softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    長野合宿 一日目(目指せ信濃大町編)

     Byゆげ1号

     該当者氏が企画してくれる、毎年恒例の長野合宿・・・なのに、あぁそれなのに。
    直前になって旅行一日目と仕事がバッティングしてしまうとは。

     まぁ嘆いても仕方ない。
    初日もいろいろ巡るようだが(新信濃変電所とか)、そこらへんは自分の中でなかったことにして宿に直行しよう。



    <1号>さあ先の見えない半日のスタート。とりあえず午後の仕事場へ急行中。果たして何時に終わるのか。本当にその後長野まで辿りつけるのか
    posted at
    12:19:56

    <1号>年に一度の長野合宿。本当は朝から長野に向かっているはずなのに。
    posted at
    12:25:00

    <1号>それにしても眠い。起きていられるだろうか
    posted at
    12:40:25


     前日は一応一夜漬けで仕事の準備。
    いやまぁ仕事といっても、会社の業務命令で試験受けるだけですから、仕事の準備って言ってもただの試験勉強。



    <1号>仕事おしまい!現在京王線ガンガン乗り換えて移動中。まさにタイトロープダンサー(言い過ぎ)
    posted at
    16:32:51


     てきとーに試験切り上げて、とっとと長野に向かってやろうかとも思ったのですが、まぁいざ試験が始まるとねぇ・・・受かることはまぁ無いだろうなと思いつつも、ついつい制限時間ぎりぎりまで粘る貧乏性なり。
     で試験終了後、弾かれるように会場を飛び出し、いそいそと最寄の駅に向かいながら信濃大町までの道のりを検索。
    すると、とりあえず京王線を各駅停車⇒急行⇒特急と乗り継いで八王子まで行き、そこから特急あずさ⇒大糸線と乗り継げば22時前には宿につけそう。
     

    <1号>なんとか乗り換えこなし、特急あずさを飲みながらビール。
    posted at
    17:41:37

    <1号>いかん、弁当がない
    posted at
    17:42:21

    2号に貸してもらった内田樹「邪悪なものの鎮め方」を車中で熟読中。リーマン食わねど高楊枝なり。
    posted at
    18:07:19

    だがこの本は面白い!
    posted at
    18:08:23

    <1号>小淵沢通過。駅蕎麦が忘れられない。
    posted at
    19:03:31

    @darknebula1157 2号が慌てて執筆中です(笑)
    posted at
    20:11:24


     京王八王子駅に無事到着し、そこから徒歩でJRの八王子駅へ。
    あぁ、この辺は昔来たことあるわ。
    今の地に引っ越してから、2年連続で1月に2号と二人で多摩川を上流へ向かうサイクリングをやっていて、2回とも八王子で一泊したんだった。
     1年目はクロスバイクで、おまけにまだキャリアも浅かったから八王子までの40キロ程度の道のりがえらく遠かった。
    で、あえなく八王子で一泊(出発時間も遅かったんだが)。
    2日目は八王子から五日市まで行って東京まで帰ってきた。70キロが当時は遠かったなぁ・・・

     2年目はKHSで、今度は初日に五日市まで行ってしまい、八王子まで帰ってきて「どーせなら一泊していくか」と宿泊。
    1年でずいぶん成長したもんだ。

     ま、そんなことを考えながら八王子駅で特急あずさの指定席を購入。
    金曜日のあずさって、意外と混むんですな。

     その後、酒とつまみと弁当を買って乗車。
    しかし!なんか隣の席のおっさんがずーっとうなされたような感じでお休み中。
    靴脱いで、床に新聞紙ひいて、のびのびしているようなのに険しい顔でお休み中。

