softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    鉄さんぽ ふたたび(1号)

    前回の鉄さんぽに味をしめた1号&3号。
    さらに最近、3号はモノレールに御執心。

    なるほど、前回起点に使った山下駅(世田谷線)からスタートして、京王線を八王子方向に進めば高幡不動から「多摩都市モノレール」に乗れる。
    そして終点の多摩センター駅から小田急線に乗れば豪徳寺駅まで帰ってこれる。

    よし、これでいってみよう。 

    R1172647.jpg  

    で、いざ乗り始めると、とにかく京王線は乗り換えの嵐。
    なんせ同じ路線上を「各駅停車」「快速・通勤快速」「急行」「準特急」「特急」が走っていて、おまけに行き先も八王子方面にいくやつと橋本方面に行くやつが調布までは同じ路線を走るので、もう何がなにやら。 

    時刻表をみていただくと、さらに訳わからなさが実感いただけるんじゃないかと。 
    この色分けされたそれぞれ、停車駅が微妙に違う。
    急行停車駅に行きたいならそんなに悩まないんですけどねぇ・・・

    どこに行くのであれ、各駅停車にのればそりゃー間違いなくたどり着くんですが、これだけの路線・系統が走っているとあちこちで「通過待ち」の嵐になって、いつたどり着くものやらって感じなので、結局携帯の乗り換え案内をにらみながら「義経の八艘飛び」さながらに乗換えをしていくことになる。

    R1172646.jpg
    まぁ3号は乗り換えのたびに走る電車や通過していく電車を堪能できるので、それはそれで良いらしい。

    そしてお目当ての「多摩都市モノレール」
    R1172654.jpg
    最初はいまいちピンとこなかったらしく、「羽田空港?浜松町?」とか言ってたが、まぁモノレール特有の視界にそこそこ満足の様子。 
    R1172655.jpg
    終点に着くまで、この特等席は子供たちに占領されていた。
    みんな考えること一緒だ。

    で、終点の多摩センターから小田急に乗って、またこちらもいくつかの乗換えを経て都合3時間程の散歩は終了。

    途中、乗換駅で二人で駅そばを食べ、小腹を満たした。
    子供のころに親父とサイクリングに行ったとき、道中二人で蕎麦屋に入って食べた記憶がなぜか強く記憶に刷り込まれている。
    そのせいなのか、「自転車に乗ってる時」と「息子と二人の時」は蕎麦屋(ラーメン屋でも可)の誘惑に負けてしまうことが多い。


    しかし振り返ってみれば、電車に乗ってそば食って帰ってきただけだ。
    これでいいんだろうか・・・

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    ガク says...""
    お久しぶりです。暫くぶりにお邪魔してみたらRaleigh Carlton-Rとはまた素晴らしくクラシカルなロードを選んだもんですな〜♪素敵ですね(^^)

    3号も大きくなったこと!今度機会があったら「ゆりかもめ」に乗せてあげてください。あれは無人なので先頭車両の最前列に乗らせたら、運転手気分、大興奮間違いなしです!家の子供達も肩車するくらい小さい頃連れて行き大興奮でした。帰りは水上バスっていうのもオツなものですよ♪
    2012.12.17 19:40 | URL | #/pdu0RA. [edit]
    ゆげ1号 says..."Re: タイトルなし"
    ガク さま
    お久しぶりです。

    > 暫くぶりにお邪魔してみたらRaleigh Carlton-Rとはまた素晴らしくクラシカルなロードを選んだもんですな〜♪素敵ですね(^^)

    いやーわからんもんです。
    当初はもう少しとんがった車両ばかり眺めてたんですけどね(笑)
    CRR、すごく気に入ってます。

    > 3号も大きくなったこと!今度機会があったら「ゆりかもめ」に乗せてあげてください。

    あぁ、それいいですね!
    3号も「しんこうつうしすてむ」は憧れの乗り物だと思います。いつも図鑑見ながら叫んでるし。
    ネタ提供ありがとうございます。
    2012.12.18 00:21 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/646-29dc8632
    該当の記事は見つかりませんでした。