softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    灼熱の自転車通勤模様

     仕事の都合で一足先に東京へ帰ってきたゆげ1号を待ち構えていたのは、3年ぶりの「3日連続猛暑日」でした。
    で、このブログを書いている当日(7/23)も暦上の「大暑」にふさわしく、最高気温が35℃超える猛暑日。
    朝の通勤時間(8時くらい)ですでに30℃越えてる・・・
    昼間はどんなに暑くても、夜は全世帯の窓の向こうに「天然の巨大涼風エアコン」が完備されている北海道ですから、少し窓開けて置くだけで信じられないくらい熟睡できるわけで、そんな環境から帰ってきたゆげ1号にはあまりにむごい仕打ち。

     そんな状況ではありますが、先日のブログで夏の自転車通勤事情について書いてしまった以上、やはりこの状況での自転車通勤もやってみなければ・・・つーことで、この猛暑日にも自転車で会社まで行ってみました。


     結論、猛暑日でも片道10キロくらいならなんとかなるわ。
    以下、感想。
    ちなみにゆげ1号の自転車通勤スペックは先日のブログに書いたとおり。

    • さすがにアンダーのシャツも、汗取り用のインナーもびっしょり。着替え用のシャツは必須。
    • メントール配合のすーすーするシート(ゆげ1号はギャツビーのICE-Typeを愛用:これで顔拭くと刺激が強すぎて眠気も吹っ飛ぶけど痛みに耐えられる根性は必須)を首筋に貼っておくとかなり気持ちよい。
    • でもYシャツまではそれほど汗も至らない。こちらは着替え不要だった。
    • バッグは身に着けないほうが良さそう。肩掛けとかはきつい。
    • 出社後、汗を拭うタオルはあったほうが良い。
    • 朝はまだ空気も渇き気味なので、意外となんとかなる。実は夕方~夜の方が空気の湿気が増えているような気がする。
    • 暑さ対策(着替えとか)はちょっと面倒だけど、やっぱり朝の通勤時間を自転車に置き換えられるのは気持ちが良い。
     でも、最高気温が36度を越えるときは自粛しようかな、と思う。
    無理は禁物。
    身体にも良くないし、それで自転車通勤そのものが嫌になってしまったら元も子もない。
    たとえそれで1ヶ月乗れなくたって、よくよく考えてみればそれって1年単位で考えたら1/12でしかないわけで。

     
     来週はどうかなぁ・・・

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/397-ca0ae980
    該当の記事は見つかりませんでした。