     なんかね、そんな状況でシュウマイ弁当なんて開けませんよ。
    で、思わず「弁当がない」とつぶやいてしまいましたが、正確には「弁当開けない」。



    <1号>最後の乗り換え。普通の生活路線っぽいので手にしたワンカップのやりばに困る。
    posted at
    20:14:54

    <1号>ローカル線が、待ち合わせをしながらゆっくり闇夜を進む。乗客はみな思い思い、なんか体育館で過ごすお泊まり会みたい
    posted at
    20:46:28

    <1号>そして目的地の宿周辺は熊が出るかもとのこと。まずい、今日の左手、サイコガンと間違えてつけてきた電動歯ブラシだ
    posted at
    20:49:43

    さて、そろそろ到着。
    posted at
    21:09:33

    <1号>駅からタクシーで宿に。スーツにコート姿で、なんか湯けむりスナイパーにでてくる怪しい客みたい
    posted at
    21:18:29


     JR松本駅から大糸線に乗り換え、ここから約1時間かけて信濃大町へ。
    ローカル線でゆっくりと旅情に浸りながら酒でも飲んで楽しもう・・・なんて思っていたのですが、思いのほか通学客が多い。
    ちょっと飲んだくれるのが許される雰囲気でもないなぁ・・・なんて思いながら、まぁちびちびウィスキーの小瓶を人目忍びながら飲んでたわけですが。
     でも、なかなかこれはこれで風情があってよかったです。

     大町駅からは5キロ強の道のりなので、まぁ歩いていっても良いかななんて思っていたのですが、さすがにサイコガン忘れてきた状況で「熊が出る」なんて言われたら心も折れますわ(大嘘)

     でもって、宿に到着。
    やっと合流だぁ!と勇んで部屋のドアノブをまわすと、あえなく施錠中。
    仕方なく中の人の携帯を鳴らすも・・・でやしねぇ。

    あぁ、そうだよね。昼間そんなに酒の試飲しまくって、夕食でも飲んでたら、そりゃ寝るよなぁ。


    とりあえず、眠いのはわかったけど、腹を割って話そう!


    二日目に続く
    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 9 comments  0 trackback

    9 Comments

    該当者 says..."腹を割って"
    一日目をかいてしまっていいですか?(笑)

    しかし はやぶさ のイトカワ由来の微粒子発見はうれしかったです。
    本当によかったです。
    28日のロケットまつりが楽しみです!
    2010.11.16 21:46 | URL | #195Lvy4Y [edit]
    ゆげ1号 says..."是非腹を割って"
    一日目を書いてしまってください(笑)
    何なら二日目も(こっちも書くけど)。
    わしとは違う視点だと思うから、それはそれで面白いんじゃないかと。

    それにしても、はやぶさの件はうれしかったねぇ。
    ウチの「虎の児」はもう空き瓶だけど、祝杯だね。
    2010.11.17 00:06 | URL | #JalddpaA [edit]
    該当者 says..."神様が渡る地 -諏訪湖- その1"
    ということで腹を割ります。

    ええ、6回目となるとさすがに近場で回るところは大体底がついてきたのでちょっと手前の諏訪湖あたりを回ろうと思っていましたが、この合宿は大体予定通りに行かないので予定変更がきくような柔らかい日程で組んでいました。

    ゆげ1号氏は後から参戦ということでとりあえず3名で合宿スタートと相成りました。

    で、一番最初に訪れたのは今年御柱祭があった諏訪大社上社前宮です。
    『諏訪大社 上社 前宮』
    http://suwataisha.or.jp/kamisya/maemiya/index.htm

    ここは諏訪大社4宮の中で一番静かなところで参拝客も少なくたぶん御柱4本全てを間近で見れる唯一のところです。
    以前来たときも御柱を写真の中に納めようとバックしてちょっとした崖から落ちそうになった(というか半分落ちた)のですが、また似たようなことをしてしまいました。(^^;

    ちなみにこちらの鳥居は東郷平八郎元帥の謹書となっています。
    で、同行者S氏、I氏は東郷元帥しらないし。。。orz
    「坂の上の雲」を見ましょう!>同行者S氏、I氏
    第2部が12月から始まりますから。


