softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    本沢ダムへ

    大変なことになった。

    googleで「自転車 本沢ダム」と検索すると、当ブログの記事が上位にヒットする(6/9現在)。
    いやヒットしても良いのだが、問題は同記事の内容が「津久井湖まで行ったけどそこで力尽きて本沢ダムまでは無理!」とのたまっているということだ。

    これはいかん。
    検索された方は当然、自転車で本沢ダムに行くにあたっての情報を求めているはず。
    それなのにこんな記事に当たってしまっては、怒りもひとしおであろう。
    それは、忍びない。

    という話は置いといて、行ってきました本沢ダム。
    津久井湖の上(?)の方にある城山湖(ダム湖)にあるのが、本沢ダム。
    そして津久井湖にあるのが城山ダム。
    なんでこうなってるんだろう・・・まぁいいや。

    今回のルートはこちら。


     

    本沢ダムのところ、標高的には400m弱で大垂水峠よりはちょっと低いくらい。
    我が家から大垂水峠まで行ってしまうと往復で100キロ越えてしまうので、もう少し手近なところで坂を堪能できるルートを発掘したいと常々思っていて、この本沢ダム行きルートがその用に適するかどうかを確かめたい。

    2013060911130000.jpg 

    ・・・いやぁ、写真じゃ判りませんけど、勾配20%ってのを初めて体験しました。
    もうね、ポジションとか荷重とか以前の話ですよ。
    ひたすら立ち漕ぎで、歩くように上る、上る。

    いやコレに比べたら、大垂水峠のほうがはるかにラクだ・・・

    2013060911320000.jpg 
    ということで、なんとか到着。
    2013060915430000.jpg 

    結構眺めも良い。
    でも激坂上った直後で(なぜか)腹筋が痛いし、GRD3も持ってきてないし、いまいち景色を楽しむ余裕が無い。

    あとから地図で確認したら、航空神社があったり、堰堤までの遊歩道があったりと、ちょっと散策すればよかったかなぁとも思いましたが、とりあえず一息ついてから早々に津久井湖まで下りることに。

    あ、そういえば、駐車場や東屋付近で八木アンテナみたいの立ててる集団がいた。
    ハムの人なのかな?
    でもなんでこんな山奥に?
    まぁ向こうも「何でこんな山奥に自転車で?」って思ってるだろうけど。

    2013060911590001.jpg 

    で、来た道とは別の道を下って三井の橋経由で津久井湖へ。
    ここで昼休憩。
    本当は、この前相模湖に行った時にこの近くのコンビニ、サンクスだったかファミリーマートだったか思い出せないのだけど、そのあたりで買ったでっかいオニギリ(具が何種類も入っている)食べたかったんですよ。そのために三井経由で少し遠回りしてきた。
    でも、何故かそのコンビニにめぐり合えず、無念の手ぶらで津久井湖入り。
    結局、持参してきたクリームブランと現地調達したアイスクリームとドデカミンで凌ぐことに。
    大丈夫、カロリー的には問題ない。

    その後、いつもなら尾根幹線道路経由で帰るところを往路と同じ道走ってもなぁってことで、町田街道~鶴川街道~津久井街道(いや意図的に街道をつないだわけではなくて、ほぼ道なりに走ってたらいつの間にか道の名前が変わっていった)と走り継いで、その道が最後は多摩川と合流。あとはもうあんまり頭使わずに気の赴くままに走って帰宅。
    この道、狭くて車が混雑しているところも所々にあるんだけど、結構よかったな。
    尾根幹線走ってこのルートで帰ってくると、だいたい60キロくらいの道のりになるので、数時間くらいでちょっと坂入れて走りたいなんて時にはいいかも。

    帰ってきてGPS見ると、走行距離90キロちょっと。平均時速23.4kmh。

    あの激坂と全体的なアップダウンの割には、1号にしては結構速い。
    というか今回は少しスピードを意識して走ったんですけどね、でもまぁこの程度ですよ。
    しかし、前回相模湖へ行った時の平均時速から0.5kmhくらい速い今回、距離は100キロ行ってないのにかなり疲労度が違う。
    やっぱり1号にとってこのスピードはまだオーバーペースなのか。

    さらに、全体の所要時間が約5時間。
    前回相模湖に行った時と、休み時間入れた平均速度はほとんど変わらない・・・

    一生懸命スピード上げて走るより、休憩時間を適切に、できるだけ短い時間で取って行くほうがペース上げるより大事なんだな、きっと。
    うーん、奥が深い・・・


    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/679-35c47fd0
    該当の記事は見つかりませんでした。