softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    悪魔の囁き 前編 (1号)

     まぁなんつーか、自分が今置かれた環境でもっとも頑張った先に待っている景色を薄野のスナックでチラ見させられてこりゃびっくりなゆげ1号です。
    いやその景色にびっくりしたんじゃなくて、そんなこと部下に話して良いんだってことに。

    まぁいい。
    先刻の、あの(薄野の)悪魔の囁きは、あれは夢だ。悪い夢だ。忘れてしまえ。
    どーせ良くも悪くもない話だ。


     で、本題。
    実は以前から不調を抱えているF20-RA@実家。
    そろそろ本格的にヒンジ部分が不安になってきた。

    実家に帰る頻度はそこそこ。
    で、住んでいた頃に味わえなかった北海道自転車ライフを取り戻すためにも、やはり実家に自転車を置いときたい。

    なぜか。

    今、帰省の度に輪行は無理。
    3号@魔の3歳児と自転車、一緒に運ぶのは流石に不可能。

    サイクリングヤマト便という手もある。
    ただし北海道まで運ぶと、片道3,500円くらいかかる。
    1年に3回(冬はカウントしない)帰省すると仮定し、かかる運送費は21,000円。
    3号がある程度オトナになって、4年後には輪行可能になるかもしれないが、そう仮定すればそれまでに要する運送費は84,000円。
    そんでもって輸送時の破損リスク(これは経験済み:チェーンリング曲げたり)もちょっと加味すると、だいたい「都度自転車を運送する総費用」は10万円くらいと考えてよい。
    まぁ仮置きした数字には恣意性を含む疑惑もあるかもしれないが、まぁそこには目をつぶるとして、斯様に考えれば実家に10万円くらいの自転車を置いといて帰省の度に乗り回すっていうのは収支トントンなわけです。
    それでいて、普段乗っているやつとは違う自転車を楽しめる。
    おまけに一般的真理として知られている「帰省時の体重増=飲みすぎ+食べすぎ+運動不足」という方程式の右辺第三項パラメータ削減にも貢献するわけですから、そりゃもう「人生の収支はプラス」なわけです。

    そんな風に内なる悪魔(かなり理屈っぽい)が囁く。
    先刻の、あの悪魔の囁きは、あれは夢だ。悪くない夢だ。


    そんな悪魔の囁きに誘われるかのように、いつもの自転車屋さんへ。

    実はここの店長、1号にとってある種の「良心の番人」でして、1号の無意味な物欲に対しては「あーちょっとそういうのはないですねー」と結構軽くあしらわれる。
    今回も、心の底でそうやってあしらわれることをちょっと望んでいたのかもしれん。

    で、お店でちょっと相談。
    長らく活躍してくれたF20-RAがそろそろ本格的にへたってきたこと。
    とはいえ、パーツには結構投資してきたのでこいつらは何とか活かしたいこと。
    北海道で自転車を楽しむにあたり、やっぱり輪行との親和性の高い折り畳みが個人的には譲れない条件だってこと。

    店長、「うーん、今あるのはこれくらいですかね」
    と、ある折り畳み自転車のフレームを倉庫から出してきた。
    予算的にはフレーム代+パーツ載せ換え工賃+α(流用できない部分)でまぁ上記の予算(ってどこからその予算出るの?)くらい。
    普通はフレーム売りなんてしない車種。
    うーん、やはりこういう掘り出し物は実店舗ならではだなぁ・・・

    この時点では、しょーじき、かなり気持ちは固まっていました。
    あとは2号をどう丸め込む、いや誠心誠意気持ちを伝えるか、かなぁ・・・と思いながら、ちょっと肩の荷が下りたのかつい、

    1号:いやぁ、こうやって折り畳みとかミニベロばかり物色してるからいつまで経ってもロードバイク買えないんですよねぇ(笑)

    店長:・・・なら、いっそのことロード買っちゃえばどうですか?F20-RAに積んでるROTORのクランクとか、ロードに載せ換えても良いじゃないですか。

    1号:(ギクッ、そういう展開?)いや、でもこちらでロードは扱ってないでしょ?

    店長:いや、基本的にあちこちの問屋と取引あるんで、別にロードバイクでも扱えますよ
    (注:まぁこの店、リカンベントとかもがっちり扱ってるから技術的には対応できるんだと思います)

    1号:いやー、まぁ、本当はいつかクロモリロード欲しいなぁって思ってはいたんですけど・・・パナソニックのクロモリとか(なぜか恐る恐る)

    店長:あー、あれ、僕も持ってます。良いですよぉ。でも個人的にはAnchorのクロモリがお勧めですねぇ。あれ、時々職人が気合入れて仕込んだ限定品が出るんですよね。あれ欲しいんだよなぁ・・・

    1号:そ、そうなんですか・・・(と、コソ(-フ)さんのことが頭をよぎりながらちょっと惹かれてる)

    店長:あ、でもうち、ブリジストンと取引ないんで、もし買うんなら他の店でフレーム買ってきてください(笑)


    ・・・あぁ、ここにも悪魔がいた。
    自店の在庫を減らすことより、客が自転車魔道に落ちることを優先する、タチの悪い悪魔が(笑)

    とまぁ、こんなことがあって、今揺れてます。


    悩みつつ続く。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    コソ(−フ) says...""
    ネオコットは地味に人気あるんですよねぇ。決してコスパが高いとは思わないんですが。

    でも買ったらどうするんですか?
    北海道にロードを置いておくわけですか?
    それとも?
    2011.11.09 08:08 | URL | #- [edit]
    ゆげ1号 says...""
    コソ(ーフ)さま

    > でも買ったらどうするんですか?
    > 北海道にロードを置いておくわけですか?
    > それとも?

    そうそう、そこが問題なんですよ。
    そこに触れるの忘れてアップしちゃいました(笑)
    2011.11.09 23:22 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/557-1d4405b5
    該当の記事は見つかりませんでした。