softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    台風一過

    ひたすら雨に祟られた三連休だった。

    1日目、昼まで2号が保育関連の仕事だったので、午後になってから買出しに行こうとしたら、1軒目の八百屋を出たところで酷い通り雨。
    チャイルドトレーラーの前面メッシュ部分を通して3号が思いっきり濡れてしまった。
    メッシュ部分は透明なフードみたいなので覆えるんだが、すっかり忘れてた。
    すまんすまん。


    2日目、どうしても気になる事案があって急遽会社へ。
    雨の予報を信じて電車で向かうも、往路は朝からの雨が上がり、晴天。
    あれ、台風の影響で今日は雨降るんじゃなかったの?

    仕事の方は、まぁ困ったことには変わりないが予想を遥かに凌駕するような悲惨な状況ではなかった。
    とりあえず、今の段階で気づけてよかった。
    人は信用できない・・・というのは間違いで、「信じて頼る」のがいけないのだな仕事は。
    「信じ」て「用いて」いるんだから、こちらがチェックするのは当然の義務。

    でもなんか、胸がシクシク痛いんですけど。
    これって、恋?
    それって、故意?
    あぁ頭も痛い。

    で、帰り道も晴れか・・・とタカをくくって40分ほど歩くコースで帰宅している途中に、かなりまとまった通り雨。
    エスケープできる場所もいまいち見当たらず、渋谷まで傘を差しながらも足元が濡れるままに、まぁこれも散歩だと言い聞かせながら、歩く。

    1-R1173919.jpg 
    渋谷につく頃には雨も上がり、神輿がいくつも練り歩いていた。すごい人出だ。


    3日目、朝から台風が絶好調で首都圏私鉄各線を粉砕・・・している割に、家の周りは風こそすごいものの雨は奏でもないんだよな。

    そんな中、こんな日は家でやることやろう、と。



    コルク材のタイルみたいなやつが結構大量に余っていたので(前の住処で畳の間に敷いていた残りだ)、ふと思い立ち玄関の一角に貼ってみた。

    なんか作業が荒いが、別にこのまま普段から玄関にさらされるわけではなくて、
    1-2013091613000000.jpg 
    畳んだチャイルドトレーラーを置く場所を造りたかったわけです。
    このタイルなら、痛みが酷くなったところだけ張り替えられるし。

    なにせ、3号の体重は20キロに達し、ついに今使っているチャイルドシート、HAMAXの制限体重に近づいてきたわけです。
    近場を走る分には(多分)問題ないものの、やはりこれからはチャイルドトレーラーの使用頻度が今以上に上がっていかざるを得ない。でもそうなると、やっぱり玄関からできるだけ気軽に出発できる体制にしたいんですよね。
    本当は畳まずに置いときたいけど、さすがに分譲マンションではそうもいかず・・・

    とりあえず玄関に置いて、ガシガシと使ってみて、どういう収納形態が一番ストレス少ないかを試してみるしかないな、と。

    そして夕方。
    2号のビアンキ Pisa Sportが調子悪いので何とかしてくれ、ということで、

    • 外れてしまったスタンドの再取り付け
    • リアディレーラーの調整(ケーブルの初期伸びみたいな感じを調整)
    • チェーンの清掃(この前wiggleで買ったチェーンクリーナーを初使用)&オイル差し
    • ぼろぼろになってきたグリップを交換
    • 随分汚れて凄みが出てきたフレーム清掃
    • あちこち、緩みがちだったボルトの増し締め
    • (で、こんなことやってるやりながら夕食用の牛スジ肉を並行して煮込んでたんだよ、すごいだろ)

    1-2013091617520000.jpg 

    ま、変速がスパスパ決まるようになったことと、スタンドがまた使えるようになったこと以外は、意外と気づかないだろうな。
    まぁ整備なんてそんなもんだ。
    でもまぁ、同時並行で仕込んでた牛スジ煮込みも旨くできたので、なんとなく達成感。


    なんか、結果的には、その時の状況でやれることを淡々とやった3連休だった。
    こんな休みも、まぁよしだ。



    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/702-13f01a1b
    該当の記事は見つかりませんでした。