softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    2010国立天文台野辺山 特別公開<ゆげ1号編>

     本編は2号が書き進めていますので、1号は余談的な話を中心に。


    旧野辺山・現三鷹の仙人との再会

     45m電波望遠鏡エリアの観測棟で該当者氏と展示を見ていると

    「あ、仙人氏がいらっしゃいますね」

    と該当者。
    いつもびっくりさせられるのですが、該当者氏は群集の中から知っている人に気づく能力に激しく長けている。
    え?っと思って振り返ると、確かにそこにはVSOP-2の展示ポスターの前で説明パンフレットを配りながらいつもながらの流暢な説明を炸裂させている三鷹の仙人氏が。

    でも、変なんだよな。
    だって、さっき2号&3号と通った時にはいなかった。
    それに、仙人氏ネームプレートつけてない。
    そもそも仙人氏、数年前に野辺山から三鷹に異動されたはず。

    「人手不足で応援に来たんじゃないですか」と該当者氏。

    ほんとに?

    とりあえず本人か確かめるために(嘘です)説明を一通り聴く事にします。
    もしニセモノなら「このプロジェクトはですね~宇宙に観測衛星を84台ぶち上げて「みちびき」がちゃんと予定通りの軌道に乗っているか監視するんですわ」とか嘘八百まくし立てるに違いない(すみません、激しく嘘です)。


    で、一通り説明を聴かせていただきました。
    電波望遠鏡の観測は一度にひとつのポイントしか観測できないけど、どーせはるか彼方で起こっている天文現象なんだから1年くらいかけて多数の点を観測してその結果を重ね合わせても十分妥当な結果が得られるんですよーとか、電波望遠鏡同士で同じ時間に観測したデータを合成(大雑把で失礼)すると結果的に望遠鏡同氏の距離と同じだけの口径持つ望遠鏡と同じようなデータが取れるんですよーとか、でも地球上でこれやろうとすると「地球の直径」以上に望遠鏡同士を遠ざけることは不可能なわけで、この「地球の直径」という壁を越えるには「望遠鏡ひとつ宇宙に上げちゃえ」っていうことで、そういう観測衛星使って観測すると「かつて無いくらいの解像度・視力を持った電波望遠鏡」相当の環境が手に入る・・・

    ということで、改めてご挨拶。
    ほんとご無沙汰でした。
    本日はプライベートでいらっしゃったらしいのですが、自分達のプロジェクトの展示パネルを目の前にしてついつい説明してしまったとのこと。
    なんつーか、人柄がにじみますな(笑)
    その後、仙人氏は「清田愛未さんの14時からのライブ整理券、早く並ばないと売り切れになっちゃいそうですよ~」と言い残して去っていかれました。


    のんびりと敷地を散歩

     昼食後、ALMA/ASTEエリアにゆげ2号&該当者氏を送り出して、1号&3号(騒ぎ疲れたのかベビーカー上で熟睡)は敷地内を散歩。
    さすがに3号をつれて展示をまわるのは厳しいと判断し、交互に見学することにしたのです。
    つーか、そんな子連れシフトにいつの間にか巻き込まれている該当者氏よ、もーしわけない(笑)

    DSC01167.jpg
    冷たい飲み物を飲みながら、観測機器がつくる日陰に避難しつつ、ぼーっと景色を眺める。
    なんつーか、自分が普段持っているスケール感がリセットされてしまいそうな非日常感。

    DSC01176.jpg
    ヘリオグラフ。
    夜にライトアップなんかすると、すげー芸術的なオブジェになるんじゃないかと。
    まぁ「天体観測機器」を「ライトアップ」って時点で激しい矛盾をはらんでいるのだが(笑)
    うわー、そんななかで酒飲みたい!
    世の中にはライトアップアーティストみたいな人もいるわけで、「電波望遠鏡+照明+音楽」プラスお酒みたいなコラボ企画があったらいいなぁなんて思いました。
    で、21時になったらすべての照明落として、そこからは天然プラネタリウムショーとかね。

    ・・・しかし、2号&該当者氏、帰ってこねぇなぁ。

    DSC01171.jpg
    ・・・まぁ、いいけどな。
    あぁ、ウィスキーの小瓶持ってくればよかった(笑)


     なんて感じで、日陰を探しつつのんびりと散策を楽しんでいると、やっと2号&該当者氏が帰ってきました。
    どうやら2号はいろいろとネタを仕入れてきたらしい。
    つーことで、その話は2号が熱く語ってくれるはず。

    つづく

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 1 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/422-241d9331
    該当の記事は見つかりませんでした。