softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    あいさつ回りみたいな

    札幌にやってきて1週間経ち、やっと休日。

    家族&家財道具の引越しはもう少し先なので、しばらくはおひとりさま暮らし(実家住まいだけど)。
    そんなわけで、F20-RAであちこち「ご挨拶」へ。

    まず札幌に来たらこちらへ。

    140705 111450
    札幌に来たからには、ごし師匠に経緯を表して。

    師匠、あれから5年以上経ってますが、あのところよりちょっとだけ坂には強くなりました。
    転勤のあれやこれやで1ヶ月近くまともに自転車に乗れてなかったけど、小林峠は問題なくクリア。
    峠近くの最後の数100メートルだけはそこそこしんどいけど、そこだけ。
    気持ちよく走らせてもらいました。


    峠を降りてから、豊平川CR経由で次のご挨拶の地、南風自転車へ。

    ここはねぇ、ぜひとも行きたかったのよ。
    そもそもだな、今年の冬にFATバイク試乗させてもらったときに、いやぁこれいいですねぇこっちで暮らしてるなら是非欲しいなぁなんて話してたら、店主A氏が「じゃあ転勤にでもなったら是非」なんておっしゃられて、そしたらなんとその通りになっちまったじゃないですか。

    ということで、今回の転勤は店主A氏の言霊が何パーセントか関与している可能性を排除することができないと考えられます(笑)。

    そんな経緯があったので、今年モデルのFATについて情報収集するのと、あとそれとは別に今まで使っていたCrossRiderをロングテール&セミファット化したいのでその相談がてら、お邪魔したところ、店先ではタルタルーガの試乗会が。

    当然、試乗させていただきました。
    やっぱり、いいね。
    乗り物としての安定感が半端ない。

    デザイナーの吉松氏もいらっしゃっていて、色々タルタルーガの強みを説明してもらったのですが、吉松氏の語り口がこの5年くらいで随分と力強くなっていたのがとても印象深かった。

    5年位前から、今回入れて3~4回くらいお話を聞く機会があったのだけど(それだけユーザーとの対話を重視しているその姿勢もすごいな)、はっきり言って言ってることはあんまりかわんない。
    細かいバージョンアップでよりよくなった部分はいろいろあって、そのあたりはまぁ説明もバージョンアップしていくんだけど。
    でも、基本コンセプトや車両が狙ってる乗り味の話とかは、まぁ車両もデザイナー氏もぶれませんね。

    その一方、今回の吉松氏はすごく自信に満ち溢れている感じがしてて、あぁこの車両のよさが世の中にしっかり浸透してきてるのかなぁなんて感じました。
    で、タルタルーガの感想も色々感じたんですが、その話はまたいずれ。

    その後、店主A氏に転勤でこっちに来ちゃった旨をお話して、ちょっとFATとロングテールの話を頭出しして、ついでに今回自宅から持参するのを忘れてしまったグローブを買い求め、南風自転車を後に。


    それから、帰省時にいつも行くラーメン屋さんに行ってラーメンいただきながらご挨拶。
    なんと、私が北海道離れて暮らしてきた期間と店が開店してからの期間が一緒だと判明。
    お互いに札幌在住の頃から通ってたと勘違いしてたけど、実はちがったんだな。


    そんな感じで、とりあえず、ご挨拶回り完了。
    これからしばらく、いつまでかはわからないけど、ここで生きていくんだな。

    走行距離、60キロくらい。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/761-b90263e7
    該当の記事は見つかりませんでした。