softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    エビがないならツインテールを食べればいいじゃない

    by マリーアントワネット

     嘘です。ゆげ2号です。

     東京でも余震が続いています。こちらまでこれだけ揺れるなら、震源地近くの方々はどれだけ恐ろしいかと思うと胸が痛いです。TVは一日垂れ流しに見ていたら具合が悪くなってきたので、見るのをやめました。情報収集は新聞やラジオで十分。まだ何も終わっていないのに、責任追及とか、被害を振り返るとか、家族の安否についてインタビューとか、馬鹿かと、アホかと。

     ところで、首都圏で買占めが問題になっていますね。日曜にゆげ1号に買い物を頼んだら、すでに紙オムツがなくなる寸前だったそうです。あくる日に近所のお店をまわってみたら、ドラッグストアではトイレットペーパー・ティッシュペーパー・ウェットティッシュ・紙オムツ生理用品の棚が空。離乳食の瓶詰めもほとんどなくなっていました。スーパーでもティッシュ系・電池が全滅。生めん(うどん・そば・ラーメン)がほぼ売り切れ。缶詰も補充はされているのですが、追いつかなくてガラガラ。お米やお餅もうりきれで、ついでにお茶漬けやふりかけ、鰹節の棚がガラガラでした。それから、玉子・牛乳・ヨーグルト・パン・飲料水の棚が空になってました。

     はじめ、「こっちでも地震がおきるかも!」という危機意識にかられて備えているのかと思ったのですが、なんだかそれとも違うようです。輪番停電(計画停電)のニュースが流れているのに、牛乳2本とか、ヨーグルト2個とか、一日二日では消費しきれないような量の生鮮食品を山のように買う人が目立つのです。ゆげ2号はむしろ、冷凍庫のものをとっとと消費して、冷蔵品も買いすぎないようにしないとなーとか思ってたんですけど。

     炊飯器が使えなくなるかもしれないので麺類が売れるのはわかるのですが、常温で保存可能な上にすぐにゆであがる、ソーメンやパスタなどは山積みのまま。火を通さないですぐに食べられるお刺身やお惣菜、お弁当は山積み。それから、少量で高カロリーな飴やチョコレートは特に売れてはいないのです。”備え”ではなく”不安の解消”のために動いているんですね。もしくは、「何が起ころうと、自分たちだけは普段どおりの生活を維持したい」という強烈なエゴ。

     地震直後で輸送がマヒし、入荷による補充が少なかったことで不安になって買占めに走るのでしょうが、、ゆげ2号はあんまり心配していませんでした。だってね、店頭にイチゴをはじめとした果物・野菜がどっさり並んでいたからです。遠くから運ばれる加工品の類は品薄になるかもしれないけれど、流通がすべてとまってしまうことはないな、と思ったのです。まあでも、せっかくスーパーに来て何も買わないのはなんなので、黒飴1袋だけ買って帰りましたが。

     そうして、火曜日にまたスーパーに行ってみたら、トイレットペーパーが2畳くらいのスペースに山積みになっていました。牛乳などの乳製品は残りわずかで購入見送り、玉子はたっぷり入荷していたので一パック購入できました。普段より入荷量が少なめで、米などの欠品はあるけれど、流通が止まることはなかったのです。それでもトイレットペーパーを二個も三個も買う人がいっぱいいましたけど。

     けれど、その影で心配なのは、頻繁に買い物に出歩けない、お年寄りの方や体の不自由な方のことです。みんなが普段どおりに過ごしてちょっと節約すれば済むことなのに、大量に買占めする人がいるせいで、弱い方々に行き渡らず苦しめられるのです。このことを指して「人による二次災害だ」という人もいます。

     買占めに走る不安はわかりますが、そういう方々にはもうちょっと落ち着いて考えて欲しいと思います。トイレットペーパー12ロールで何日持つかわかっていますか?大量に買い込んだ生鮮食品、計画停電ですぐに冷蔵庫の中の物が腐るわけではないですが、表示されている賞味期限まではもたないと思いますよ?店頭に野菜も肉も魚も並んでいるのに、缶詰やカップラーメンがそんなに大量に必要ですか?

