softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    2011GW その3~ブロンプトン試乗~(ゆげ1号)

     あぁ、連休終わった途端に怒涛の仕事ラッシュできりきりする日々。
    ちょっと生活のギャップがでかすぎて、ダウン気味です。


     ということで随分日が経ってしまいましたが、GWねたの続き。
    今回はやっと、帰省中にごし氏と遊んだとき(前編後編)、彼のブロンプトンS3Lに試乗させてもらったのでそのときの感想。

    先に結論書いちゃうと、当たり前だけど自転車としてとても良い出来だと思います。
    あの、パソコンだってHPのパビリオンなんていうHPよあんたコンシューマ向けPCなんて止めときゃエエのに的なパソコン選んだり車もちょっとひねったメーカー選んだらそのメーカーが日本撤退したりとひねくれぶりを思う存分発揮してきたG氏(プライバシー保護のため仮名)が素直に大絶賛するのもうなずける、良い自転車だと思います。
    その前提をおきつつ、いうまでもなく、あくまで素人の私見なのでもし気に障る表現があっても笑って許してください>各位。


     エルフィンロードの入り口でごし氏のブロンプトンを借り受け、数キロくらい?走ってみました。
    道のりはほぼ平坦。実際はちょっと上り勾配のはずなんだけど、ほとんど上りとは意識しないくらい。

    うん、柔らかい乗り心地。
    柔らかいといってもぐにゃぐにゃした感じではなく、かといって全体がしなるって感じともちょっと違う。
    これってフレームというより、サスペンション?の効果なのかなぁ、って思った。
    いや、正確に言えばブロンプトンの後ろについているアレは「後輪を支持しているスイングアームの動きを押さえつけてるダンパー」なんだろうけど、快適さというより走行性能に結構寄与しているんじゃないかと思う。
    (個人的には、小径車で少し硬めのリアサス(KHSのソフトテールも含む)で後輪を地面に押し付けるってのは、理にかなってると思ってます)

    おぉ、こういう事書くとなんか工学系の人っぽい!
    えぇ、一応工学部出身ですから。
    やってたのは「神経」なんで、所属学会は日本動物学会でしたがなにか?(笑)
    駆動系は筋肉繊維の知識しかないし(アクチンとミオシンがどーのとかね)、タービンやらエンジンの知識の代わりに代謝系の知識しかありませんがなにか?(ここまでくるとヤケ)
    ・・・もう、許してやれよ自分を。


    気を取り直して、直進安定性も悪くない。
    確かにブロンプトンって全長長めだもんね。

    S3Lはハンドルバーがストレート(T字)で、ぐっと踏み込んでペダリングするときにハンドルを手前に引き付けやすい(意外と)。
    以前タルタルーガのセミリカンベント(背もたれがついていて背中を押し付けて突っ張るような感じでペダリングできる)に試乗したとき、開発者の方から「普通の自転車では使いづらい、背筋も使ってペダリングできるから、セミリカンベントはかなり有利なんですよ」的なことを教わってから、普段自分の自転車を漕ぐときもハンドルをぐいと引っ張ってペダリングすれば多少背筋も動員できて、スピードものせやすいって事を実地でちょいと学んだ。
    そんな感じの筋肉の使い方が思ったよりやりやすい。

    乗車姿勢も多少前傾気味になって、思ったよりスピード出しやすい。
    やっぱり、このストレートハンドルモデルってスポーツ寄りの設計なんだな。

    変速レバーは・・・ごめん、これは、無い。
    慣れの問題かもしれないが、そして内装3段変速だからそんなにガチャガチャ使うもんでもないのかもしれないが・・・
    やっぱりシマノのSTIは偉大だ。あれは自分と自転車の一体感が感じられて気持ちいいもんな。
    あれと比べるのは間違いだとしても、値段に見合ったパーツとは思えないなぁ。
    まぁそこが原因でブロンプトン買わねぇなんてことにはならないだろうけど。

