softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    江戸川を走る その2

     どもです。ゆげ2号です。

    「江戸川を走る その1」はこちら




     江戸川沿いであること以外は現在地不明のまま、「おもしろすぎる…うへへ」とアブナイ状態で自転車をこいでいたのですが、唐突にその答えが提示されます。

    ◆〈2号〉31㎞。なんか見覚えあると思ったら、いつの間にか三郷市まできていた。前に住んでた辺りを散策するついでに昼食だ。
    posted at 11:29:01
    R0017461.jpg
     いつの間にか埼玉に入っていました。ああ、せっかくこのふわふわとした状況を楽しんでいたのに…。まあ、それよりも十分な余裕をもってここまで来られたことを喜ぶべきなのでしょう。三郷市の川を挟んだ反対側は流山市。5年ほど前まで住んでいた思い出の場所です。住んでいた所は取り壊されて新しいマンションが建っていると聞きましたが、せっかくなので時間に余裕があればざっと見て回る予定ではありました。

     ところが気がついたら、ゆるゆるとあちこち移動しながら、ほかの人にはどうでもいい写真を撮りまくり。ここを離れたのはほんの5年前のはずなのに、強い郷愁に突き動かされていたのです。そもそもは「総武線沿線」が希望だったはずなのに、なぜか「総武流山電鉄線沿線」になってしまって大丈夫なのかオイオイってな馴れ初めだったのですがねぇ。住めば都というか、いつの間にかちゃんと第二の故郷になっていたんですね。自分でも戸惑うほどに懐かしく、うれしく感じました。 R0017475.jpg ちょうど開店準備中の鳥孝
    R0017468.jpg 見たときは「あと十年は戦える」と思った。
    R0017496.jpg 大盛りの店。結構うまい。

     そんなこんなで気がつくと予定よりはるかに時間がたっていました。昼食、昼食をとらねば!ペース配分としてはだいたいここが中間地点であり、あと40kmは走らないと利根川から江戸川が分流している地、関宿にはたどりつけないのです。ここでガッツリ食べておかないと持ちません。というわけで、食べていきたいところは色々ありましたが、喫茶店OBに向かいました。

    ◆〈2号〉喫茶店OBで昼食中。町並みは変わっていたけど、ここは変わってなくて良かった。むしろお店のお姉ちゃんは可愛くなっている気が!
    posted at 12:21:27  
    R0017490.jpg ログハウス風の外観。
    R0017491.jpg 木製のメニュー。

     「OB」が店名です。流山・野田には大盛りで有名な店が何軒かあるのですが、ここはそのひとつ。値段が高いというわけでもないので、知らないで注文して痛い目(苦しい目?)にあう人もいるかもしれません。ジュースなんて注文したら金魚鉢で出てきますからねー。ゆっくり長居するには良い店です。多いだけじゃなくておいしいし。

    ◆〈2号〉ミックスサンドとカフェオレきた。OB、相変わらずすごい大盛。食べるけど。でもビールジョッキ〓でカフェオレは無理(泣) posted at 12:26:58
    R0017492.jpg これで990円
     量が多いことは承知の上ですが、目の前にするとちょっと笑っちゃいますね。普通の喫茶店のだいたい2~3倍の量で出てきますから。ポットがあればカフェオレを持って帰りたかった…。ミックスサンドは食べきりましたが。
    R0017495.jpg 
     このバッグ、容量が大きくて大助かり。今回の計画のためにコツコツとそろえた装備のひとつです。

    ◆〈2号〉さて、そろそろ出よう。バームと大豆ペプチドとクエン酸を摂取。あーっ!クエン酸は500㏄の水に溶かして飲むんだった!そのまま飲んだら凄い酸っぱ〓!
    posted at 12:49:27
     後半のスタミナと疲労回復のためにサプリを摂取。また粉薬のようにザザーッと飲んでいたのですが、クエン酸は溶かしたほうがいいです 。あまりのすっぱさに一瞬、頭が痺れました…。

    ◆〈2号〉江戸サイ復帰。あと半分だ。
    posted at 13:22:20
     距離は後半のほうがあるのですが、このあとは特に警戒すべきポイントも無く、ひたすら走りきることだけが目標と非常にシンプル。まあ、見渡す限り何もないので、リタイアするのもひと苦労とも言えます。

    ◆<1号>3号就寝なう。全力で遊んでもりもり食って、電池が切れたようにお昼寝。江戸川疾走中の2号といい、今日の我が家族は力の限り生きてるなぁ
    posted at 13:37:36
     こちらも順調のようです。1号&3号、お疲れ~。

    ◆〈2号〉45。一面の菜の花〜。ヤバい。これは斎藤孝の精神世界か?!
    posted at 13:54:49
    R0017507.jpg R0017505.jpg
     解説をば。NHK教育の子供向け番組「にほんごであそぼ」のコーナーで、芥川龍之介の小説の一節や金子みすゞの詩などの文章にメロディをつけて歌にしたものがあります。そのコーナーで印象的だったものが「いちめんのなのはな」。

     この「いちめんのなのはな」では、文字通り一面黄色い菜の花畑のセットの中、これまた黄色い菜の花に扮した子供たちが、ゆうらり、ゆうらり、風にそよぐ菜の花のように体をゆらし、明るく、可愛らしい声で歌います。
    →「いちめんのなのはな」の全歌詞はこちら

     この延々と繰り返されるフレーズとメロディが、なんというかこの世のものとは思われない雰囲気で、「これは絶対死後の世界だ!監修の斎藤孝の精神世界を表現しているに違いない!」ともっぱらの噂だったのです。あくまでごく一部のゆげーずの中で。

     で、例によって快調にひた走る2号。脳みそからは脳内麻薬がどっぱんどっぱん出ているわけで、そんな状態でこんな景色を見てしまったら…。

     いちめんの~なのは~な~
     いちめんの~なのは~な~
     いちめんの~なのは~な~(は~な~)
     いちめんの~なのは~な~(は~な~)…

     「や、やばい!斎藤孝に連れて行かれる~」ってなりますって。いやはやサイケデリックな情景でございました。

    ◆〈2号〉54㎞。東武鉄道と交差。
    posted at 14:37:02
     金網越しのすぐそこを電車が走る、鉄分が多い方にはたまらないポイントです。撮影に挑戦してみたのですが、電車を撮るのって難しいですねぇ。
    R0017508.jpg  ちょっと早かった…。

    その3につづく

    関連記事
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://softtail.blog103.fc2.com/tb.php/361-65a9aec9
    該当の記事は見つかりませんでした。