softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    6月おわったなぁ(1号)

    先日Facebookを始めた2号が1号経由の友人(男性)に友達申請したところ、しばらく彼がプロフィールをメンテしてなかったために(大書するがこのことは決して彼の落ち度ではない)、勝手にプロフィールの「恋愛対象」が「同性」に設定されており、かつそれが「公開設定」になっててびっくりした・・・という話を会社で昼飯食べてる最中に話した途端、みんないっせいにうつむいてスマホいじり始めたのが最近一番びっくりしたこと、でおなじみのゆげ1号です。

    おまけに
    「だめだ、スマホからじゃ設定の変え方判らなねぇ・・・」
    と肩を落とした上司殿、強く生きろ!


    R1172095.jpg  
    ひさしぶりのF20-RA。
    P20を買ったタイミングで札幌の実家に転勤し、去年の札幌疎開時に現地での通勤用に使ったり、帰省時のサイクリングに活用していた相棒。
    かれこれ1年ほど前からヒンジ部分の軋みが気になっていたのを、今回意を決して点検の為に東京へ帰還。

    でもねぇ、不思議なことに札幌では結構ギシギシが気になっていたのに、いざこちらに運ばれて来て乗ってみたら、何故かギシギシ音が止んでる。
    うーん、なにか察したか?


    で、とりあえずいつもの自転車屋さんに預け、とりあえず全体的に点検してもらうことに。
    まぁ他にも不具合はちょこちょこ出てたので、それも併せて。

    自転車屋さんの新店長(代行、と本人は仰っていましたが)、仕入れ管理とか諸々の店舗管理業務が大変だ、と。
    そうだよね、管理業務って大変だよね。
    慣れたら苦もなくこなせるものなのだろうか。



    ここから先、未来への備忘録。

    2012年6月はいろんなことがあった。
    消費税の増税が(ほぼ)決まり、震災後初めて原発の再稼動が決まった。
    で、与党の民主党は案の定分裂が決定的となり、こんな政治のありように抗議のデモが近年まれに見る規模で発生した。
    官邸周辺に20万人近くだそうだ。


    あんなにとんでもない震災と事故を経て、そして真夏の節電やら計画停電を経て、いまだに「原発は必要なんですよ、なかったら産業も生活も成り立たないんですよ」派と「危ないし無くしても何とかなるんだから即無くしなさいよ」派の議論になってる時点で、もう我々は駄目かもしれない。
    今すぐ原発からの電力供給止めて(大飯以外はすでに供給してないけど)も発電所が「安全な状態」になるのは数十年後ってのもその通りだし、技術の問題じゃなくてこんないい加減な我々なんだから一回原発を再稼動させちゃうとそこから先はなし崩しになっちゃうだろうって危惧もわかる。
    でも、自分の意見のボリュームをどれだけ振り切っても、でもってその想いの仲間をどれだけ増やしても、相手側が主張している事実は決して無くならない。
    聞こえなくはなるかもしれないけど。

    で、それで満足しようとしている時点で、もうそんな我々の末路は北斗の拳ワールドみたいな荒野のような気がしてならない。

    いや自分たちはね、もう自業自得なんでやむなしとも思えるんですが、子供のこと考えるとね。


    彼の人となりから窺うに、一子相伝の暗殺拳を極めて世紀末救世主になることも、暴力で人を率いて子供たちに自分の城を人力で造らせるようなことも多分無理。
    そもそも一子相伝って時点で無理。いやどうしてもって言うならこれから空手にでも少林寺拳法にでも新日本プロレスにでも入門するけどさ、もう多分手遅れ。


    もうさ、そうなったらトゲトゲついた肩パットつけてモヒカンヘアー(のカツラでも可)になってでもいいから生き抜いて欲しい。

    なんか、ほんとにすまん。


    なんてこと書いてたら2号がこんなツイート教えてくれた。
    https://twitter.com/hatunemiku5/status/218929483846135809/photo/1

    その柔軟性があれば、我々の未来も捨てたもんじゃないかも(笑)

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/618-be36d9c1
    該当の記事は見つかりませんでした。