     流通が止まるような大地震が起きたらどうするって?そんな中で自分の家だけは大丈夫だと思ってますか?大量の食料をすべて抱えて逃げ出せると思ってますか?たとえ車に積み込んで逃げ出せたとして、プライバシーのない避難所で、自分たちだけ悠々自適な生活が出来るとでも?

     それにいざというときは、食料などの調達のために崩壊したスーパーやドラッグストアがまっさきに掘り起こされます。個人の家々にちょっとづつ貯蔵するよりも、まとめて店の倉庫にあるほうが格段に効率がいいのです。危険性や労力を考えたら、個人の家から日用品を掘り起こしてもらえるのは、ずーっと後の話です。

     ところで、ゆげ2号は地震が起きた夜、我が家の備蓄事情を点検してみました。お米は残り6合ほどで心もとないですが、パスタは未開封のものが1kg、すいとん粉1/2袋(家族で1食分)、ホットケーキ粉家族で(3食分)、小麦粉1kgなどがありました。近所のパン屋さんでは普通にパンが売っているし、なんならジャガイモをふかして食べてもいいし、とりあえず1週間分の主食に困らないようです。あとは乾物と缶詰が少々と、非常食代わりになりそうなお菓子。オムツは1号が買ってくれたし、おしりふきは普段から多めに買ってあるので、買い足しは不要。ティッシュペーパーは4箱あるので大事に使うことにして、トイレットペーパーは6ロールしかなかったので、100円ショップで山積みに売られていた4ロール入りをひとつ買いました。

     なので、ゆげ1号とも話し合って決めました。ゆげーずは今以上の量の備蓄はしません。野菜などは普通に必要な分を購入しますが、品薄なものをわざわざ買い漁ったりはしません。牛乳がなければ豆乳を飲めばいいじゃない!来週、生協からお米が届く予定なので、それまでは主食は今有るものでしのぎます。別にね、買い控えをしたからといって、その分を被災地に送れるわけではないですけれど(メーカーは被災地分を先に出荷するので)、それくらいの不都合は甘んじて引き受けたいなあと思うのです。無駄買いした食べ物を腐らせて捨ててしまうようなことだけは、人として、してはいけないように思うので。

     そういうわけで、昨日の夕食はキャベツたっぷりのお好み焼きでした。いやー、楽でいいわー♪

     リツイートしたのですが、すごくいいので改めて貼っておきます↓
    http://ow.ly/i/9cxt/original

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    openteeth says..."激同。"
    一字一句、同意です。

    実家が東北だから、というのもあると思いますが、
    買いだめの必要はまったく感じません。元から米も電池もあるし。

    しかし、ベビーカーで戦場のようなスーパーに入っていくのはしんどいですね。
    場所ふさいで申し訳ないな~と思いながらも、後ろからどつかれたりすると、ついため息が…。

    果物コーナーで、柑橘類だけ買ってます。
    文旦とか、なるべくむくのが大変なやつ。むいてる間は無心になれるので、おすすめです。

    2011.03.16 20:45 | URL | #- [edit]
    ゆげ2号 says..."コメントありがとうございます"
     リサーチがてら、歩いていける範囲で近所のお店を回ってみたのですが、店頭のイチゴを見て「なんだ、全然大丈夫じゃん」と思いました。物によってはしばらく欠品になるものもあるそうですが、まあ飢え死にするこたないです。

     ただ、お年寄りが困っているという話を聞くとかわいそうで…。スーパーでわざわざ黒飴一袋だけ買ったのは、私なりの示威行為だったりします(笑)。私たちはむしろ、刺身とか被災地には送れないものを積極的に消費すればいいと思うんですけどね。

     TVやラジオで買占めを控えるようアナウンスされているし、スーパーでトイレットペーパーがこれ見よがしに山積みされていたのも「頭冷やせ(笑)」ってことだと思うので、この騒ぎもそのうち落ち着くとは思うんですけどねぇ。

     でもこういうとき、openteethさんのように布オムツを使っていると強いな、と思いました。大人のものはどうにでもなるのですが、子供のものだけは「不足したらかわいそう」と理性を失う気持ちがわかるので。
    2011.03.16 21:21 | URL | #PtTZI1rk [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/481-7842339c
    該当の記事は見つかりませんでした。