    次は同じく上社 本宮へ
    『諏訪大社 上社 本宮』
    http://suwataisha.or.jp/kamisya/honmiya/index.htm

    こちらは上社で一番大きい御柱があります。
    こちらは前宮と違い団体様の参拝客がいっぱい押し寄せていました。
    団体客の合間を縫いつつ参拝し、飲用(たぶん)温泉を飲み、雷電為右衛門像にも礼をしつつ、次の場所へ急ぎます。
    ※どうも雷電為右衛門と諏訪大社とはゆかりはないようですね。


    諏訪大社といえば当然神道なわけで、神道というと当然御神酒が必要になります。というわけで酒蔵固まっている上諏訪街道へ。

    まずはいつもお世話になっている「宮坂醸造」の「セラ真澄」へ
    『宮坂醸造 セラ真澄』
    http://www.cellamasumi.jp/

    え~、行ってびっくり! セラ真澄が幌をかぶっていてやっていない!!
    と思ったら通路の反対側で縮小営業中でした。なんでも7月ぐらいにトラックが突っ込み販売スペースのほとんどをつぶしてしまったとのこと。
    いきなりびっくりでしたらが仮営業中の販売店に入ったのですが、残念ながらお目当ての「あらばしり」や「マロン酒」がなかったのでちょっと申し訳ない思いをしつつ、撤収しました。


    2010.11.18 01:11 | URL | #mQop/nM. [edit]
    該当者 says..."神様が渡る地 -諏訪湖- その2"
    普段はこれで上諏訪街道をスルーしてしまうのですが、今回はもう一件よっていきます。
    実は同行者S氏はこの合宿で白馬錦原酒を飲むまでは「日本酒なんて飲まん!アルコールと言えばビールだ!!」という無類のビール好きでした。
    ※ちょっと誇張気味ですが。

    ということで以前「上諏訪街道呑みあるき」来たときに地ビールをだしていた「麗人」さんに行きます。
    『麗人酒造』
    http://www.reijin.biz/
    実は地ビールということで来たのもあるのですが、もう一つ目的がありここはドラマ?アニメ?で「もやしもん」とコラボしてビールと吟醸酒を出しています。
    『もやしもんコラボ』
    http://www.reijin.biz/?mode=cate&cbid=795533&csid=0
    http://item.rakuten.co.jp/w-authority/moyasimon1/#moyasimon1

    ここで運転手である私を除く同行者S氏、I氏は麗人さんのお酒を試飲しつつ、地ビールを購入し早速飲み始めます。で、”違いのわかる男”である同行者S氏は季節限定の地ビールを飲んだのですが「なんかすっきりしたビールだな~」っと言っていましたがこのビールの説明でもちゃんと”すっきりとした飲み口”と書いてありました。
    ※確か「限定醸造 美山錦麦酒」だったかと。。。


    そんなほろ酔い気分の2人ができあがったところでちょうど時間がお昼の時間になったので後ろもあるのでお昼をとることにしました。
    どうやら諏訪湖では鰻が獲れるらしく鰻のお店が結構あります。いろいろお店がある中で選んだのは一時期諏訪で勤めていた従兄から紹介された鰻のお店「小林」さんです。
    『鰻 小林』
    http://www.tamatebako.ne.jp/kobayashi/

    ええ、鰻重うまかったです!
    そして肝焼も美味しかったです!!
    こんなことならもっと前に来ればよかったと思ったりもしました。

    そしれ今度来たときは白焼きを頼もうと思いつつ、諏訪を離れ今回の合宿で唯一予約をした”一時期地図上から消えた禁断の地”へと向かいます。
    2010.11.18 01:13 | URL | #195Lvy4Y [edit]
    ゆげ1号 says..."面白すぎる(笑"
    面白いだけじゃなく、はやく次を読みたくなる「コメント」ってどうなのよ(笑)

    投稿全部終わったら、寄稿記事としてブログ本編に転載しても良いですか?
    自分のブログに書くのならそれでもいいけど。

    麗人行きたかった・・・
    2010.11.18 23:38 | URL | #- [edit]
    該当者 says..."インターミッション"
    >面白いだけじゃなく、はやく次を読みたくなる「コメント」ってどうなのよ(笑)
    いや、それはたぶん参加者が個性がありおもしろいからですよ!!

