softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    梅雨の合間

    目的地:竹沢商店(雑色にある焼鳥屋さん)
     ルート:呑川緑道→堤方橋(池上付近)→JR蒲田駅付近→雑色商店街(竹沢)→多摩川(西六郷付近)→多摩CR→丸子橋→二子橋→砧公園


     さすがは梅雨時。なかなか週末ポタリングのタイミングを作れません。
     そんな中、かろうじて曇天のまま持ちそうな週末に軽く走ってきました。


     目的地は雑色商店街にある焼き鳥屋さん。多摩CRを羽田側に走るときのゴールは、大抵ここか、該当者氏も絶賛(?)の、大師橋近くの佃煮屋さん(大谷政吉商店)になることが多いです。ええ、どーせ食い気最優先ですよ。


     いつものように呑川緑道を蒲田方面に進みます。この道は交差点もそれなりに多く、バンバン飛ばせる道ではないのですが、ゆっくり走るにはとても気持ちいいです。
     ・・・といつも似たようなコメントをしつつ、そういえば呑川緑道の写真ってほとんど撮ってないような気もするのでここで1枚。ちなみに自転車はこの川の両脇にある道を通ります。

    呑川1


     下の写真は、川沿いにある池上本門寺付近です。このあたりは寺社の過密地帯(笑)で、なかなか落ち着いた雰囲気です
    本門寺付近
     
     また近くには梅園もあり、オンシーズンには結構観光客も多かったように記憶しています。
    1号&2号もはじめて呑川を走ったときには本門寺&梅園にも足を伸ばしましたが、今では「特にうまいものもない」という非常に明快な理由に基づき、当然の結果として基本的に素通りです(でも梅のシーズンにはまた行きます!いいとこですよ、はい)。


     でもって、いつもなら京急蒲田駅から第一京浜を雑色方面に走り、雑色駅から商店街に入って・・・となりますが、nuvi360という強力な武器を手にした我々がそんなありきたりのルートで進むわけもありません。


     池上本門寺を越えたあたりで、そこから焼き鳥屋さんまでの最短ルートを探ることにします。方法は至って簡単(GPSストアさんのblogに載っていたのと同じ方法です)。


    1.i-mode(携帯)で行きたい店(ここでは「竹沢商店」)の名前で検索をかけ、お店の電話番号を入手
    2.nuvi電話番号検索を実行すると、お店の位置が表示される
    3.そこを目的地とする!


     nuvi360にログ機能が無いのでどんなコースをたどったのかを書けないのが残念ですが、nuviの命じるまま中通りのような道をくねくねと走り、よくわからないうちに突然お店の前に引っ張り出されました。やっぱり精度、衛星の補足能力、どれをとっても満足感高いです。


     ということで、雑色商店街はこんな感じの、素敵な雰囲気が漂う商店街です。
    雑色1

     で、焼き物数点、モツ煮込みなどを買い込んでホカホカしたバッグを背負い、帰路につきます。


     一応出発前にweathernews.jpで確認したところ、当日の風向きが東~南東だったため、帰りは多摩CRを使うのが良かろうという判断の元、多摩CRに出ます。それほど好天ではないものの、やはり多摩川は広くて気持ちいいですな。


     しばらく走っていると・・・バッグから漂ういい匂いが心を惑わせ始めます。
     少しだけ悩んだものの、「焼きたてが一番おいしいんだぞー」という我々にとって非常に明快な理由に基づき、当然の結果として基本的に1本だけ試食です。
     自転車を停めて、こんな景色を見ながら焼鳥食ってました。うまい。
    多摩川

     焼鳥タイムを終えて、また走り始めます。過去の経験から、多摩CRを通るときは大体
    ・羽田~丸子橋間 :東京側を走行
    ・丸子橋~二子橋間:川崎側を走行
    みたいな感じで走ることが多いです。そのため、必然的に丸子橋はひとつのランドマークになるわけです。
    にもかかわらず、当blogではほとんど触れてこなかったので、丸子橋へのお詫びも込めてここで一枚。
    丸子橋1


    でもって、こちらは丸子橋から撮った多摩川です。
    丸子橋からの多摩川

     丸子橋から二子橋までは5キロくらい。そして二子橋を渡ったあたりで、背中のバッグからほのかに漂う匂いがまた・・・
     かような状況下において、走行者の精神状況、天候、気温等を勘案の上、「家で食べるより屋外で食ったほうがうまいぞーぜったい」という我々にとって非常に(以下略。


     つーことでそのまま砧公園に直行!
    砧公園

     堂々とビールを写り込ませても平気なのは、我々の自転車が折りたたみ(輪行袋常備)故ですな・・・わはは。


     30km

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  1 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/46-24f9bacc
    輪行袋輪行袋(りんこうぶくろ)とは、自転車を輪行する際に収納するための袋。自転車の前後の車輪をはずした後に収納するタイプが一般的であるため、簡単に車輪を脱着できるスポーツ車(ロードレーサー、マウンテンバイク、ランドナー等)に用いられる。非常に丈夫な布で作
    該当の記事は見つかりませんでした。