softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    雨が夏を洗い流していく(1号)

    徹夜明けの土曜日、天気もぱっとせず。
    巻き返そうと意気込んだ日曜日は一日雨降り。


    そうだ、先週末も雨だったんだ。
    とりあえず「不安定」という文字に目をつぶり、ウェザーニュースの天気予報でもとりあえず夕方まで雨マークはなかったことだけを拠り所に走り始めたら、この有様。
    2012091611140001.jpg 

    また大垂水峠まで行こうと目論んでいたものの、峠の10キロ以上手前で急な雨。
    平地でこの雨なんだから、峠はもっと降るんだろうなぁと判断し、無念の引き返し。
    えぇ、私、なんと言われても自転車に関してはセーフティ・ファーストが信条。

    それにしても、Raleighに乗り始めてから雨に当たることが増えた気がする。
    英国ブランドだけに、雨と相性がいいのか?
    そんなこと考えながら帰路の多摩川を走っていると、日野市との境界あたりにかかっている橋を越えた途端に晴れ模様。
    サイクリングロードを走る人々も濡れている様子はない。

    2012091611250000.jpg 

    しばらく走ってから振り返ると、こんな空模様。
    どんより暗くなっている奥のほう、あっちから走ってきたんですよ。
    だからこんなにずぶ濡れなんです。

    でも繊維産業における技術革新ってほんとすごい。
    サイクリングウェアってほんと、乾きやすい。
    我が家の近くまで来る頃には、まぁコンビニに入っても許されるくらいには衣服も乾いていた。
    吉野家でも、すき家でもいけるくらい。
    ファミレスはちょっと勇気いるか。
    まぁそれくらい。

    で、ちょっとコンビニに寄ってる間に、あっさり雨雲に追いつかれ、最後の1キロでまたずぶ濡れ。


    でも、こんな雨が通り過ぎる度に、少しずつ気温が下がっていく。
    もう9月下旬だし、例年に比べりゃ今年は暑いけど、それでも毎週の雨が少しずつ夏の熱気を流していくんだなぁ、と思った。



    いつも拝見しているブログが立て続けに一休みしだしたり、実生活でも「いろんな息切れ」する人がぽろぽろ出てきたり。
    あまりのタイミングの良さ、いや悪さにちょっと動揺してますが、そんなこと言ったってアカの他人にナニができよう。

    それぞれのリズムが、それぞれの思い通りのタイミングでまたうねりはじめる日を待とう。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/634-b478685e
    該当の記事は見つかりませんでした。