softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    秋休みに北海道へ

     別にわが勤め先にそんな素敵な制度があるわけではないのですが、まぁいろいろありまして10月の3連休を使って北海道に帰省してきました。
     この文章を読まれている方々には何の関係もないのですが、これを書いている現在、新しいパソコンのタッチパッドに慣れていないせいか誤操作で書きかけの文章を3度も失ってしまい、かなり投げやりモードになっていることをあらかじめお詫びいたします。

    ■再び厚田へ

     7月に帰省したときにも走りましたが、今回は2号も連れて再び厚田へ。

    好きなんですよね、あの程よいアップダウンと手付かずの海景色が。
    道中記録はこちらに。
    こういう用途にツイッターは便利だ。

    R0010032.jpg
    生憎の曇り空。
     R0010041.jpg
    だけど追い風の恩恵を受け、いかにも北海道な大地を満喫。
    R0010029.jpg

    とはいえ、今回は食いしん坊将軍(笑)の2号も一緒。
    R0010052.jpg 

    これだけってわけにもいかないわけですよ。 
    R0010053.jpg 
    つーことで、厚田といえば、かねとも寿司。
    2,000円也の最特上寿司がこのボリューム。
    寿司も当然美味い。
    少しシャリは柔らかめなので、好みはあるかもしれませんが。

    ヘルメットを持って入店した我々を見て、亭主が
    「バイクで来たのかい?」
    「いえ、自転車で」
    「へぇ、どこから?」
    「札幌からです」

    すると、店中(といってもカウンター12席+テーブル席数席の小さい寿司屋さんです)から
    「えぇーっ!」と驚きの声。

     北海道って意外とサイクリスト少ないようで、おそらく関東ならこんな素敵ルートの先にある安くて美味くてボリューム満点の寿司屋なんて自転車乗りで埋め尽くされてもおかしくないようなもんですが・・・

    で、だからからどうかはよくわからないのですが、店主は上の写真に載せた他にも数貫サービスしてくれました。
    もうおなかいっぱい。

    R0010058.jpg
    本当はこの先にある厚田公園で親父に回収してもらうつもりだったのですが、さすがに美味い寿司を食いすぎた罪悪感(?)に襲われた二人は、そこから10キロほど折り返した地点まで自走することにしたのでした(笑)

    あと、以前にこの寿司屋を訪れてからもう5年近く経つと思うのですが、店主が2号の顔を覚えていたのはちょっとびっくり。
    当時はちょうど癌を克服なさった頃で、その闘いが大変だったことを物語るような体つきでしたが、すっかりお元気になられていてよかったよかった。
    またいきます!


    ■わはは、策に嵌ったな2号!

     自転車やグッズの品揃えが豊富とのことで、前から行ってみたかった白石にあるアウトドアショップ。
    二人でKHSを走らせ、行ってきました。

     そこで目にしたのが、おそらく在庫処分と思われるクロスバイク。
    GiantのEscapeやSeekが、かなり安い値段で売られていました。

    その場はへーってな感じで帰ってきたのですが、
    2号「あれ、安かったよねぇ」
    1号「そうだねぇ、でもあれは北海道ならではかも。冬は自転車売れないだろうから、倉庫代考えると安くても売っ払ってしまいたいんじゃないか?」
    1号「だからさ、きっとあの値段でEscapeやSeekが売られるのは、今だけだろうね」
    1号「まぁ、俺は明日帰るから(注:1号は仕事の都合で2号&3号より早く東京へ戻る)、もうどうにもできないけどさ」
    2号「・・・」


     で、その数日後、まだ札幌にいる2号から1号宛てに
    「蒸し返してアレですが」
    というメールが。

    で、まぁいろいろありまして、今2号の実家(二人とも実家は札幌)にはこんな自転車が。

    R0010159.jpg

    ついでにフロントだけスパイクタイヤも買ったので、年末に帰省したらちょっと乗ってみよう。
    楽しみだー(笑)

