softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    久しぶりにP20-RAC


     週末、ほぼ半月ぶりにP20-RACを引っ張り出しました。
    この夏はとにかく暑くて、気温が35℃を超える昼間の炎天下、何時間も自転車に乗る気力も奪われます。
    一応平日の自転車通勤(これも毎日ではないけども)と休日の散歩ポタを組み合わせて、最近の俺ノルマである100km/週はそこそこ達成している(野辺山に行った週は未達成)のですが、どーしても一回の走行距離が短いとP20-RACを引っ張り出す機会が減りがちです。
    なんとなくP20に乗ると最低でも50kmは走られねば!な気持ちになってしまうので。
    あと、暑い昼間を避けて夜に走ろうとすると、タイヤが細い&小さいP20はやっぱり不利。
    路面が見難い夜に、こいつに積極的に乗る気は起きません。
    つくづく、気持ちよく走って楽しむ以外には何の役にも立たないヤツだ(笑)

    その点、クロスバイクは気楽に乗れるので、ついついこちらの出番が増えてしまう、そんな猛暑ですよ今年は。
    いつまで続くんだ、この夏。

     でもまぁ、さすがにP20も少し回してやらねばと思い立ち、少しだけ風が涼しくなった週末の夕方、買い物がてらちらっと走ってきました。
    少し遠いところにあるホームセンターまで足を伸ばし、帰り道も多摩川を絡めて少し遠回りして、30キロ弱。
    ついつい距離とかスピードとか気にしてしまうので、メーター(Edge705)は外して。


     で、多摩川の夕暮れがとてもきれいだったのですが、あいにくGR DigitalⅡはまだ修理中。
    とりあえず携帯のカメラで。
    といっても実は携帯電話のカメラって結構好きなんですが。

    DSC01190.jpgDSC01188.jpg 

    おんなじ場所から、ほとんど同じ時間に、同じカメラで撮っているのですが、ずいぶん色合いが違う。
    別に携帯電話のカメラに限った話ではないですが、カメラのシャッターを半押しすると、カメラは今写っている景色の中心部あたりにピントを合わせてくれます。そのとき、実際にはカメラはピントだけじゃなくて、光量なんかもその中心部(ピント合わせたあたり)の状況を重視してシャッタースピードやら絞りやらを勝手に決めてます。
    「なので、シャッター半押ししてピント合わせ」すると、だいたい「ピント合わせたあたりの光量を基準にバランスとった写真」になるわけです。たぶん。
    いや、まぁ正確には違うんでしょうけど、大雑把に言えばこんな感じだ。

    で、上が「夕日に半押し」したもので、下は「空に半押し」したもの。
    携帯のカメラでも、結構色合いで遊ぶ余地はあるもんだ。



     さて、この日に買ってきたモノ、残念ながら想定していた用途には使えなかった。
    でも、次にどんなものを買えばよかったのかが判明したので、まぁよしとしよう。
    で、何をしようとしているのかについては、まぁおいおい。
    引っ張って面白くなる話でもないのですが、まだ結論が出ていないので。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Tag : P20-RAC
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/414-c83dbfdb
    該当の記事は見つかりませんでした。