softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    迷った先で出会った野方配水塔

     先週日曜日の夕方、P20-RACで散歩へ。
    先々週末にP20に乗った時、とても肩が痛くなったのでちょっとだけハンドルを高めにセッティングしなおしたところ、これがなかなか具合良い。
    とても気分良く走っていたら神楽坂あたりでケルビムの小径車に乗ってる人を見かけ、その自転車がセミドロップハンドル&ホリゾンタルフレームでちょっとクラシカル、だけどスポーツサイクルの風情もちゃんと持っていてとてもそそられるものだっただけでなく、乗り手のにーちゃんが細身でスイスイと飛ばしていく。
    なんかその自転車に誘われるように走っていると、いつの間にか見知らぬ道に迷い込んでいた。

    あれ?目白通り?
    どこだそれ。

     でもなんか道が広い割には休日のせいか交通量もそれほどでもなく、久しぶりに見知らぬ土地をちょっと不安な気持ちを持ちながらも所詮東京23区の中だしね、と気持ちよく走りながらもどっかで軌道修正しなくちゃなぁと思ってEdge705に搭載している地図を確認。
    これくらいの限定的な用途で使うなら、UUDの地図は結構便利です。
    だいたい、自転車乗りながら「地図をつぶさに凝視」することなんてできっこないのだから、地図自体の視認性はこんなもんで十分。
    迷ったときのお守りとして使うのなら、コストパフォーマンスよいと思います。
    ま、本体を海外通販(3万円台)で買えれば、という前提付だけど。

    で、地図を確認していると数キロ先にNogata PumpTowerという文字が。

    野方配水塔。
    正確な英語表記はNogata standpipeらしい。
    上記の表記は地図にビルトインされていたわけじゃなく、GoogleMapを使って自力で登録したときに自分でつけたもの。
    ごめん、笑わないで(涙)
    いつもお世話になっている荒玉水道道路の下に埋まっている水道管は、かつてこの配水塔を目指して伸びていたらしい。
    せっかくだし、こいつを見ていこう。

    R0010338.jpg

     塔が建っているあたりは小さな公園になっていたのだけど、そこからみた配水塔はちょっとのっぺりした面持ちだったので、付近をちょっと離れて写真に収める景色を探したけれど、どんどん日はかげっていく。
    で、上記の写真を何とか収めました。
    なんかね、好きなんですよ、塔。
    特に古い水道関係の塔って、ヂャーマニーな力強さが感じられて好き。

     さて、ここからどうやって帰ろうか・・・いつもの荒玉水道道路はここからそんなに遠くないはずなんだけど、この配水塔からまっすぐにそちらへ伸びている道はない。
    とりあえず近くのマクドナルドにでも入ってEdge705の地図見ながら帰宅するための作戦立てようかなぁと思っていると、目の前に「中野通り」が。

     あぁ、この道なら良く知っている。
    ここに来たことは無かったけれど、この道は自分が良く知っている土地につながっている。


     そんなわけで、すっかり日も落ちた東京を、ゆっくりと、時々P20に急かされるようにペダルをいっぱい回して、帰宅しました。


    走行距離:50km

    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag : P20-RAC
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/456-42deeada
    該当の記事は見つかりませんでした。