    ごし氏は「意外とブロンプトンのほうがスピード出る?」とブログで書いていたが、私の感想はやっぱり逆。
    まぁ印象には個人差ありますから。
    ものは試しとかなり鬼漕ぎしてみたけど、KHS F20-RA(めんどくさいので以下KHS)みたいに加速しながら徐々にギアを重くしていき、それに伴って自然とスピードが乗っていくような感覚は無い。
    ギアの枚数も比較にならないので(KHSは9×2速)比較する方がおかしいのだけど、これは自転車の個性の違いとして一応。

    でも、結構ブロンプトンもギア比高めだし、タイヤも16インチっていっても大きめだし、加速から巡航に移れば結構快調なスピードで走る。
    柔らかめの乗り心地も相まって、かなり気持ちよい。

    確かに、これは街中を走ったり止まったりする自転車じゃないと思う。
    ある程度長い距離をのんびり、止まらずにずーっと走る方が合うんじゃないか。
    それでかつ、折りたたみも簡単&小さくまとまって転がして移動できる。
    要するに、これは間違いなく旅自転車だ。
    乗ってみなきゃわからんなぁ。
    でも、これ、以前にも似た様な感触を味わったような気が・・・

    あぁ、わかった。
    BD-1だ。
    それも該当者氏が所有している、スプリングをハードに換装した、結構かっちりした足回りのヤツ。
    なんか、アレに感触が近いんではないか?


     ブロンプトン、試乗できてとてもよかったです。
    とても良い自転車です。
    そして、実家に置いてあるF20-RAの寿命が少しずつ現実味を帯びてきたゆげ1号(この話はまた別途)がブロンプトンの感触を思い出しながら考えたこと。
    それは「もう一回、BD-1に乗ってみなければ」ってこと。
    あれ?

    なんかねぇ、BD-1とダブるんですよ>ブロンプトン。
    ブロンプトンが良いのはよーくわかったのだけど、正直ゆげ1号の体格で乗るとかなりカッコ悪い(涙)
    でも、この乗り味はKHSとはかなり違って、これはこれで素敵。
    うーん・・・となると・・・


     えーと、いろんなことをとりあえず脇に置いといて、近いうちにもう一度BD-1に試乗させてもらえませんか?>該当者氏

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 3 comments  0 trackback

    3 Comments

    テントウムシ says..."ブロンプトンいいですよね。"
    引越しをしたら屋根のある駐輪場がなくて
    雨ざらしになるので部屋で保管できる自転車を探してます。
    さらに近所はUP&DOWNの連続なので
    小径車だと助かるんですよね。

    そうそう、今度ストライダーの草レースを行います。
    よかったら参加しませんか?
    裏口エントリーOKです(笑)
    http://strider.exblog.jp/
    2011.05.16 13:16 | URL | #- [edit]
    ゆげ1号 says..."Re: ブロンプトンいいですよね。"
    テントウムシ さま

    ブロンプトン、日常的に折りたたむような使い方なら本当に便利だと思いますよ~
    ルックスもいいし、結構走るし。
    やっぱり折りたたみ自転車ではBD-1と人気を二分する(たぶん)だけのことはあります。

    > そうそう、今度ストライダーの草レースを行います。
    > よかったら参加しませんか?
    > 裏口エントリーOKです(笑)
    > http://strider.exblog.jp/

    これ、かなり気になってました(笑)
    凄く参加したかったのですが、まだウチの3号、ほとんど乗れないんですよねぇ。
    見学に行ったら刺激受けて乗れるようになるかなぁ・・・
    2011.05.17 21:55 | URL | #- [edit]
    テントウムシカメラ says...""
    やっぱり結構走るんですね?ブロンプトン
    でもなぜか近所では見ないんですよね
    使い方が限定されているのでしょうか?

    STRIDERはやっぱり購入されたのですね。
    レースには買ったばかりという方も参加します。
    よちよちだけどまわりから刺激をさせたい保護者が多数!
    結局は34名の大レースとなったのでえらいこっちゃ!と泣いています。
    2011.05.18 07:25 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/498-e0ff3372
    該当の記事は見つかりませんでした。