softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    あと10年は戦える・・・?(チャイルドトレーラー初陣:1号)

    いやなんつーか、生活がめちゃめちゃ忙しい。
    住処を手に入れるのって、結構大変・・・

    ということで、2号にも是非「家の話」を書いて欲しいのだが、まぁしばらく無理っぽいので粛々とチャイルドトレーラーの話。
    今回購入したBurleyのHoneyBeeを引っ張って、いざ初陣。

    R1171943.jpg 
    まぁ要するにこれがやりたかったわけです(笑) 

    R1171950.jpg 
    2号の友人御家族と一緒に、河原で肉の日、開催。
    いざ、チャイルドトレーラーを実戦投入。


    我が家からはバーベキューセット(使い捨て・これは結構便利だった)&追加用の炭&焼く食材色々&どーせ入水するに違いない3号の着替えやらタオルやら何式かを持っていきました。いままでの自転車だとちょっと無理な物量。

    で、これくらいの道具量なら全然余裕。
    というか「座席部分」と別に後部に用意してある「荷物収容スペース」にほとんど入ってしまいます。なので座席部分には3号に座って欲しかったのだが、どうも彼はこの最強に強まった比類なきカッコよさを撒き散らしながら失踪するクリーンエナジートランスポーター(引越しの片付け中にスタパ斎藤氏の本を何冊も発掘してしまい一時的にスタパ病に感染中)に、「逆らい続けあがき続けるボクを縛り付けるベビーカー」の影を見たらしく、いまいち乗りたがらない。

    まぁ子供を乗せる目的で買ったわけではないし、彼はこっちよりHamaxのチャイルドシートで風を求めてうぉ~うぉう、風がどこに行こうとしてるか、みんな知りたくないかーい!的な、児童心理学でいうところの「尾崎豊期」なのでまぁいいか、と(一部嘘)。

    そんなかんじでチャイルドシートに子供をのせ、ついでにトレーラーも引いて走ってみました。

    これが、びっくりするくらい大したことない
    いやなんというか他の表現が思いつかないのですが、もちろん引っ張ってる感覚はあります。
    でも、そもそもトレーラー自体が10キロ弱の自重を持っていることを考えると、負荷は全然大したことない。
    平地とかだと、「自分はトレーラー引いてるんだぞ」ってことをちゃんと意識しておかないと逆に危ないかもしれない。
    狭いとこすり抜けようとしたりすると当然引っかかりますから。たぶん。

    最大積載量は45キロくらい。
    また設計がよくできてるなぁと思うのが、座席後部の荷物収納スペースのサイズは確かに10~15kgくらいのものを収容できそうな空間なんです。
    なので、最大で幼児二人(双子の5歳児とかだと苦しいかも)と10キロくらいの荷物を運ぶってのを想定してるんでしょうね。
    もちろん、我が家の当初の目的である「荷物だけ」であればもっと使い出はあって、まぁ大型家具とかじゃなければ大抵のものは運べそうです。

    ということで、今回の「肉の日」でひとつ反省すべき点。
    分担的に、飲み物もこちらが調達して運ぶべきだったかなぁと。
    まぁ調達って「運ぶ」だけじゃなくて「選ぶ」という仕事もあるし、持ってきていただいたものが今回も美味しかったので難しいところなのですが。


    あと、バーベキュー(ちなみにこの表現、北海道人にはいまいちしっくり来ない。外で肉を焼く行為は「焼肉」もしくは「ジンギスカン」なのだ)にチャイルドトレーラーを持ち込んでよかったのが、「現地でカート代わりに使える(でかいけど)」ってことと「子供が寝落ちしたときにテント代わりに使える」こと。
    なかなか便利でした。

    そんなわけで、肉の日、楽しかったです。
    ありがとうございました。
    2012041513580000.jpg 
    3号、それは風呂やない、川だ。



    Burleyの初陣もかなり好感触だったのですが、ひとつ想定外のことが。


    それは、驚くほど目立つということ。
    いやー道行く人にガン見されるされる。こんなに人に見られたの、雑誌でグラビアやってた頃以来じゃないか(「月刊廃棄物」とか「ゴムと油脂」とか)。
    嘘ですよ一応。

    おまけにみんな、「きっと中に子供入ってるんだろう」と思って中を覗き込むんですよね。
    ごめんなさい、そこには生肉(焼肉用)しか積んでないんです(苦笑)

    この点以外はかなり満足感高いです。
    いや別に目立つのはburleyのせいじゃないし、デメリットではないんですけどね。
    安全性を考えたら目立つほうがいいんだけどさ。


    そんなわけで、burleyの初陣はとても幸せな一日でした。


    チャイルドトレーラーネタ、もうちょっとだけ続けます。
    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/601-0b835fe9
    該当の記事は見つかりませんでした。