    >投稿全部終わったら、寄稿記事としてブログ本編に転載しても良いですか?
    いいですよ~。
    なんなら写真もお渡しします。

    >麗人行きたかった・・・
    来年3月行きますか?>上諏訪街道呑みあるき
    そのころまで もやしもんコラボ があるかはわかりませんが。
    でもビールの試飲はできますよ。
    理想は諏訪で一泊なんでしょうけど。

    ということで続きは明日?今日?にでも。
    2010.11.19 01:08 | URL | #195Lvy4Y [edit]
    該当者 says..."東西の架け橋 -松本-"
    お腹を満たしたところで頭を満たすために 9.11 以降一時期地図や電話帳から消えた ”東京電力 新信濃変電所” に向かいます。

    『東京電力 新信濃変電所』
    http://www.shinshu-liveon.jp/tourism/node_39337

    ここは梓川水系と高瀬川水系の水力発電所で発電された電気(275,000V)を500,000Vに昇圧して安曇幹線(2本)に送電する変電所としての機能と東の50Hz、西の60Hzを周波数変換して連結する機能があります。
    ここには2つの周波数変換施設があり、それぞれ1号FC、2号FCと呼びます。
    で、実は6,7年前に1度来たことがあったのですが、なんとそのとき稼働していたゴッツイ1号FCは今年役目を終え、2号FCと同じく設備がまるまる母屋に入った新しい1号FCに変わっていました。

    で、いろいろと話を聞けたのですが、どこまで書いていいのか?というもあるのでとりえあず書いても良さそうな内容を。
    ・建設費は1号FCは役割が基本的に緊急支援なので9社(北海道、東北、東京、中部、北陸、関西、中国、四国、九州)で支出(支出割合はいろいろ)、2号FCは電力融通が主目的なので3社(東京電力、中部電力、関西電力)となっている。
    ・現在は、柏崎・刈羽原発の停止の影響での使用(60Hz→50Hz)がメインである。
    ・1号FCは通常待機状態で0.2Hz(※)の周波数低下が起きたときにはそちら側に送電を開始する。
    ※確か前回の話では0.02Hzの周波数低下があった方に緊急送電を始めます。最初は1号FCが稼働、それでも収まらない場合は佐久間周波数変換所が稼働するとのことです。このことをEPPMと言っていました。
    ※東清水周波数変換所はどういう役目なのか今回聞くのを忘れていました。
    ・旧1号FCのサイリスタバルブをメンテナンスする際に特殊なトレーラーを使うがとても自分たちでは扱えないので日通さんに依頼していたとのこと。一番最初に移動をしようとしたら一日経ってもうまく位置を合わせることができなく十分用意していたガソリン?軽油?を使い切ってしまったらしいです。
    ・この旧1号FCをメンテナンス用の特殊なトレーラーは2つをくっつけて前後に移動できるようにしている。またタイヤが回転でき真横にも移動できる特別な仕組みを持っています。

    ちなみに変電所の構成を見るとちょっと違和感を憶えます。それは何故かというと60Hzの設備が東にあり、50Hzの設備が西にあります。これは周波数変換設備の配置も同じです(日本国土として見ると東が50Hz、西が60Hz)。で、よくよく周囲の状況を考えると60Hzの送電元となるのは中部電力の中信変電所で、これは塩尻にあるので新信濃変電所からすると東にあり、50Hzの送電元となる東電の水力発電所は西側にあるのでこうなったんだと思います。

