softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    個人的にはこれが街乗りクロスバイクの理想形

    いやぁ、ジャイアントがいつの間にか出してたクロスバイク、TRADIST。
    写真見ただけで久々にクロスバイクにぐっと来ました。

    http://www.giant.co.jp/giant10/bike_datail.php?p_id=L0000106&action=outline&PHPSESSID=k09nud805l1qkcbljpjll06me4


    サドル~ハンドル間を繋ぐトップチューブが傾いていないホリゾンタルフレームが素敵。
    フロントシングルの8段変速なれど、10kgを切る重量なら気にすることもあるまい。
    エンド幅130mmゆえ、700Cロードバイク用の完組みホイールが使えるという汎用性がイカス。
    こんな、デザインと重量、汎用性のバランスを確保しながらお値段57,000円(税抜き)。


    惜しむらくは、約2万円アップで提供されていた限定モデル(LTD)。
    輪をかけてさらに美しいモデルなのに、限定しすぎてもうほとんど完売状態だそうな。
    いや何が惜しいって、こういうモデルを限定にするなよ~って、思う。
    そりゃー表面仕上げはコストもかかるのかもしれないけどさ。


    個人的に、街乗り(通勤利用含む)自転車として成立しうるのは「一桁万円」ってのが限界領域だと思う。
    10万超えたら、駅の駐輪場にも、カフェの前にも(行かないけど)、立ち寄ったレストラン(一人じゃまず入らないけど)の前にも、なかなか停められない。
    貧乏人!って言われるかもしれないが、そういわれても「いかにも!」と答えるしかない1号2号は置いといて、まっとうにお金を稼ぐ能力に長けていればいるほど、人は盗まれるかもしれない街乗り自転車に10万はかけづらいんじゃないかなぁ・・・って思った。


    そー言う意味で、自転車始めたい初心者がいたら、全力でTRADIST勧めまくってとにかく買わせて、自分の擬似購買欲を満たせてやる(笑)

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    ガク says...""
    ご無沙汰~

    いいね!これ!今はこれをクロスバイクと呼ぶのですね。私の若かりし頃だと「スポルティーフ」とか「クラブマン」なんて読んでいました。

    このフレームでは無理でしょうが、細身の泥よけに幅広のドロップバーを付けて乗ってみたいですね。
    2010.05.29 08:23 | URL | #/pdu0RA. [edit]
    ゆげ1号 says...""
    ガクさん、ご無沙汰してます。

    > いいね!これ!今はこれをクロスバイクと呼ぶのですね。私の若かりし頃だと「スポルティーフ」とか「クラブマン」なんて読んでいました。

    スポルティーフとかランドナー系の「ホリゾンタル&泥除け&ドロップハンドル」って、またちょっと流行りつつあるんですかね。なんか最近街中でも見かけることが増えた気がします。

    TRADISTはフラットバーだしちょっと現代的な味付けですけど、やっぱりホリゾンタルフレームって良いなぁ、って改めて思いました。

    2010.05.29 22:50 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/384-743d502c
    該当の記事は見つかりませんでした。