softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    CrossRiderのホイール交換 調達編(1号)

     唐突ですが、2号が提唱する

    機動戦士ガンダム最終話の名台詞
    『あんなの(=脚)飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ』
    ってのは、アニメの制作スタッフがプラモデルメーカーへ
    「ロボットの方がプラモ売れるからって、何でもかんでも脚つけさせるんじゃねーぞ」という心の叫び
    を代弁させたんじゃないか

    という仮説に激しく頷いたゆげ1号です。
     
     それはともかく、こちらでちょっと触れたとおり、結局買っちまいましたよCrossRider用の新しいホイール。

      購入したのはM:Wheelってとこで組んでいる完組ホイール。
    R1171830.jpg
    ダンボールでかい。
    ちなみに運送会社が前日郵便受けに入れていった不在通知には差出人欄に「イギリス」って書いてあった。

    R1171832.jpg
    ホイールのパーツ構成は以下の通り。
    リム :Mavic A319(バルブは仏式/米式両対応)
    ハブ :Shimano Deore
    スポーク:DT Swiss プレーンゲージスポーク
    クイックリリーススキュワー:付属

    ハブにDeoreを使っているため、後輪のハブ軸寸法(OLD)がMTBやクロスバイクで使える135mmとなります。

    で、これだけじゃ自転車に取り付けても走れない。
    後輪にはチェーンを受けるためのスプロケット(歯車の束)が必要。
    これは今使っている変速機に合わせて選ぶ必要があるのでShimanoの8速用を選択。
    製品名はShimano HG50 8 Speed Cassette 
    R1171826.jpg 
    ロード用を選択していますが、MTB用でも問題なく使える。つーかもともとはMTB用が付いていた。
    MTB用の方が低速ギアと高速ギアの歯数差が大きいので、速度域のレンジを広く取りたければMTB用が良いんでしょう。

    次。
    クイックリリーススキュワーという、自転車とホイールの脱着をレバー一発で可能にしてくれるシャフト&レバー。
    これはまぁ安いのを・・・ってあれ?スキュワーって付属してたんじゃ?
    ・・・いやまぁ、ついうっかり付属して無いもんだと勘違いして(涙)
    まぁ、無かったことにしてください。
    ちょっと勇み足。

    これでパーツは揃った・・・と思ったらまだ落とし穴が。

    その1:リムテープ(リムフラップ)
    リムとチューブの接触面に張って、チューブがリム上にあるスポークの根っこに当たってパンクしないようにするテープ。
    R1171827.jpg 
    2つ買ったけど、1つ買えば2本(前輪・後輪分)付いてきます。
    1つは予備。 なんせ不器用なもんで・・・ってごめんなさい、嘘ついた。
    だって2本ついてるなんて何処にも書いてなかったんだもの。
    これもちょっとした勇み足。

    その2:カセットリムーバー
    後輪のハブにスプロケットを取り付ける時に必要(取り外す時も)。
    R1171828.jpg 
    こいつらは後から慌ててamazonで購入・・・。
    ま、そんなに高価なものではないのでいいか、と。

    ちなみにこのほかに「チューブ」と「タイヤ」も当然必要ですけど、チューブはこれを記に米式⇒仏式に切り替えようと思って事前に買っておいたので準備済み。
    タイヤは今履いているいるものを使いまわすので不要。

    あと、スプロケットを「取り外す」為のスプロケット抑え(チェーンウィップ)工具も買っちまいましたが、
    「取り付ける」時には不要。

    今回、いったい何歩勇み足してるんだ

    これだけ揃えてだいたい18,000円くらい。ホイールだけだと前後で15,000円くらいなので、まぁShimanoのクロスバイク用完組みホイールが20,000円ちょいすることを考えてもまぁお得といえるでしょう。

    なんか、職場のボスが「俺のクルマのアルミホイールは1本4,000円だけどな」って言ってるのは空耳かな。


    で、いよいよホイールの交換作業ですが、偶然今月号の「自転車人」にスプロケットの脱着方法が載っていたのでそれを参考に。
    あと楽天市場に出展している「be.Bike」のWebサイトにも手順載ってますね。
    カセットスプロケットを交換する。 

    ちなみにBe.BIKEのWebサイトには「メディカルセンター」というコンテンツがあって、そこには自転車の整備関連の情報がかなり充実しています。おすすめ。

    続きます。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/586-8599407f
    該当の記事は見つかりませんでした。