softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    【GW走行記】ごし氏と中空知(なかそらち)ミステリーツアーへ その4

    その1はこちら
    その2はこちら
    その3はこちら

     前回は一応ごし氏のブログと同期を取るために、新歌志内トンネルを抜けてごし氏がパンクしたところまで書きました。

     詳しくは彼のブログに記されているのでこちらでは詳細は省きますが、ブロンプトンはホイールがクイックリリース式じゃないのでパンク修理が結構大変(一応後輪をはずすことは可能らしいのだが)。
     それに改めて気づいたのですが、今回みたいにチューブのバルブ根元部分に穴が開いたりすると、パンク修理キットでパッチ当てて直すことはほとんど不可能。やっぱりさくっとホイールはずしてチューブ交換できるってのは重要。

     クイック開発したカンパニョーロは偉大だ。

     しかし同行者のトラブルって、当事者には申し訳ないけどこちらはいろいろノウハウは吸収できるし、自分がトラブっているわけじゃないから精神的に楽だし、とてもお得(笑)
    ごめんよ、ごし氏。

     さて、いろいろ四苦八苦してパンク修理したものの、破損場所が悪く、放っておくとだんだん空気が抜ける状態に。
    ゴールの砂川駅まで、あと15キロくらい。
    R0017772.jpg 
    ごし氏がパンク修理していた公園。

     ぶっちゃけこのとき、私は「これはバスでエスケープかなぁ。でもF20はでかすぎてバスには載せられないから、ごし氏だけエスケープしてもらうか・・・でもこの辺ってほとんどバスも通らないんだよなぁ・・・焼山越えて上砂川に行った方がバス多いかな?」
    なんてことを考えていました。
     自分はGPSナビ(Edge705)持っているし、さらに今回に備えてUUDの地図も購入して装備済みなので、砂川駅までのナビゲーションも問題ない。
    問題はバスがいつ来るのか見当もつかないゆえ、それまでどーするか。飯でも食うか?

     ・・・なんてこと考えていたところ、ごし氏が

    「いやぁ、一人で走ってたら絶対にギブアップしてバス乗ってたわ」


    う・・・まずい、パンクしてる彼よりわしのほうが日和ってる。
    彼はまだ走る気だ。
    そう思うと、エスケープしたら?なんて言わなくてよかった(笑)


     ということで、再びスタート。
    ここから先は廃線になったJR歌志内線の跡地に造られた自転車道を通って砂川まで進みます。

     タイヤの空気圧を気にしながら、抜けてきたら止まって空気を入れる。
    もうめんどくさくなってきたので、持参したCO2インフレータでバシューッと空気入れて。
    R0017782.jpg 
    応急処置中、F20-RAは一休み。

    R0017784.jpg 
    ごし氏のブロンプトンも応急処置完了。
    さて行くか。

    R0017791.jpg 
    まったく車の気配を感じないループ橋。
    車が通らないなら自転車道にしてくれ。
     
    R0017795.jpg 
    自転車道は焼山で終わり。
    終点(起点?)にはレストハウスだったような建物がありますが、閉鎖されたまま。
    思えば、この日はまったくといっていいほど他の自転車乗りには遭遇しなかった。
    こんなにいかしたサイクリングルートに恵まれているのに・・・


     てなわけで、この後も数回停車/空気入れを繰り返しながら、なんとか砂川駅までたどり着いたのでした。
    ごし氏よ、本当にお疲れ様でした。

    R0017800.jpg 
    さて帰るか。
    今回のGWは輪行を堪能したなぁ・・・


     そんなわけで、帰りのJRの中でも取り留めのない話をしながら、札幌への帰路に着きました。
    JRもそんなに混雑していないので、自転車を2台も持ち込んだって、ぜんぜん気になりません。

     それにしても、なんで今回のルートってぜんぜん自転車乗りがいないんだろう・・・
    まぁいろいろな理由はあるんでしょうけど、ここはひとつ声を大にして言いたい。

    空知は知られざる自転車天国である。

    まぁ確かに自分も北海道に住んでいる間はまったく気がつかなかったんだが。


     最後に、今回のルートを。
    こんな感じです。




    走行距離:65.05km
    平均速度:17.63kmh

    こんな素敵な一日を、本当にありがとうございました>ごし氏
    夏休みも是非よろしく!とずーずーしくもお願いしてみる。

    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag : F20-R
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    ごし says..."どーもどーもでした"
    今回は私の気まぐれな同行に付き合ってくれて、
    &トラブル対処に多大なる尽力を尽くしてくれて、
    本当にありがとうございました。

    すっかり私のふるさと空知を気に入ってくれて、うれしく思います。
    (とは言え、私は南空知出身であるが)
    夏に向けて、今回と同じ距離程度のルートを物色していきたいと思います。
    是非ともCO2ボンベ持参で同行願います。
    (おいおい、俺がCO2ボンベ買えよ!)

    ほとんどがソロで走る私にとって
    たまには複数で走る自転車遊びもいいものだと、
    しみじみ思ったわけでありました。
    2010.05.12 20:53 | URL | #4AjjoE.M [edit]
    ゆげ1号 says..."こちらこそ"
    > 是非ともCO2ボンベ持参で同行願います。
    りょーかい!
    お腹すいたら口からCO2充填してあげるよ!

    まぁ冗談はともかく、また是非是非!
    2010.05.13 00:51 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/375-c45f145d
    該当の記事は見つかりませんでした。