softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    雑記(1号)

    できるだけ更新頻度を取り戻すために、どうでもいいことでもどんどん書いていく方向で。


    ■勧めてるのか止めてるのか

     先月に引き続き、我が職場は今月末にも北海道への節電疎開「オペレーション・ススキノ」(と今命名)を計画してます。
    夜の店を開拓しまくるものあり、つかの間の単身生活を満喫するものあり、そして前回折りたたみ自転車を持ち込んだものの、雨に祟られて満足に走れなかった某君、それでも雨の合間を縫って豊平川サイクリングロードを走ったりして、結構楽しかったらしい。

    某君:なので、また休暇と組み合わせて、北海道の他のサイクリングロードも走ってみたいんですよ~

    同僚:でもさぁ、北海道って車道も広いし、わざわざサイクリングロード走る意味あるの?

    ゆげ:
    いや、交通量多いところはかなり自転車にやさしくない道路も多いし、交通量少ないところは熊が出る(笑)
    そういえば、札幌の北の方にビバイって町があって、そこに鉄道跡地を使ったサイクリングロードがあってね。
    そこが閉山した炭鉱の集落、ガロって所を通っててさ。
    まぁなんつうかとても「過去に取り残された闇ばかり(
    gossy氏ブログより引用)」な感じで、危険な感じとはちょっと違った怖さを湛えた地なんだよ。

    で、その先を進むとさぁ・・・びばい湖という人工湖があるんだけど、そこに至る道がねぇ・・・よく北海道の代名詞で「熊出没注意」って看板あるでしょ。そこは「熊生息地」って書いてるんだわ。

    うん、是非おすすめ。

    某君: ・・・

    北海道サイクリング、是非とも堪能してね、某君。

    しかし、コソ(ーフ)氏はよく自転車でびばい湖まで行きましたね。
    わたしはgossy氏に車で連れて行ってもらいましたが(雨だったし)、サイクリングロードまでならまだしも、あんなところまで自転車は絶対無理です(笑)

    とまぁ、走ってもいない道の話を借り物の話だけでペラペラと、まさに「講談師 見て来たように なんとやら」な社内食堂のひとコマでした。


    ■雨雲との鬼ごっこ、そして何故か重い足取り

     この時期の東京はなかなか天候が不安定。
    油断していると激しい夕立なんかに酷い目にあわされることも。
    夕方、帰り道の西空がどす黒かったりするとちょっとどきどきしながら帰宅します。
    なんせ、泥除けも無い自転車ですから。

     その自転車通勤号、CrossRider。
    最近なんか乗り味がもっさりと重い感じがする。一応注油も空気圧管理もそこそこやってはいるのだけど。
    なんでだろう・・・なんか帰りに少し遠回りする気にもあんまりならない。

    自転車の問題か。
    こっちの体の問題か。
    気候の問題か。

    はて。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/509-fe803021
    該当の記事は見つかりませんでした。