softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    R231を北へ その1

     地元での法事もあることだしと、少し早めの夏休みを取ってからもう半月。
    帰省先の涼しい北海道から帰ってきた我々を待っていたのは梅雨明けの夏全開モードむき出しの東京地獄。
    で、今年は完全に夏バテ気味。


     そんなわけでブログも放置気味だったのですが、気を取り直して夏休みに走った時の記録でも。
    今回、北海道に到着早々2号がダウン。
    なんか滞在中はあんまり晴天にも恵まれそうになかったので、寝込んでいる2号&まだ2歳に満たない3号には申し訳ないとちょっとだけ思いつつ、天気が良かった日にとりあえず3号を親に預け(重ね重ねありがとうございます)走ってきました。

     事前に予定も何も立てていなかったので、ふと思いつき国道231号線(オロロンライン)を北へ進むことに。
    ちなみにオロロンとは天売島に生息する「オロロン鳥」からとったもの(だと思う)。
    でも天売島は今回走ったルートのずーっと先。
    さらにちなみに、このルートをずーっと北へ走り続けると、ごし氏が絶賛していた道道106号線にたどり着きますが、これもずーっとずーっと先。出発地点(札幌)からだと数100キロ先。


     スタート地点は発寒川のサイクリングロード。
    R0018035.jpg 
    2号の実家から近いので、帰省したときには結構頻繁に走ってたりします。
    数キロ走ると、茨戸川(ばらとがわ)に合流するところでサイクリングロードは終了。
    ここから国道231号線へ。

    R0018046.jpg 
    さすがにそれは当て字にすらなっていないだろう的な地名として全国的に有名になってもおかしくないと思うのだが、良く考えたら地元民以外は絶対読めないだろうから有名にもなりようがないのかと一人納得しながら花畔(ばんなぐろ)大橋を渡る。
    R0018047.jpg 
    この橋を自転車で渡ったのはたぶん数十年ぶり。
    石狩浜へ行くときはほぼ必ず通るはずだけど、大人になってからはクルマ以外で通ることなんてなかった。
    ゆえに、この橋から眺める川面なんかも新鮮な景色。

     川を渡り、ひたすら北へ。
    石狩湾新港を越えて、石狩河口橋を越えて。
    R0018048.jpg  
    橋を渡りきってから振り返って。
    全長1.5キロ弱(河口橋としては北海道でもっとも長いらしい)。
    自転車で走るとその長さに改めてびっくり。
    すげーな、母なる石狩川。


     石狩川を越えると少し上り坂になります。
    斜度は4%くらい?
    楽々とは言いがたいけれど、あきらめるほどでもない。
    R0018053.jpg 
    一つ目の坂を上っていると、いつの間にか左手に海が見えてきた。

     上りきると、目の前に望来(これも漢字変換で出ないんだよな・・・もうらい)の海岸が。
    R0018056.jpg 

    そういえば、望来で一度、友人達とのドライブの途中でめちゃめちゃ美味い定食屋さんに巡り合ったんだけどなぁ・・・どこだったか。



    おや、3号がお目覚めだ。
    以下、続く。
    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag : F20-R
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/398-9ba92327
    該当の記事は見つかりませんでした。