softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    病が去って今度は事故

    喉の炎症と微熱に悩まされていたのもクスリのおかげですっかりよくなりました。
    やっぱり風邪かな、と思ったらまず耳鼻咽喉科ですな。


    で、あぁやっと調子も戻ってきたと思った矢先。

    朝、本日は諸般の事情で自転車通勤は止めておこうと電車+バスで会社に向かい、バスを降りて歩道に足を踏み入れた途端、歩道を走っていた自転車が突っ込んできた。

    もう、なすすべも無く突き飛ばされた。


    幸い、怪我は頬骨のところを少しすりむいたのと、左手親指の付け根あたりの打撲くらい。
    あとはもう軽い擦り傷だけ。

    ぶつかったときはやっぱり軽くパニック状態になるんだな。
    痛みはほとんど感じない。
    で、本来なら突っ込んできたヤツの連絡先くらい押さえなきゃいけないんだけど、こっちも諸般の事情で急いでたし、気が動転してたんだろうな、「気をつけてよ・・・」とだけ声をかけ、リリースしてしまった。
    相手もこちらに「大丈夫ですか?」と声をかけてきたものの、かなり動転してたしな。


    で、あとから色々考えたんですが、まずコレは大いに反省。
    たまたま大した怪我にならなかったからよかったけど、後から骨にヒビはいってたりとかした日にゃ目も当てられない。
    実際、打撲のところは1時間以上経ってから痛み出した。
    その場じゃ判らない、多分。


    もう1つ考えたのが、もし自分が加害者になった時にどうするか、ということ。
    自分だって自転車乗りなんだから(今回ぶつかってきたにーちゃんはHammarの重たそうな安自転車で歩道を爆走してきたから「仲間」だとは思わないけど)、加害者になる可能性はゼロではない。
    まぁ自転車好きだろうが嫌いだろうが、乗ってる限りにおいてはみんなコレは同じ。
    その時、加害者だって動転するわけで、そこでもし名乗らずに立ち去り、その後被害者が大怪我してたりしたら、最悪警察が動いて当て逃げ・ひき逃げで(つかまれば)逮捕ですよ。
    そのつもりがなくても、絶対逃げちゃ駄目だ。
    かならず、最低限、自分の身元は相手に伝えなければ。

    そういう意味で、ひょっとすると名刺みたいなものを自転車に常備しておいたほうがいいのかもしれない。


    最後に、声を大に。

    歩道は、危ない。
    自分もそうだったけど、「歩道を歩く歩行者」は結局「安心っていう思い込み」に守られて、目をつぶって歩いているようなもの。
    それは仕方ない。だって往々にして歩道は安全なわけだし、そのために作られているんだから、そこに身を置けば身の危険なんて感じなくなるのは当然。
    でも、そこに自転車で乗り入れるのは、本当に危ない。

    やっぱり自転車が走るべきは、車道だ。
    歩行者よりドライバーの方がはるかに信頼できる。
    逆に、車道に出ていながら「歩道の歩行者」みたいなマインドで自転車に乗っても駄目で、やはり車道を車両で走行しているんだっていう自意識を忘れずにもちたい。
    それが一番、安全な気がする。

    やむなく歩道を走るときは、「快適に走る自転車乗り」のマインドを捨てるべきだ。


    それにしても、スーツが破れなくて本当によかった・・・(貧)

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    コソ says...""
    おおっと!
    大事に至らなくて良かったです!
    これがもしお子さんだったとしたらゾッとしますね。
    本当によかった。

    ゆげさんとは違って、僕はもうちょっとで加害者になりかけたことがあります。
    交差点で、僕が侵入したときは青から黄色に変わる時タイミングだったんですが、走行中に歩道側の信号が青になってしまったんです。
    車のスピードなら、黄色で進入しても歩行者が通行する前に交差点を通り過ぎてしまいますが、自転車だとそうならないんです。それを体で学びました。
    これはもう、相手は歩行者だったわけだし、100%こちらの非でした。
    寸前のところでぶつからずにすんだのですが、今でも心に重く残ってます。

    お互い事故には気をつけましょう。
    被害者にも加害者にもならないように。
    2013.04.27 09:21 | URL | #- [edit]
    ゆげ says...""
    コソ さま

    お気遣いありがとうございます。
    心配の言葉かけてくれたのはコソさんだけです(涙)
    本文には書かなかったけど、軽症で済んだのはかなり幸運だったなぁって感じのぶつかり方でした・・・

    コソさんのパターンも危ないですよね。
    1日でも長く、楽しく自転車に乗り続けるために、事故には本当に気をつけたいですね。
    2013.04.27 20:50 | URL | #3/2tU3w2 [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/669-97a33307
    該当の記事は見つかりませんでした。