softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    おまけ 羽田空港編


    あっという間に帰省終了。東京に帰らねばなりません。新千歳空港で道産品で腹ごしらえしました。
    牛乳ジンムス摩周湖の水
    空港の軽食コーナーで飲める牛乳は成分無調整の低音殺菌牛乳なので、よく振らないと生クリームが浮いてきてしまう代物。クリーミーで甘いです。ジンむす(ジンギスカンおむすび)は私は好きですが、一般受けするかどうかは微妙ですかね。くせのあるにおいなので。


    そうして、戻ってきました。羽田空港です(顔は隠しています)。
    羽田空港改

    今回の帰省プランのひとつ、「北海道ロングサイクリング」は達成されたのですが、実はもうひとつぜひともやってみたいプランがありました。それは、おそらく東京のサイクリニストが一度は考える夢のルートを走ること。ある人は「根性で行ける!」といい、ある人は「道交法に違反する」といい、ある人は「途中まで行ったけど、怖くてもどってきちゃった…」というそのルート。
    「自転車で羽田空港まで行っちゃうぞ」ルートです。
    法律に触れることは嫌ですが、いろいろな人の体験談を調べたところ、どうも車道を使わなくても行けそうなんですよね。

    行きの東京は土砂降りの雨だったため断念したのですが、帰りの東京は北海道から帰ってきたことを後悔するような蒸し蒸しの上天気。ところが、頼りのnuvi360が電池半分、更にせっかく調べたルートを家に忘れてきていたのです(読み込んだので、なんとなくは覚えていたのですが)。とりあえず自転車を組み立てたものの、どうすれば多摩川沿いに出られるのか。なんとなく人にも聞きづらいし、ゆげ1号・2号間でかなりの逡巡があったのですが、「このまま考えていても暑くて死ぬし、nuviの電池がなくなる」「自転車をもう一度たたむのも面倒だし」「どうしても行き詰ったらタクシー呼ぼう」とのやけっぱちでとりあえずスタートしました。


    ちなみに参考にさせていただいたルートはこちらです(とはいえ、うろ覚えで走って迷ってしまったので、その通りに走っていないと思います)。
    http://www.ganymean.que.jp/map/turumi/haneda/
    まずは北のほうへ。
    羽田脱出1
    羽田脱出2
    基本的に歩道を走るので、危ないことはないのですが、石畳なので振動がきっついです。
    羽田脱出
    羽田脱出6
    歩道ですから走りやすくはないのですが、階段には自転車用のスロープがついているし、「自転車走行不可」ってわけではなさそうです。普段は見られない角度から空港内や飛行機を見られるのはわくわくしますね。
    羽田脱出4
    下りてから振り返って撮りました。この階段を使うのが車道に出ることなく羽田空港を脱出(もしくは侵入)するポイントだと思います。
    羽田脱出3
    トンネルを潜り抜ければ一般道にでられるはずです(写真は向きを間違えてるかも)。トンネル内では下りでスピードがでますが、暗い上に路面状況が悪く、ごみも落ちているので、ブレーキをかけながらゆっくり行くべきでしょう。トンネル通過中に振動が激しすぎて、先頭を走っていたゆげ2号の自転車からペットボトルが後方へすっとんでいってしまい、ゆげ1号を死ぬほど驚かせてしまいました。ペットボトルは車道へ転がっていって回収不能に(ごめんなさい)。すっとんだのが大事なものだったら泣くになけないので、十分注意したほうがよいと思います。


    トンネルを越えるとこんな風景が広がっています。
    羽田脱出7
    左手は多摩川、右手に見えるのはモノレールのレールです。少し待つ気があれば、モノレールが地下にもぐっていくところが見られます。が、暑いし、空気は悪いし、臭いし、環境は悪いです。
    左手を見るとこんな感じです。
    羽田脱出8
    このまま、まっすぐにこいでいくと、大鳥居に出られます。
    羽田脱出9
    やっと出た~!


    というわけで、車道に出て危ないことをしなくても羽田空港まで行き来ができることがわかりました。ただ、空気は悪いし、路面も悪いし、「走って気持ちがいい」ルートではけしてありません。しかし、普段は見られないところが見られたり、飛行機の発着を間近で見られる魅力がありますし、一度行ってみてから「もう行かねぇ!」と言うのもいいかもしれません。


    もし行ってみたいと思う方は、落し物をしないよう大事なものはしっかりバッグに入れておくこと、けしてあせらないこと、トンネルを越えたら左側の歩道に渡ること(おそらくベストルート)に注意してください。


    我々は怪しい風体で走り回って写真を撮り、いろいろなところで職員らしい人とすれ違いましたが、注意されることはありませんでした。前述している通り、階段が自転車が通ることを想定した作りになっているので、歩道を走る限り空港内へ自転車侵入不可ということはないと思います。ただ、一般人が侵入不可の場所もあるでしょうし、事故などがあれば今後通行が不可能になることもあると思うので、遠慮しながら走るに越したことはないかと。


    今は「もう行かねぇ!」と思っていますが、辛さを忘れたころにまた行ってしまうかもしれません。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  1 trackback

    2 Comments

    haneda try says..."一度行きました…"
    もう一度行ったら行きたくないな…
    と最近思いました。
    2008.09.24 21:25 | URL | #- [edit]
    ゆげ(1号&2号) says..."もったいないですよね"
    haneda tryさま
    コメントありがとうございます。
    あの残念さを共感した方がいらっしゃってちょっとうれしい(?)です。

     正直なところ羽田空港に行くだけなら、折りたたみ自転車だったら大鳥居とか周辺の京急orモノレールの駅から輪行した方が全然楽です・・・

     羽田近辺は自転車で楽しめるスポットも多いのに、本丸(?)の羽田空港への道はあまりに険しいんですよねぇ。空港には駐輪場も見当たらないし(まぁ自転車でやってくるなんて想定外なんだろうな)。

     自転車乗りとしては本当に残念です。
    2008.09.25 01:15 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/56-6bf99b99
    羽田空港
    羽田空港東京国際空港(とうきょうこくさいくうこう、Tokyo International Airport)は、東京都大田区羽田空港にある日本の空港|第一種空港。空港コードはHND/RJTT。通称は羽田空港(はねだくうこう)。概要1931年(昭和6年)8月25日開港。日本最大規模で
    該当の記事は見つかりませんでした。