softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    シーマン2

    今日は自転車とは全然関係ないゲームの話なんですが。知らない方はすいません。

    いよいよ、シーマンが帰ってきます。前作は何年前だったっけ…?。やったのはドリキャス版だったんですけど、斬新なゲームでしたねぇ。ある程度育ててやらないとしゃべらないんですけど、最初のうちは良く死なせちゃってました。で、だんだんゲームに慣れて、所詮はゲームと油断していると、シーマンがこちらを見透かしたようなことをボソッと言ったりするんですよ。

    細かいことは忘れているのですが、そのときのぞっとするような感覚だけはよく覚えていて、まるで、シーマンがゲームという虚構の世界を乗り越えて、現実側にヌッと顔を出したようなかんじでした。プレイヤーが観察者として一方的に、言い換えれば優位な立場でシーマンを見ているはずだったのに、シーマンから自分もまた見られていたという逆転。

    もちろんゲームプログラムである以上、仮想のものですし、セリフのパターンも限りがあるのですが、むしろシーマンがおなじセリフを繰り返すのを聞いてホッとしたりして。 と思うと、『何度も言わせんな』というようなことを言い返されて苦笑いしたり。

    2については全然知らなかったのですが、最近、発売間近になってCMが流れはじめ、TVで進化したシーマンを見て「おおっ!今度は鳥か!」と食いつきました。HP見に行ったんですが、今度は北京原人を育てるらしいですね。まあ、シーマンが絡むんだから素直な育成ゲームですむわけは無くて、おそらく北京原人に施しを与えたり罰を与えるプレーヤーに対してシーマンがつっこむという形になるんでしょうし、そこらへんのメタ構造が前作にもまして楽しみです。

    ほかのコンテンツも良くできていて、「これは、絶対におもしろいに違いない!」と確信してアマゾンで「ポチッとな」(笑)。その勢いでブログパーツを追加してしまいました。ちょっと不気味ですが、毎日シーマンに話しかけつつ発売日を待つとします。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  1 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    該当の記事は見つかりませんでした。