softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    3連休、平常運転

    3月の3連休とはいえ、特に旅行などへ行くでもなく。

    1日目は3号と散歩。
    最近小田急愛が止まらない3号、通過するロマンスカーや4000形を見たいがために駅のホームで足止め。
    というか駅のホームが彼の目的地と化している。

    最寄の各駅停車駅で小一時間。
    そこから少し先の代々木上原駅(相互乗り入れしている千代田線が停車してるのが見られる)で20分。
    終点の新宿でロマンスカーVSEを待つこと30分。
    5歳児、驚異の粘り腰。
    その執念が引き寄せたのか、我々が乗ってきた上り電車を運転してた若い運転士さんが話しかけてくれて、電車カードをくれた。
    どの電車が好き?といわれて「VSE!」と答えるものの、残念ながらVSEのカードはなく、ごめんねーと差し出されたのは7000形。
    それでも3号、「LSEだ!!!」と、むしろそっちの方がいいと言わんばかりの大喜び。

    小田急、恐ろしい子。
    こういう幼少期の幸せな経験を刷り込み刷り込み、子供たちを「鉄」の蟻地獄へいざなうんだな。

    いやね、そんなこと言いながら、1号も小田急好きになりつつあるのはどういうことだ。
    なんかね、小さな話だけど、子供と接することに不慣れな男親って、外で子供が親切にされるとすごく嬉しい。

    あとロマンスカーの発着ホームって、まぁこの路線使う人は大半が箱根とかへの旅行客。
    だからなんだろうけど、ホームに殺伐感が全然ない。
    列車の到着を待つ人たちもどこか楽しそう。

    普通、列車が入線する前からわくわくしてるのは鉄道マニアくらいでしょ。
    でもロマンスカーはねぇ、なんか普通の人でさえもわくわくさせてくれる佇まいなんだよな。

    そんなわけで、1号も最近は小田急ファンになりつつあります。
    とりあえず今度の家族旅行は箱根で決まりだな。


    そして2日目。
    2号&3号は保育関係のイベントで外出。
    その隙にちょっとサイクリングへ。



    多摩湖まで、行って帰って約80キロのサイクリング。
    多摩湖の西側の堤防を渡る道、いつもは自転車道上にある人道橋を通るんだけど、今回はその下を走る道を通ってみたら、湖面に結構近い、こんな場所を発見。
    いやぁ気がつかんもんだな。
    来て良かった。

    といいつつ、今回の目的地は多摩湖じゃなくて。

    R1174385.jpg 

    えぇ、いつもの深大寺で蕎麦です。
    最近色々ありまして、ささやかな自分への御褒美。
    敢闘賞なのか、残念賞なのか。
    答えは、いつか出るんだろうか。

    R1174383.jpg 
    早咲きの桜はもう咲きはじめ、寒かったこの冬も帳尻を合わせるかのように。

    R1174381.jpg 

    随分、急ぎ足で春が来たみたいだ。
    空の色も、景色も、乾いた透明感とモノトーンの世界から、少しずつ柔らかさを増してくる。
    そして少しずつ、身体の奥からざわざわと芽吹いてくる、あの感覚。


    そう。

    花粉症。

    やっぱり東京に15年近くいるとねー、いつかはなりますよね。
    あーあ。

    ま、それはともかく、80キロくらいのアップダウンもそんなに無い道のりをロードで軽く流し、うまい蕎麦食べて・・・ってのはとてもお気楽で良いです。
    なんか天麩羅の罪悪感をぎりぎり帳消しにしてくれるくらいの疲労度で、帰宅してからも普通に活動できるくらい。
    あぁ、癒された。


    そして3日目。
    食料品や日用雑貨の買出しに出かけたら、消費税アップ前の特需だかなんだかでトイレットペーパーが跡形も無く完売しててすげーびっくり。
    まぁ、人それぞれ色々な考えあるから・・・だけどねぇ。

    その後、部屋の片付けやら3号と近所まで散歩やらでのんびりとした1日は終わり。
    1-2014031614260000.jpg 

    実はここに、「もうひとつの限界」が。
    3号の乗ってるStriderって、制限体重が23キロ。
    すでに22キロ近くに成長している3号、今まであんまり乗ってなかったけどそろそろこいつも「限界」が近づいてきた。

    そんなこともあって、最近よく乗せるようにしてるんですがね。
    いつの間にか、ちゃんとハンドルを握って足で地面を蹴り、その反動で前に進むようになっていた。


    さて、ペダルつき自転車へのステップアップはいつになるやら。


    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/744-220e2d7f
    該当の記事は見つかりませんでした。