softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    1号の奇妙な休日 黄昏編

    走る編はこちら
    http://softtail.blog103.fc2.com/blog-entry-659.html
    整備編はこちら
    http://softtail.blog103.fc2.com/blog-entry-660.html

    唐突ですが以前北海道の旭山動物園に行った時、ニホンザルの給餌器がとても餌を取りづらい構造になっていて、その理由が確か「自然界では一日の大半を摂餌行動に費やすのが自然なので、動物園でも餌にありつく為の行動に要する時間を長くしてやる(=餌をとりづらくする)方が、ストレス少ないんです」なんて説明をされたことがあった。

    顧みて、1号がフリーな一日を獲得すると、前回も書いた通り、自転車乗ったり用事を片付けたりしながら、ひたすら今日一日、いつどこで何を食べようか、もしくは(自分の限られた技量の中で)何を作ろうかを考えている。

    で、それが一日の軸になって、食べたいものがあればそこまで自転車で行こうとなったり、作るのであればじゃあ何時までに帰ってこようとか考えたり。 足りない食材は何か、それを何処で買うか、なんてことを色々考える。

    要するに、食べることをメインに一日の段取りを組み立てている。
    これが、意外と結構楽しい。
    決してグルメではないし、料理スキルも一向に上がらないけど。

    これって、要するにサルの摂餌行動の話と同じなんだろうか。
    ウキーッ


    で、2号3号のいない休日。
    自転車で走りまくったり、そこそこ家事やったり、自転車のタイヤ交換したりとなかなかバタバタと過ごしてきたので、日曜日の午後からはゆっくり過ごそう、新しいタイヤの試走も兼ねて深大寺で蕎麦でも食べよう、と言うことに。

    一路、深大寺へ向かう野川CRへ。
    のんびり走りながら、結局考える。

    さて、今回も松葉茶屋で天ざる食べるのか?
    それとも、今回は敢えて趣向を変え、出発前にwebで見た「そばサンド(モスバーガーにある「ライスバーガー」の蕎麦版みたいな感じ・・・だと思っていた)」にチャレンジするか?
    なんかwebで見る限りはそこそこよさげなんだが、1個500円。角煮サンドは650円。
    もり蕎麦が700~800円くらいでしょ(深大寺価格)、どうしたもんか。

    昨日の罰ゲームのことを考えたら、今日は外れ無しで美味しいもの食べたい。
    いや食べたっていいじゃないか。
    2号も3号も長野でうまいもの食ってるんだし。

    しかし、遅めの昼とはいえ、この時間に天ざる食べて夕食はどうするんだ?
    どっちかというと、夕食を充実させ、この愉快で奇妙な、それでいて少々慌しかった休日の黄昏をじっくり味わった方がいいんじゃないか?

    じゃあ夕食はどうしよう?
    酒飲みたいし(いつも飲んでるけど)、時間はあるから牛筋の煮込みでも作るか。
    それに近所のスーパーでパックの寿司でも買って、日本酒でも・・・

    でも、それでいいのか?
    昨日は思いっきり外してるんだぞ?
    万が一、二連敗したら立ち直れるか?
    ・・・


    あぁ、もういいですよね。
    40にして不惑って嘘ですよね。
    孔子よ、おまえ何歳まで生きたんだよ。


    で、結局。 
    R1173110.jpg

    思ったよりは旨かった。
    そばは表面ぱりぱりの中はしっとり。
    具も甘辛い味付けに大葉がアクセントになってて、なかなかうまい。
    でもこれ、敢えて他より150円高い豚角煮を選ぶ必要は無いかも・・・

    いや悪くないです。
    一度は食べてみた方が良い。
    小腹が空いてるレベルなら、これも選択肢としてあり。

    でも腹減ってたらちゃんと蕎麦食べた方がいいなぁ・・・ 

    R1173113.jpg
    少しボーっとしながら、口直しに他の店で300円の甘酒を購入。

    まずくは無いのだが、300円にしてはやや薄い。
    松葉茶屋で400円だして、湯飲みで旨いやつ飲む方が良い。
    まぁ400円の甘酒も高いんだが。

    まぁよし、帰ろう。


    ということで、帰宅途中で牛筋を買い求め、大根と豆腐と一緒に煮込んで食べました。
    牛筋はいい。愚直に灰汁をとって、長時間煮込めば決して不味くはならないから。
    技術のいらない料理ってすばらしい。

    ついでに興味本位で「煮込みにちくわぶいれたらどうだろう」と一緒に買ったんだけど、入れ忘れた。

    どうしよう、ちくわぶ。


    (以上、このシリーズおしまい)

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/661-b8cbb90e
    該当の記事は見つかりませんでした。