使い分ければいいかな、と。

    まずこの靴、買ってみてわかったのだが、SPDに対応させるためには別途「クリートアダプター」が必要なので要注意。
    で、三ヶ島のクリートに付属しているネジだと、このクリートアダプター噛ました状態では短すぎる。
    たまたま我が家には同じサイズでもう少し長いネジがあったので(何についてきたのだろう・・・しつらえたようにぴったりなんだよな)、それを使用してなんとか事なきを得た。

    でまぁ、今日試さないと今シーズンはもう走るチャンスないんじゃないかと自分を奮い立たせ、夕方からちょっと試走。
    とりあえず短時間である程度手ごたえをつかみたかったので、小林峠を南区側から越え、その脚でついでに平和の滝まで往復。


    ・・・確かに、脚が良く回る、気がする。
    回るっていうか、ソールが硬いだけじゃなくてバックルがかなりがっちり脚を固定してくれるので、そのあわせ技で力がかけやすい・・・のか?
    でもさ、正直なところ、私のペダリングってあんまり意識的にペダルを踏まないんですよね。
    いやたぶん力学的にはがっつり踏んでるんですよきっと。でも感覚的には、踏むっていうより膝を前に出す感覚っていうか・・・なので、いまいち「がっつり踏める」って感覚は味わえなかったわけです。

    それでもなんとなく、小林峠の上りの前半は、いつもよりちょっと速いペースで上れたんです。
    こ、これが、連邦のモビル(以下略、ほんともういいよねこういうの)なんて考えながら上っているのもつかの間、後半あっけなく息切れ。

    ひょっとするとこの靴にすることで出せる出力上がるのかもしれないけど、そもそも自身のスタミナや体力が向上したわけじゃないんだよな。だから調子に乗ってガンガンペダル回しているとその分早めに限界がやってくるわけですよ。


    141109160239.jpg 
    いやぁ、しんどかった。
    ひょっとするとこれまでで一番しんどかったかもしれない。




    いやでもそんなわけないだろ、自転車専用シューズだぞって思い直し、小林峠を下ってから平和の滝へ。

    いやぁ、こっちも、途中までは全然良かったんだけど、最後の急坂で完全に脚売り切れ状態。
    そう、やっぱり途中までで脚を回しすぎてしまって、最後まで脚が残ってないんだな。

    このコース、先日P20-RACで巡ったときはここまでスパルタンだと思わなかったんだけどなー。
    P20はギア比もぬるくしているし、もっとのんびり走ったのも事実ではあるのだけど。


    こんな感じで、シューズとか換えるといろんなバランスが崩れますな。
    そうそう、上に書いたような走行感覚だけじゃなくて、「靴底」がかなり厚くなったことでサドルの高さにも違和感が出てきた。
    で、今回はそれにあわせてサドルを少し高くしすぎたせいか、上半身にもちょっと痛みが。

    きっとこのシューズなりの走り方とか付き合い方がこなれてくれば、解消されていくんだろうけどな・・・


    でも、今年はもう乗れるかどうか、微妙。
    うわぁ、来シーズンはこの違和感状態からスタートするのか・・・
    そして、この違和感がこなれてくる頃には上記みたいな新しいペダルが欲しくなったりして、そしてまた新たな違和感が。

    なんだ、この輪廻。
    いったいなにがしたいんだろうね。
    まるで新たな苦行を求めて新しいパーツを手に入れているみたいだ(笑)


    やっぱり、競技志向のパーツ(の中では入門レベルみたいだけど、今回のシューズ)は性に合わないのかもしれないね。
    でもまぁ、とりあえず納得いくまでは付き合ってみよう。


    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/791-040352a3
    該当の記事は見つかりませんでした。