    ■あの頃も今も札沼線

     子供のころ、札幌中心部から北に向かって流れる人工河川、創成川とJR札沼線が交差する鉄橋付近が格好の遊び場でした。
    そのあたりに友人の家が集中していたり、毎日父親がこの路線を使って通勤していたりと、いろいろ馴染みが深かったからかもしれません。
    当時は単線の路線で、鉄橋にも安全対策も何もあったもんじゃなく、たまーに川の対岸に渡るために鉄橋を渡ったりしてました。
    いまさらながら、事故が起きなくて本当によかった。

     なんでですかね。
    そういう懐かしい場所に、無性に自転車で行きたくなるんですよ。

    R0010015-1.jpg

    いつの間にか線路は複線になり、鉄橋の安全対策もちゃんとされてました。 
    R0010013-1.jpg  
    景色は、変わったような、変わっていないような。

     しかし、鉄道ってのはある種、タイムマシンみたいだ。
    なんかこの線路も、在りし日に続いているような錯覚に一瞬とらわれる。
    そんなことあるはずもなく、またそんなことを望んでいるわけでもないのにね。

    じゃあ何のために此処にやってきたのだろう。
    自分の心は何を確かめたかったんだろうね。


     いつもながら、実家には本当にお世話になりました。
    お世話になれるほど元気なことに感謝しつつ、またよろしくお願いします。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 4 comments  0 trackback

    4 Comments

    テントムシ says...""
    SEEKいいですね。
    実はESCAPE R3にiBertをつけると
    車体への負担が大きいことが判明しました。
    ロードよりのクロスバイクなので
    ヘッドチューブに重量がかかるとホイールにも負担が大きく
    歪みの原因にもなるんだそうな
    特にヘビーウエイトの私の場合は危険だそうなので
    フレームがしっかりした自転車を探していまして
    SEEKも候補に挙がっていました。
    やっぱりマウンテンバイク系の方がタイヤも太いので
    子供に対するショックも少ないし
    ホイールへの負担も少ないし・・・
    子供乗せ用に前後のホイール交換
    ハンドル交換をするともう一台買ったほうが安かったりしますからね。
    と愚痴ってごめんなさい。
    2010.10.27 16:49 | URL | #ORCHY1P2 [edit]
    ゆげ1号&2号 says...""
    確かに、Escapeってロード寄りでちょっと華奢ですもんね。
    今回我々が血迷った(笑)時も、目の前にEscapeとSeekがあって、最初はEscapeに惹かれました。
    でも、最終的に2号が僅かに残った理性(?)で「子供載せるという大義名分が無きゃ買いづらい!それならSeekだなぁ」と判断して、Seek買いました。

    でも、自転車は用途毎に乗り分けてもいいんじゃないですか?
    とちょっと煽ってみたりします(笑)

    だって、ウチなんて実家に置いたものも含めてSeekが6台目・・・
    2010.10.28 23:58 | URL | #- [edit]
    テントウムシ says..."6台目ですか?"
    凄いですね!
    まずは6台も置けるスペースが凄いです。
    やっぱりロード、クロス、マウンテン、ミニベロ、折りたたみ、こども乗せ用と考えれば6台にはなりますが(笑)
    そんなことをしたらかみさんに何を言われるやら、、、
    二人して自転車乗りなのがいいですね♫

    自転車は内緒で買っても
    隠し場所がないので困りものです。
    2010.10.29 09:50 | URL | #- [edit]
    ゆげ1号 says..."いやいや(笑)"
    > まずは6台も置けるスペースが凄いです。

    とはいっても実家に3台、自宅に3台ですから、かわいいもんです。きっと。
    夫婦で自転車にはまるってのは、ノーブレーキ状態ですからちょっと危険です。
    まぁ今のところはちゃんと納得した買い物してますけど・・・
    2010.10.30 00:34 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/430-ac9f9eb0
    該当の記事は見つかりませんでした。