softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    あと10年は戦える・・・?(チャイルドトレーラー補足:1号)

    あぁ、この話が尻切れになっていた。
    もう少し補足。

    今回購入したチャイルドトレーラー、BurleyのHoneyBee。
    購入店舗はこちら。
    http://smartcarry.shop-pro.jp/
    対応も迅速ですし、販売価格も良心的。
    というか、今確認したらウチのブログをリンクしてるではないか!
    なんだよー、言ってよ~知ってたらもっと宣伝したのに(笑)

    おまけに、現在レビュー書く代わりに割引価格で購入できるキャンペーンやってるではないか!
    http://brog.smartcarry.shop-pro.jp/?eid=808751
    あぁ、購入を急ぎすぎたか?(笑

    このショップのブログ(上記リンク)にも書かれてますけど、実はウチも元々は「牽引機能」だけあればよかったんです。
    もっと言うと、子供乗せる機能すら要らないと思っていた。
    でも色々考えて子供も乗せられれば荷物も運べるし、ベビーカーにもなれば利便性も増すし、だからといって他製品より割高になるかっていうとそうでもない。
    唯一のデメリットはサイズが少し大きくなること。
    それでも、折りたたんだらこんな大きさです。
    R1171929.jpg 
    家の中に十分保管できます。
    ちなみに、組み立てにはちょっとコツが要る。
    慣れるまでは5分~10分くらいかかるか。
    まぁ、不器用ですから自分。

    もうひとつの我が家における考慮ポイントは、こちらでも書いたとおり「シートポストで牽引する」タイプじゃなくて「後輪の車軸で牽引する」こと。
    これができないと、後ろ乗せ式チャイルドシートと共存できない! 

    これなら、我が家のように複数自転車がある状況でも、トレーラー引いたりチャイルドシートつけたり、その両方を1台でまかなったりが柔軟にできるわけです。 

    R1171920.jpg
    CrossRider(クロスバイク)でも引けるし(横幅もこんな感じです)、
     
    R1171921.jpg 
    小径車のBianchiでも問題なく引けます。
    トレーラーのホイールサイズも20インチ。bianchiと同じ。
    ちなみにタイヤはちゃんとチューブ式で、口金は米式。
    さすがアメリカ製(笑)


    最後に。

    一人ではチャイルドトレーラーに乗車拒否モードの3号ですが、友達と一緒だと喜んでのりやがったりします(笑)
    あと、出先で寝てしまったときにつれて帰ってくるのはラクだろうなぁ、と。

    他の家庭でどうかは判りませんが、チャイルドシートの開放感が好きな子供には、ちょっと抵抗感あるかもしれませんね、トレーラー。
    ま、こればかりは子供次第ですから。

    ということで、これからも大活躍してもらうことになりそうです。
    ちなみに、今回の引越しでも「荷物運び」に大活躍してくれました。

    今後ともよろしく>Burley
    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    フェアトレード店主 says..."いつもご愛顧を有難うございます。"
    ゆげ様

    お世話になっております。
    弊店サイトでのコメントを有難うございます。返信させていただきました。
    http://brog.smartcarry.shop-pro.jp/?eid=808751

    どうぞこれからも宜しくお願いします。

    Burley店長
    2012.05.17 02:54 | URL | #- [edit]
    ゆげ1号 says..."コメントありがとうございます"
    店長 さま
    コメント&其方のブログでの返信ありがとうございます。

    Burley、本当にコストパフォーマンス高いと思います。
    また、これだけコストパフォーマンス高く提供するのは代理店としても本当に大変だと思います。
    せっかくこんなに良いものを入手させていただいたのですから、しっかり使い込もうと思います。
    2012.05.18 01:12 | URL | #qjnCygH. [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/605-b0fa2aa1
    該当の記事は見つかりませんでした。