    いや、これには千曲川(新潟入ると信濃川)の流れを見るときと同じ違和感でした(生まれも育ちも神奈川県なので流れる川は全て南行でしたが、千曲川は北行しているので「何故川が逆に流れる!?」と未だに思ってしまいます)。

    で、頭を満たした(というか半分ぐらい理解できていないのですが)ところで夜の宴に向けて松本に下ります。
    2010.11.20 18:30 | URL | #195Lvy4Y [edit]
    ゆげ1号 says..."今回の目玉だよな(涙)"
    こういうとこで解説してくれる人って、時々とんでもなくぶっちゃけるときあるよね。

    あと、最初のやつから順次記事化していきますので、近いうちに写真ください。
    2010.11.20 20:25 | URL | #- [edit]
    該当者 says..."酒のつまみと酒と宴と -松本&大町-"
    頭が若干ショート気味になりつつ、夜の宴の贅沢な ”つまみ” を確保するために松本に向かいます。

    『某肉店』 -松本-
    いつもお世話になっている肉屋さんによって夜の宴のつまみとなる馬刺しをゲットします。
    ただ親父さんは今日は捌く物が大量にあったらしく見た目にも疲労困憊状態だったので話は早々に切り上げ退出させて頂きました。

    さて、続いて ”お酒” の確保に向かいます。

    『某酒屋』 -大町-
    ここもいつもお世話になっている信濃大町の酒屋さんによっています。
    ま、飲めないしドライバーなのでいつも生殺し状態ではあるのですが、今回はそれはそれは試飲すること。確か
    ・真澄 あらばしり(去年仕込んだもの)
    ・帰山 参番 純米吟醸 古酒 1998年と1999年
    ・帰山 弐番 純米大吟醸
    ・白馬錦原酒
    ・金襴黒部辛口原酒
    ・リヴァン スパークリング
    ・緑宝(梅酒)
    だったかと。昼も諏訪で試飲しているのに。。。さすがにいいな~と。。。

    で、夜の宴用に 真澄 あらばしり、帰山 弐番 純米大吟醸、とあと失念してしまいましたがもう1銘柄を買ってまた明日土産用のお酒を買うためによることをお伝えして退出させて頂きました。

    もう外はいい感じに暗くなり定宿となった岩魚郷北条屋敷へ急いで向かいます。

    『岩魚郷北条屋敷』 -大町-
    http://www.iwanagoh.com/

    到着早々受付でゆげ1号氏が遅れることを事前に伝えていたため、宿の人から「熊がくるので玄関までタクシーで来てください」とのこと。
    確かに実家の方で川で一度それらしき姿を見たことありますが、ここは岩魚の養殖を屋外でやっていますからね。。。
    ご対面となってもまずいのでゆげ1号氏にメールをしておきました。

    で、ひとっ風呂浴びて合宿の目玉の一つである夕食です!
    相変わらず美味しいです。特に岩魚の塩焼きはいつ食べてももう美味しいっす!!
    岩魚の骨酒もうまみが出ていて美味しかったです(私は飲めないので一杯だけですが)。
    ただハモと蕎麦の実の前菜がなかったのがちょっと残念でした。。。
    それと例年岩魚の塩焼きをその場でおかわりしていたので今回は予め注文しておいたのですがなんかありがたみが。。。
    いや食べてる量は例年と同じですよ。
    上で書いているように美味しいんですよ。
    でも、なんというかその場でおかわりする方が有り難みがあるというか。。。
    ということで来年からはおかわりにすべきと言うことになりました。(^^;

    ということで腹一杯食べた上に、昼にビール、夕方に試飲、夕食で骨酒を呑めばそりゃ眠くもなるわけで。。。
    そんなわけでゆげ1号氏には悪いなと思いつつ到着するまで一寝入りしようと相成りました。

    2010.11.20 21:22 | URL | #195Lvy4Y [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/442-94cb1ea0
    該当の記事は見つかりませんでした。