softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    Seek R3へのスパイクタイヤ装着 そのいち(1号)

     なにやら先日のINOU雪道データ、オンライン/オフライン共に(Softtail.logにしては)随分な反響でした。
    どっちかというとネガティブな(笑)

     ま、良いんですそれで。
    INOUが写す景色は、そりゃまぁ秘境やら世界遺産を撮るのならともかく、そこらへんを走って撮った映像なんて究極的には「撮った人にしか響かない」と思う。
    その映像と、それが収められた瞬間に想ったことのつながりは、本人にしかわからんもんね。


     さて今回は2号の実家に配備されているSeek R3へのスパイクタイヤ装着話。
    元々こいつには購入店のアドバイスに従い、前輪だけスパイクタイヤを用意していました。 

     まぁこれでも良かったんですが、どーせなら後輪もスパイクタイヤ履きたい、ってことで色々検討し、実のところ本当に使えるかどうかは確証なかったんですがMarathon Winterの32CモデルがあったのでそいつをWiggleで購入。
    Seek R3で採用されているリムは大体28C~38Cくらいまでのタイヤサイズをサポートしているので、32Cならまぁ履けない事はないだろう。元々ついているタイヤも32Cだし。
    最悪、どーしても駄目なら親父に譲ったCrossRider(元々2号が乗ってた方)に使ってもいいし。
    親父がそれを望むかどうかはこの際置いといて。

     で、帰省するや否や、実家を送付先にしてwiggleに発注してたスパイクタイヤを2号の実家(判りにくい話で恐縮ですが、1号と2号の実家は同じ市内)に持ち込み、そこに鎮座しているSeekと久々のご対面。

    あ、ガレージ保管とはいえ、さすが2号しっかりしてる。
    ワイヤー錠でフレームと後輪をロックしてるわ。
    大事な自転車だもんね、錠は基本。

    1号「あのさー、Seekをロックしている錠の鍵、貸して~」


    2号「は?」

    ・・・あぅ、これは想定外。

    つづく

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/582-8ece2d61
    該当の記事は見つかりませんでした。